항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
드라마의 제왕; ドラマの帝王

ナム局長インタビュー

ナム局長

10話でエンソニーが歌曲を熱唱したときにナム局長がマジで笑ってましたけど
あれってお芝居かな・・・ほんとにおかしくて笑ってたみたい~(^^ゞ

ハハハ。みょんたん、じゃない、エンソニーかわいい。

エンソニー熱唱2エンソニー熱唱3
エンソニー熱唱4エンソニー熱唱5
エンソニー熱唱6

ころでナム局長役のクォン・ヘヒョさんのインタビューがありましたので
訳してみました^^
ちょっとちょっと~面白いですよ~。
ええ?
これからさらに「京城の朝」ヤバくなるんですか?

「本当の善と悪が衝突するでしょう。」

ひえ~(@_@

そして、今韓国が大統領選を控えて、国民が新しいリーダーを選ぶに際し
いろいろなメッセージをこめたいという制作側の意図もわかってくると、
ただ面白いだけのドラマじゃないのね、という風に考えることができますね☆

日本は国民が直接リーダーを選べないからちょっとうらやましい。

そういえば、みょんたんの役は常に新しいリーダー像を大衆に示してきたようにも
思えるし。
10話で少しそんなリーダー像が見えてきたきがします。

それとゲルによれば、後続ドラマの「夜王」は1月21日初放映だそうで
とすると、やはりドゥジェは年末年始1週お休みして
1月は7,8日 14,15日の20話じゃないか?とお話していましたね。
後は俳優さんたちがOKすればですね☆


確定するまで待ちましょう~♪

で、わたくし明日、あさって盛岡出張でごじゃいまして(^^ゞ
一晩ここを留守にいたします。
アップしたいものが山のようですが・・・
ククク・・・行ってきます~♪



권해효 "'드라마의제왕', 해피엔딩 되지 않을것"(인터뷰①)
クォン・ヘヒョ<ドラマの帝王>ハッピーエンディングにならなそうだ
(インタビュー①)


元記事はこちら




去る3日ソウル大学路のあるカフェでクォン・ヘヒョに会って "ドラマの帝王"が持っている作品としての魅力と、実際のドラマ制作現場で働く "同業者"としての考え、俳優として備えるべき徳目について聞いてみた。

クォン・ヘヒョは "ドラマの帝王"に関連する質問について単刀直入に答えて考えを明らかにした。まず、彼が思う "ドラマの帝王"の魅力はシンプルだった。

"他のものよりも"ドラマの帝王 "では男女間の愛を重点的に描いていません。従って私はこのドラマが好きです(笑)。文字通り二人の男女が押し引きする"恋愛ゲーム "を描い出さず、将来も劇中人物たちがお互いに対してどのような感情を持つかどうかが気にならないという点もそうですし。 "

クォン・ヘヒョのこの言葉は、つまり、 "ドラマの帝王"が持っている "ジャンルドラマ 'としての競争力を言うのだった。彼は "'ドラマ製作現場"という斬新な素材を持った作品がジャンルの新しい領域を作成することができるという点で、これらの試みが重要だと思う "と伝えた。

クォン・ヘヒョは引き続き "ドラマの帝王"が持っている非現実的な姿に対する考えを伝えた。

""ドラマの帝王 "が戯画化されたという周囲の見方も間違ってはいないと思いますよ。実際の局長やCPが常駐するドラマ制作センターの中の絵が徹底的に格式を整えるとか事務的な空間だけではないですね。二つの製作会社代表が復讐し競争して回復する姿もドラマの楽しさと緊張感を高めるための "漫画的公式"を使って生まれた構図と見ますし。 "

これと共にクォン・ヘヒョは、実際の撮影現場で俳優として活動しながら感じた不都合な真実に対する考えも打ち明けた。

"以前であれば出演陣と製作陣皆一緒に苦労しながら密接に信頼性を築いて"終わったら一杯やろう"と焼酎一杯も楽な席で飲んだものだったが、最近はそんな機会が多くないようです。もともと世知辛い現場だから最終回や"打ち上げパーティ "以外にすべての人々が集まる機会がないですね。表面上は一緒にするようだけどどう見ても自分の役割に忠実なだけのように思えて苦々しく思ったりもしますし。 "

クォン・ヘヒョは "特に緊張感あふれる"ドラマの帝王 "の中の現実がどのように終わるか気になる"と話した。

"おそらく私の考えでは、 '京城の朝"が大ヒットし、エンソニー・キム(キム・ミョンミン)が再起に成功するなどの結果が出るとは思わない。明らかに一般的に考えられるハッピーエンドにはならないと思います。あるいは、みんなだめになって終わり、ドラマだけが残ることもあるかもしれないし(笑)。 "

クォン・ヘヒョが演じているナム・ウンヒョン局長は、S放送局で原則を固守する、ある面堅物に見える人物として照らされている

これに対してクォン・ヘヒョは "率直に言って人間的な魅力が足りない人"と評価した。

"人物自体が気に入りはしないです。でもどんな人物でも、私はユーモアのセンスがある人が好きです。原則を重視するといってユーモアがないとは言えないでしょう。なのでより柔軟に受け止め、穏やかな性格の人であれば本当にいいんですけど、ナム局長はとても事務的で直線的な性格ですからね。製作陣側からそんなキャラクターを要求されたんですよ(笑)。それでもナム局長の堅物なキャラクターが劇中では合うだろうと思ったんです。 "

これと共にクォン・ヘヒョはナム局長が持つ魅力についても語った。

"一本のドラマを作る過程で原則を重視して製作コストの透明性を考慮する部分は、今年の大統領選挙を控えた大韓民国の社会で大衆に"あんな上司やリーダーがいたらいいのに "という共感を形成するようにするという点で意味が大きいと見てください。ある意味アピールする部分もあることですよ。 "

クォン•ヘヒョは "私たちの社会がまだ"反則が先に立つ時代ではないか "という考えもする"という、やや意味深な発言も付け加えた。

もしそうなら、果たしてクォン・ヘヒョが、実際にドラマ局長の立場ならどのような姿が描かだろうか。クォン・ヘヒョは照れながら考えを明らかにした。

"ハハ。私の姿は明らかに異なるものになるでしょう。放送局というところが公共性が重要なので、気をつけてやらざるを得ないと思います。放送局も企業という論理で考えると、利益が相対的に少ない新しいものや、一般的でない芸術などの試みをしないようになるでしょう。正直ナム局長のようにうまくできるかどうかはわからない。本当の私がドラマ局長になったら、彼の悩みが現実に見えるようになると思います。 "

クォン・ヘヒョは今後のナム・ウンヒョン局長の姿に対する考えも伝えた。

"ドラマ序盤に編成権を置いて神経戦を繰り広げ、最終的に"京城の朝 "が最終編成され、エンソニー・キムと同じ船に乗ることになったし、雰囲気も少し小康状態がなったんです。たまに見えますが、カン・ヒョンミン(チェ・シウォン)とソン・ミナ(オ・ジウン)の突発行動のためにドラマが危機に瀕したのに、まもなくまたドラマが大きな危機に陥り、エンソニー・キムとの葛藤も再度点火されると思います。本当の善と悪が衝突するでしょう。期待される部分です。 "

2 Comments

SOON says...""
あんみょ~ん! 寒い中出張ご苦労様です。
御留守中にお邪魔してます~♪
ナム局長 本気で笑ってた!私もそう思う。ぷぷぷ…
そうよね~ バッド エンディングなのかしらね~
もう ほのぼの路線への期待は捨てました。(←まだ 期待してたのか?)
ブラック・コメディって 私 ひとつしか知らないんだけど…
このドラマとちょっと感じが似てるかもって 最近思い出したのがあって
それは”未来世紀ブラジル”という映画なんですが…
(とても面白い映画で デ・ニーロも少しだけでているんですよ。まだ少し若くて 
とっても渋くてカッコイイ役なんです。機会があれば ぜひ 観てみてください!)
ちょっと似てると思うんですよね… それは何かというと 
痛烈な社会風刺・毒のある笑いを含んだ恐怖・妙な爽快感・スピードのある展開。
そして 特に繰り返し挿入されるテーマ曲
それが ブラジルなんで サンバなんですけどチャチャチャ チャチャッチャチャ… って 
観終わった後も 頭の中 グルグル離れないんですよねえ
ドラマの帝王の挿入曲も タンタンタン タンタンタッタタ…と 最近 頭の中で急に鳴りだすようになってしまいました。時たま 私 口ずさんでもいるかも。ははは… 
そうそう それから その映画はSFなんで 最後は物凄いシュールな終わり方だったんですけどね。
ドラマの帝王は現代だから もし その路線だったら どうなるのかなあ。
なんせ ナポレオンの最後は 確か 島流し…
どうなる エンソニー?!
最後まで 気を抜けそうにありませんね!
ドラマの帝王 ファイティン!
  
2012.12.07 19:47 | URL | #JalddpaA [edit]
SAMTA says...""
SOONさん
”未来世紀ブラジル”ですか?
タイトルからしてなんかものすごそう(@_@

さすがSOONさんいろいろ見てますね。
でシュールなエンディングですか・・
ドラマの帝王のエンディングどうなるんでしょうね。

オモ!ナポレオンが島流しってことは
エンソニーもそうかもですね。
このドラマでハッピーエンドだなんて
最初の志はどこへ行った~?ってなっちゃいそう(^^ゞ
20話になればまだあと10話分あるから
どんなこともありえそうで怖いわ・・
2012.12.08 22:23 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。