topimage

2017-03

「生きている口に蛛の巣ははらない」 - 2017.02.26 Sun

south-korean-elderly-women.jpg CNNより

030年の平均余命、韓国女性は90歳超 日本の伸び鈍る
世界の平均余命は出生時、65歳時とも2030年までに上昇し、特に韓国女性は90歳を超えるという予測が21日、英医学誌ランセットに発表された。長寿化の要因として、妊婦や子どもの健康状態も高齢者の健康状態も改善を予想している。(CNN)

記事はこちら

2月22日にこんな記事が出ましたが、目にした方も多いのではないでしょうか。
昨日さっそく韓国語の先生とこの話題で盛り上がりました^^

わたし「韓国の女性が平均寿命が90歳を超える要因はなんだと思いますか?」
先生「ヨクシ~(やはり~)運動が好きで、(登山も大好き)いたるところに運動器具が置いてあるし
健康について関心が高いでしょうね。」
わたし「日本人も健康オタクは多いですけどね」
先生「それとなんといっても、ケンチャナ精神でしょう(笑)
IMFという史上最大の国家の危機も乗り越えたし怖いものなし!
最近政治もよくないことが多くて大変だろうと思われるでしょうけどね。
本人たちはいろいろ考えるけど悩まない(笑)「ケンチャナ~なんとかなる」
なんですよねえ。(笑)」
わたし「なるほど・・・^^;;」
先生「こういう言葉がありますよ。
산입에 거미줄 치겠냐? サニベ コミチュル チゲンニャ?
直訳すると、生きてる口に蜘蛛の巣がはるのか?
です(笑)」
生きていさえすれば、何とかなる~っていう意味ですね。
あはは~韓国語の表現ってほんとに面白いわ^^

例えば誰かが深刻に悩んでいて明日からどうやって生きていこうかと沈んでいるとすると
仲良しのチングがこのセリフを言います。
言われた方は「そうだよね。」
となって
「悩んでも仕方ないから、밥 먹자! パンモクチャ!ご飯にしよう!」
となるんだそうです。いいね~楽天的。

そうそう、それにカフェが多いですよね。
こんなに町中にカフェが乱立してやっていけるのか心配したことありますが
アジュンマたちはおしゃべりが大好き。だからたくさんカフェがあるんだそうです。
何時間でもカフェでおしゃべりしてストレス発散するんでしょうね。

しゃべると言えば、昨年釜山に行った時、撮影地訪問が終わって時間があったので
ソウルからきたお嬢さん2人と我々日本人で太宗台公園に行ったんですが。
日もすっかり暮れて、バスを待つ間、我々の前に、昔うら若きお嬢さんたち(笑)が←綾小路きみまろじゃない(笑)
団体でにぎやかにおしゃべりしながら楽しそうにバスを待っていらっしゃいました。
時折大声で笑うなどして、たしかに少しうるさいなあと感じたわけでもなかったのですが^^;;
ソウルのお嬢さん2人のうち、おしゃべり上手で面白いAちゃんが
「年をとると体に力が入らない分、すべての力が口に集まるからうるさくて仕方ない。本当にすみません」
と言ったんですよ。
もう私はその「口に力が集まる」っていう表現に笑いをこらえられず、ヒクヒク一人で笑っていたんですが、
もうひう一人のおとなしいBちゃんは「あまり変なことを教えないで(恥ずかしい)」と言って困った顔をしていました。
それでも私がすごくウケていたので、Aちゃんは「年とると全身の力が口に集まる」話を2、3回繰り返し
そのたびに私はヒクヒク笑っていました(笑)

ああ、きっとこの子もアジュンマになったら口に力が集まるんだわ、と想像しつつ(笑)

ともかく、登山、散歩、運動(公園に必ず設置してあるあの運動器具、日本にも置いてくれないかな)
運動器具
昨年3月に釜山に行ったときスンジョンさんがささっとお手本を見せてくれました。
股関節が気持ちよく伸びるの。サイコ~!

仲のよい友達とのモイム、おしゃべり。
医食同源の食事。発酵食品キムチ。
あ、もひとつ。面白いドラマ(笑)

いろいろ要因を挙げてみると、
90どころか100歳まで楽しく生きられそう・・・

一方で日本人の女性はこれからどうなんでしょうか。
最近は老後の生活の不安をひしひしと感じるのですが。
和食中心から洋食中心になって久しいので平均寿命はもう伸びないかもしれませんね。
この記事にもありますが食生活が大きく影響するようです。

少し話題がそれますが料理家の土井善晴先生が書かれた「一汁一菜でよいという提案」という本を
読みました。
「白ご飯と具だくさんの味噌汁に漬物」
これで一汁一菜、というお話しが興味深く書かれていました。

忙しくても、自分で作った一汁一菜を戴かないとね!
アイスはできるだけ控えよう・・・(笑)



도깨비 トッケビ小説 翻訳始めました・・・ - 2017.02.25 Sat


トッケビ本
トッケビって日本語ではいちおう「鬼」と訳されますが、
正確には「鬼」ではない。

韓国固有のもので日本には同じようなものはないそうです。
Wikiより抜粋
トッケビ(韓国語 : 도깨비)は、朝鮮半島の昔話に登場する妖怪である。姿は人間に似ており、悪戯好きで特殊能力を持つ。トッケビが登場する代表的な昔話はパンソリの題目としても有名な「フンブとノルブ」である。
トッケビは、朝鮮の民話に登場する。怖い存在とされているが、ユーモラスで、かつグロテスクな妖精または小鬼でもある。いたずら好きで、悪人をたぶらかし、善人には富などの恵みで報いた。朝鮮の昔話には同様な人ならぬ者として鬼神(韓国語 : 귀신)が存在するが、鬼神が死者の霊魂から生まれるのとは異なり、道具類など無機物が年数を経た末にトッケビが生まれるとされ、付喪神的な存在でもある。ほうき、オンドルの火かき棒、すりこぎ、唐竿のような広範囲な物と、時には少女の血を塗った木さえ含む。

とあります。
のでトッケビは「鬼」とは訳さず「トッケビ」そのままで訳したいと思います。

それでさっそく小説本を購入し、イントロの部分だけを訳してみたんですが。
面白いです。
1話の場面が生生しく蘇りました。
ドラマはもちろん最高でしたが、本は本で面白いです!

一般的に人の「生命観」は一度生まれて一度死ぬ「一生観」です。(一生一死)
それに対しキリスト教の生命観は「二生観」を主張します。
死んだあとの霊魂はそれぞれの信仰の深さによって天国と地獄に行き再び生まれるというものです。
仏教的生命観は「多生観」。我々の生命は「前世」「現世」「来世」にわたって何度も継続するという
ものです。いわゆる「輪廻転生」ですね。

ドラマ「トッケビ」はこの仏教の「多生観」をベースに描かれているようです。
(ドラマの中では人は4回生まれ変われると言ってますね)
人間の「生と死」、「出会いと別れ」というテーマはへたをするととても陳腐になりがちですが
設定のユニークさと展開のたくみさ、にくらしいほどうまいセリフ回しで最高のドラマになってます。
もう何度も書いているので「いいから早く見せろ~」と思われる方も多いと思いますが。
私もそう思います!(笑)
実際、tvN自体もトッケビがあまりによかったので、後遺症(フユチュン)から抜け出せないでいるそうで^^;;;
私もこれを超えられるドラマが本当に現れるのか心配です・・・・←余計なお世話^^;;

小説本は台本をノベライズしており、読み進めると映像が脳裏に蘇るこれもまた素晴らしい仕上がり。
(褒め殺し、か?(笑))
と言っても訳すのに相当な時間を要するので、どこまでいけるかわかりませんが。

3月からMNETで日本語字幕付きが放送スタートとなります。
残念ながら日本語字幕は字数の関係でドラマの世界観を完璧にフォローするのは
難易度がかなり高いと思われます。
もちろんストーリーの展開、意味は十分にわかるでしょうけど。
でもそのままではあまりにももったいない。
この秀逸なドラマをさらに深く理解するために、イントロの翻訳がお役にたてればいいなあと
思う次第であります。

なお、時々修正することもありますので、転載はご遠慮くださいませ。

ょっと長い・・・です。小説ですので・・・
とりあえずP7~P25まで
tokkebi.jpg
<人物関係図>クリックで拡大します。三神婆さんについてはまた別途。

悲しくもきらびやかな神~トッケビ1
(P7)
黒い夜だ。
その夜を明るくするのは広い野原の上に広がった白い蕎麦の花だ。雪が降り積もったように白く咲いている。ほのかだが明らかに輝いているものたち。蕎麦の花の上を飛び回る蛍。美しくも悲しい光景だ。長い年月に腐食し錆びてしまった重たい大きな剣が野原の真ん中に突き刺さっている。遠く白い蝶一匹が飛んでくる。ぱたぱたと羽ばたくと風が吹き、蕎麦の花が揺れて海の上で砕ける泡沫のようにバラバラになる。蝶が剣の上に静かに座った。静かだった野原に大きな泣き声が降り注ぎ始める。剣が泣く。あまりの勢いに剣が白い花火に変わる。天地を揺るがし神が剣に向かって言う。

 「唯一トッケビの新婦だけがその剣を抜くであろう。
 剣を抜けば無に帰り安らかになるであろう」




遅くなりましたが無事届きました^^ - 2017.02.25 Sat


やいや、いつから更新してなかったけ?
ほんと久しぶりな気が・・・・
インスタはしてるんですけどね。
なにせミョンネタがないもので。
まあ作品がない時ってそんなもんよね・・・・(-_-)


あ、そうそう。

ウンジュさんへのプレゼント無事送って、届きました~♪
先々週の金曜日だったかな?←報告が遅い。

とても喜んでくださってよかったです。

4月にお引越しするんだそうですが、新居で乾杯する時に使うとおっしゃってました☆

江戸切子2

江戸切子1
江戸切子のペアグラス

少し値が張りましたが、いつも私がお世話になっているので
個人的に少し上乗せしましたのでケンチャナヨ^^



ミョンミンオラバンは今どうしてるんでしょうね。
6月まで何もないのかなあ・・・
それとも何か仕込み中?

吉報お待ちしております~(^_-)-☆


、そうだ。
スンジョンさんの息子さんのイサク君がなんと
仁寺洞のギャラリーにデビューするんだそうです!
普通は大人の、それもアーティストの作品しか扱わない場所だそうですが
オーナーがイサク君の絵を見て、子供の作品とは思えないスケールの大きさにびっくりされ
おおきくなってさらにすばらしい作家になってくれと許可されたのだそう。
いいねいいね(^_-)-☆

3月29日(水)~4月3日(月)
仁寺洞 이즈(イズ) 2階


イサク君もファイティン!!!

この時期ソウル行かれる方はぜひお立ち寄りください。

韓国ドラマ「トッケビ 鬼」セリフの中に詩が溶け込んで~愛の物理学~ - 2017.02.15 Wed



まだに「トッケビ」後遺症から抜け出せず
今年スタートした評判のドラマもちらちら見るけど嵌らずにいます。
仕事が忙しくて今週はひどい頭痛にも悩まされ
余計に血なまぐさいドラマは遠ざけたい気分。
去年までのファンタジー旋風はどこへやら。
今年のドラマはドロドロ現実回帰?

ともかく、「トッケビ」の原作1とドラマの中で使われた詩集がやっと届いて
詩の世界にひたっております。

詩集3

このコン・ユが劇中で朗読した詩が「愛の物理学」
あまりにも有名になりましたね。
この詩集、構成が面白くて
左に詩。右は空白になっていて自分でその詩を自分流に書いてみる、というもの
詩集1

後輩に聞いてみたら、
韓国では最近、このスタイルの詩集が流行っていて
万年筆なんかにこだわって手書きを楽しんでいるんだそう。
(そういえば、ドラマの中でも
ウンタギがお気に入りの詩の右側に手書きしてたんだわ。)

韓国の方々は詩をこよなく愛してますものね。
これ読んでたら詩の世界にはまりそう。

詩集2

「愛の物理学」さっそく訳してみました。


質量の大きさは体積と比例しない

スミレの花のように小さな あのむすめが
花びらのように ひらひらした あのむすめが
地球よりももっと大きい質量でわたしを引き寄せる
瞬間、わたしは
ニュートンのりんごのように
容赦なく彼女に向かって転がり落ちた
どすんと音を立てて、どすんどすんと音を立てて

心臓が
天から地まで目のくらむような振り子運動を続けていた

初恋だった


チョッサランイヨッタ♡

4話 名場面~♪

モイムご参加ありがとうごじゃいました♡ - 2017.02.08 Wed

フェイタス
☆2月はチャン科長の月☆

日のカレンダーモイムですべてのカレンダーをお渡しして任務完了いたしました。
遅い時間にみなさんお集まりいただきましてありがとうごじゃいました♪

そして、皆様からご賛同いただきましたのでお世話になったウンジュさんには
私の方でプレゼントを贈ろうと思います。
(江戸切子のぐい呑みペアがいいかなあと思ってます^^)

か~し!
忙しいのであります。
(残業しない主義の私がめずらしく毎日残業・・・)

1週間ず~っとパソコンで細かい作業をし続けた結果
右腕が腱鞘炎・・・・
(肩を壊したピッチャーのようになっとります←って知らないけど^^;;;;)

そこで昨日は、夜のモイムに備え(笑)
フェイタスの高い方を購入し、右腕に4枚貼ってみたところ
なかなかの効き目ですね。
少し痛みは収まったようでもあります・・・
がマウスを持ったり、スマホをいじると腕がだるくなる・・・(-_-)

細かい資料のにらめっこで目も痛いし頭も痛い

三重苦を背負いながら2月が過ぎていきそうな予感・・・

nya2.jpg

はあ・・・
誰か・・・・私を南の島へ連れてって~(;_:)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

어서 오세요

リニージ2レボリューション

キム・ミョンミンさんへのファンレター宛先

☆ファンレターはこちらへ☆

KMM with Heart200

(우)135-889 서울특별시 강남구
도산대로17길 19
(신사동 543-11) 온암빌딩 302호
MM ENTERTAINMENT 김명민님
ソウル市江南区島山大路17通19
(新沙洞543-11)温岩ビル302号
MMエンターテインメント
キム・ミョンミン様

プロフィール

SAMTA

Author:SAMTA
横浜在住
韓国ドラマ・映画好き
韓国俳優キム・ミョンミンさんの
カンマエに嵌ったのが2009年5月。
それからミョンミン道一筋です☆
韓国語、韓国料理など韓国文化全般に
興味があります。☆

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

はじめてのご挨拶 (1)
김명민 キム・ミョンミン (269)
インタビュー翻訳 (5)
VIP (14)
하루;一日 (8)
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙 (70)
판도라;パンドラ (29)
조선명탐정2;朝鮮名探偵~消えた日雇いの娘~ (58)
히말라야ヒマラヤ (10)
간첩 カンチョップ(スパイ) (53)
연가시:ヨンガシ (86)
페이스메이커:ペースメーカー (116)
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密 (84)
파괴사破壊された男 (77)
내사곁 私の愛 私のそばに (37)
소름 鳥肌 (6)
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ (337)
六龍が飛ぶ 人物紹介 (4)
六龍が飛ぶ 単語復習 (10)
六龍が飛ぶ あらすじ (44)
六龍が飛ぶ 鄭道傳の生涯wiki翻訳 (5)
개과천선:改過遷善 (184)
드라마의 제왕; ドラマの帝王 (172)
「ドラマの帝王」日本語字幕を楽しむ (18)
베바 ベートーベン・ウィルス (37)
거탑白い巨塔 (11)
불량가족不良家族 (13)
불멸不滅の李舜臣 (61)
꽃보다花よりも美しく (4)
ファンミ☆モイム (61)
「赤い糸伝説」청실 홍실 (50)
韓国料理☆한국 음식 (4)
韓国をたどる旅 (47)
韓国語 (14)
韓国映画・ドラマ (31)
ウリケースケ (6)
日常 (40)
その他 (62)
未分類 (0)
朝鮮名探偵3 (1)
コツコツ翻訳 (3)

アーカイブでクラウド

もうひとつのつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター