topimage

2017-10

チョン・マンシク「真の悪人はエンソニー」 - 2012.12.01 Sat




近、チョン・マンシクさん、活発にインタビューされてますね。
このインタビューは面白いです。
とくにミョンミンさんについてのお話^^

"ミョンミン先輩がこの作品でとてもカリスマあふれるように出てくるでしょう。
それでもそんなに気難しい先輩ではなかったし、先輩演技者としてのリーダーシップや
後輩たちの世話もしてくれて、このような部分は明らかにあるでしょう。
"スパイ "は普通のおじさんのように感じられる時もありました。ハハ"
チョン・マンシクはまた、 "後輩演技者たちの毒舌も惜しみなくしてくれる"
と話したりもした。




そして驚くなかれ、みょんたんより実年齢が2才下なんですね。

ドラマの帝王でも後輩の設定で、ちょっと無理が・・・(失礼!)とおもっていたら
ほんとに後輩だったんですね。

韓国の場合、年齢の違いで言葉使いが変わりますので
初対面の時は必ず年齢を尋ねますね。
パンマル(ため口)使っていいかどうか。

そんな話をカンチョプの時にしてたんですね。

それと後輩に演技指導する話のくだりは、みょんたんの人柄が
にじみ出ていてウフフとなります^^
ホント。かわいい人だわ~♪

みょんたんは撮影中はインタビュー受けないもんね。
撮影が無事終わったらいろいろ聞かせてくださいね~♪


●チョン・マンシク<ドラマの帝王>の中の現実? 50%は本当(インタビュー①)
元記事はこちら
●チョン・マンシク "シーン スティラー?あまり好きではない表現”(インタビュー②)
元記事はこちら





インタビュー①

"ドラマの帝王"に投資しますか? 2億送ってくだされば大ヒットして差し上げます(笑)。 "
インタビューの最後に投げた彼の一言、爆笑だった。思ったより(?)気さくで俳優としての主観も明らかだった。そこにセンスのある冗談まで。俳優チョン・マンシク(38)が持っているユーモラスさは特別だった。

SBS月火ドラマ "ドラマの帝王"(脚本チャン・ハンジュン演出ホン・ソンチャン)での悪辣な制作会社代表オ・ジンワンの性格について、 "計略を組んで頭を使うのは辛い"と笑いながらも、 "シーンスティラー"の質問にきっぱりと "その言葉あまり好きではない "と語る彼の姿は、何か特別な魅力を感じられた。

◆ "ドラマの帝王"、現実と50%同じ。さらに激しいのではないでしょうか? "
ドラマ製作現場を舞台に描いたドラマ "ドラマの帝王"。どうしてもドラマの中の話がどれだぇ現実の姿を盛りこんで演出したのかに対する気がかりなことは存在するでしょう。視聴者の間では、 "それでもドラマなのに本当か?"、 "明らかにリアルな面は存在するようだ"などの反応が交錯したりもした。

チョン・マンシクはこれに対して "当然あるだろう"としながら "似たような事例も存在する"と述べた。彼は "ドラマを見ながら"これはやりすぎだ "と思っている場面の50%は事実だと認識してもらえればよい"と話した。 (彼の発言がもっと強いようだった。)
"1回目の時に登場した断片台本場面もそうだし、以前のドラマ撮影の時も直接テープを遠くから運ぶ姿が本当にあった話を聞いたんです。実は私はそのような経験が思ったより多くなくてちょっと当惑する時もありました。それさえも私のような場合は大丈夫なんだが、演技経験がはるかに多い先輩たちには(断片台本が)失礼という気がして。 "
チョン・マンシクは ""ドラマの帝王 "の中で劇の流れは、実際と大きく変わらないと思う"と伝えた。

"実際にあった過去の事を扱っていないだけであって、"ドラマの帝王 "で起こる多くの状況が絶対フィクションではないと思います。放送を数日控えてキャスティングが変更されたり、撮影現場が変わって支障が生じたりする状況を見れば、正直言えない事情も多かったりもします。 "
彼の言葉では、ドラマの製作に熱を上げる多くの従事者たちの熾烈さがすごいことへの驚きと、一緒に苦労しているのに光を見ない後輩演技者たちの姿に切なさも表れたようだった。

◆ ""スパイ "で縁を結んだキム・ミョンミン、おじさんのようでもあった
..エンソニー・キム没落結末もおもしろいようだ"
チョン・マンシクは現在帝国プロダクションの代表オ・ジンワンとしてワールドプロダクションのエンソニー・キム(キム・ミョンミン)と対立している。しかし、彼ら二人は性質が善良ではない。計略、陰謀、裏切り、欲望などの単語と一致する二人の人物だった。

"むしろ私は悪役の演技がより楽に感じられます。私は実際にはそう悪い人ではないんです(笑)。そのためか、自分でどのようにこの人物を表現して表現しようかを考える上で、より興味深く、後でモニターする時も私の他の姿を見ることができたりして珍しかったり。むしろ良い演技は、実際の自分の姿が映し出されるのを思い出しべきだ、というのがむしろ難しいです。 "
その一方でチョン・マンシクは "いくら悪でも、エンソニー・キムほどしますか?"とドラマの中で、真の悪人が、エンソニー・キムであることを強調して笑った。

"毎週反転があって面白いんだけど、一度ミョンミン先輩と結末について話したこともある。
どっちが没落しても、両方悪人であるため、どっちにしろ罵倒されるだろう、と冗談で言ったこともあるんです(笑)。"ドラマの帝王 "この世の中はきれいごとだけでは生きていけないということを表現しているような気がするんですよ。 "
チョン・マンシクはキム•ミョンミンと映画 "スパイ"を通して初めて縁を結んだ。驚いたことに(?)チョン・マンシクはキム・ミョンミンより二歳も若い。チョン・マンシクはキム・ミョンミンとお互いの年齢を聞いたエピソードを明らかにした。

"ある日一緒に道を歩いて"私が、(ミョンミン先輩に)タメ口で話しても構いません。気楽に話してください "と言ったら、突然ミョンミン先輩が歩みを止めたんですよ。先輩も最初は"年齢をだましたのだろう "と思ったんでしょう。"後で親しくなったらため口で話そう "と真面目に言ってくれたんです。後で私の住民登録証見せたら、先輩もそうだしジョンア姉さんもそうだけどみんな驚いたんです(笑)。私は人生をちょっと険しく生きてきたようです。"
チョン・マンシクは "こんなエピソードが初めてではないので、もう大丈夫だ"とし、 "様々なキャラクターの演技をすることができて、俳優としては福を受けたと思う"と話した。

これと共にチョン・マンシクはキム・ミョンミンの実際の姿に対する考えも付け加えた。

"ミョンミン先輩がこの作品でとてもカリスマあふれるように出てくるでしょう。それでもそんなに気難しい先輩ではなかったし、先輩演技者としてのリーダーシップや後輩たちの世話もしてくれて、このような部分は明らかにあるでしょう。"スパイ "は普通のおじさんのように感じられる時もありました。ハハ"
チョン・マンシクはまた、 "後輩演技者たちの毒舌も惜しみなくしてくれる"と話したりもした。

"とりわけ後輩たちにアドバイスしながらきつくおっしゃることもあるけれど、それでもミョンミン先輩が性格的にできなくて、そうするのではないんです。親しい人々にちょっと意地悪なイタズラもされりすることなんですが、たまにワールドプロダクションの家族(若いスタッフ)は、それでもちょっと気兼ねするようだったんですよ(笑)。 "

※冗談で厳しく言われたとしても演技本座ミョンミン先輩から演技指導されたら、もう硬直するよね^^;;
ワールドプロダクションの若手諸君!ヒムネセヨ~!(*^_^*)



インタビュー②

◆メディアプレイ•出演料未支給.. "現実は善良な人々の世界ではない"
"ドラマの帝王"はチョン・マンシクの言葉通り、事実的な状況を描き出しながらドラマ製作現実をひねる姿も見せた。彼はいわゆる "言論プレー"、 "出演料未払い"など "ドラマの帝王"で映し出された場面を思い出した。

"まず、劇中カン・ヒョンミン(チェ・シウォン)がマスコミを利用して自分の過ちを覆う姿を目撃しながら、本当に"言論プレー "というのが理解できないながらも"もし権力を持ったら状況は可能だろうな "という気がして鳥肌が立つ時もあります。ここまで人を抑圧する考えを持つということが恐ろしい。 "
彼はまたムン・サンイル局長(ユン・ジュサン)がエンソニー・キム(キム・ミョンミン)に制作費について言及した場面に関連する考えも明らかにした。

"どうしてもムン局長が、エンソニー・キムに製作費の責任ある対応のために制作費が振り込まれた通帳の写しを提出するよう強く要求する場面は結局(出演料未支給事態を)アピールする意味ではないだろうかと思います。"
チョン・マンシクはこれと共に熾烈な番組制作業界のそれなりの考えを伝えることもした。

"もしかしたら、"ドラマの帝王 "で善良な人物はイ・ゴウン作家(チョン・リョウォン)しかないと思います。それだけ自分の仕事のために走って、成功のために走って行く人々の戦場という気がします。すべての人々がいくら優しく生きていくにしても誰かにはライバルとなって悪の心を持つようになりますからね。 "ドラマの帝王"で描かれる二悪人の対決構図も現実的に描き出していると思います。 "
チョン・マンシクは "ドラマの帝王"他にもMBCドラマ "最高の愛"、 "ザ キング トゥ ハーツ"、映画 "深夜のFM"などの作品を通じて悪役の姿を見せた。これと共に、コン・ヒョジン、スエなど一緒に出演した女性主人公たちと "悪縁"が深いことも。

"私は概ねヒロインたちを苦しめるの役割だったんです。時には私から見て変態ですよ。自分本来の役割にも自分を自虐したりします(笑)個人的には、女優たちと同じシーンを撮ることに感謝し光栄の至りです。"

◆ "シーン•スティラー"という言葉は、あまり好きではない。作品のために目立つ演技はNO "
チョン・マンシクは演劇俳優として旺盛な活動をしてきながらも、ブラウン管とスクリーンを行き来して特有の重量感ある演技力で大衆に照らされた。

しかし、チョン・マンシクに映画、ドラマ出演を通じて得られる人気と認知度はそれほど重要ではないようである。 "ドラマの帝王"の低視聴率にも全く意識していない様子だった。

"今でもそう周りが調べてくれるのが負担になります。私自身有名になることをあまり望んでいないからでしょうか。俳優活動をする上で所属事務所の一員として一緒に持たなければならない信頼の意味として会社の立場について納得することですし。"
彼はまた、 "シーン•スティラー"という言葉について "個人的にあまり好きではない単語"と話した。

"助演は作品の中で完成度を高めるために助ける役割であるだけで目立つために演技する人ではないと思うんですよ。ある意味助演たちがより注目を受けることが越権だと思ったりもして。私自身も演技をしながら過度なことは一度もありません。劇中オ・ジンワン代表も劇的な目つきのために、より強烈な印象を見せようとしたことですし。多くの演技者たちが一緒にする作品でのバランスや色味、構図などがより重要だと思います。 "
演技者として愛着を持って、より良い演技で作品に溶け込んで完成度を高めるために多くの悩みを持つ彼の演技哲学を感じることができた。

彼は "これまで悪役のイメージの人物をより多く演じてきたが、今後平凡で愉快なおじさんの姿を演技してみたい"と話した。

"今後も多様な姿の演技をしたいと思うだけですよ。映画でもドラマでも演劇でもそのような部分は重要ではないないです。演技だけできるところであれば気にしない。"
チョン・マンシクは自分の演技者としてのスコアについて "手厚く与えてもまだ40点程度に過ぎないようだ"と伝えた。

"どうしても演劇舞台がドラマや映画よりは演技するのが楽です。ドラマはまだ適応する段階であるようです。ミョンミン先輩と一緒にやってみてそうなのか、今回のドラマはまた違った感じがします。そうしながらも学び、課題をもって演じています。より多くのことを経験したいです。 "


※ミョンミン先輩、背中で演技の姿勢を見せるってとこかな?
かっちょえ~!


● COMMENT ●

チョン・マンシクさん 面白いなあ~
彼のユーモアはほんとにブラックですね。
ドラマの帝王もブラックコメディなら もっとそういう辛辣さがほしいような…
またも 不遜な発言 申し訳ごじゃいません…
それにしても
真の悪人なのに ドラマを作る目的について悩むエンソニー???
わから~ん そんな人 真の悪人なん?
心温まるドラマ希望なんですけど この先いったいどうなるの??
そうだ~ ブラックなら 最後エンソニーが893さんに撃たれるって
結末もあり得るかも… え~!笑えない~~! 
もう わかった。とにかく 黙って観ます。

SOONさん 

え?心温まる~?
それは期待しない方がいいかも・・・
いや、まだわからんけど。

昨日はエンソニー。商店街をチンピラ風の男二人に追われて
走るシーンを撮影していたみたいですよん。
まさか日本の893さんだまして追われちゃってる~なんてことに。
あわわ・・・・(@_@


そんなブラックな終わり方にはならないと思うんですが。

明日はどんな感じになるんでしょうか。
違う意味でドキドキしますわ^^;


管理者にだけ表示を許可する

カンヒョンミンの寒中水泳^^ «  | BLOG TOP |  » エンソニー・キムは、実在の人物がモデル

어서 오세요

V,I,P, 2017 8月24日大公開!

キム・ミョンミンさんへのファンレター宛先

☆ファンレターはこちらへ☆

KMM with Heart200

(우)135-889 서울특별시 강남구
도산대로17길 19
(신사동 543-11) 온암빌딩 302호
MM ENTERTAINMENT 김명민님
ソウル市江南区島山大路17通19
(新沙洞543-11)温岩ビル302号
MMエンターテインメント
キム・ミョンミン様

プロフィール

SAMTA

Author:SAMTA
横浜在住
韓国ドラマ・映画好き
韓国俳優キム・ミョンミンさんの
カンマエに嵌ったのが2009年5月。
それからミョンミン道一筋です☆
韓国語、韓国料理など韓国文化全般に
興味があります。☆

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

はじめてのご挨拶 (1)
김명민 キム・ミョンミン (277)
インタビュー翻訳 (5)
朝鮮名探偵3 (7)
물괴 物の怪 (3)
V.I.P (60)
하루;一日 A Day (41)
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙 (72)
판도라;パンドラ (29)
조선명탐정2;朝鮮名探偵~消えた日雇いの娘~ (58)
히말라야ヒマラヤ (10)
간첩 カンチョップ(スパイ) (53)
연가시:ヨンガシ (86)
페이스메이커:ペースメーカー (116)
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密 (84)
파괴사破壊された男 (77)
내사곁 私の愛 私のそばに (37)
소름 鳥肌 (6)
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ (337)
六龍が飛ぶ 人物紹介 (4)
六龍が飛ぶ 単語復習 (10)
六龍が飛ぶ あらすじ (44)
六龍が飛ぶ 鄭道傳の生涯wiki翻訳 (5)
개과천선:改過遷善 (184)
드라마의 제왕; ドラマの帝王 (172)
「ドラマの帝王」日本語字幕を楽しむ (18)
베바 ベートーベン・ウィルス (37)
거탑白い巨塔 (11)
불량가족不良家族 (13)
불멸不滅の李舜臣 (61)
꽃보다花よりも美しく (4)
ファンミ☆モイム (61)
「赤い糸伝説」청실 홍실 (51)
韓国料理☆한국 음식 (4)
韓国をたどる旅 (49)
韓国語 (14)
韓国映画・ドラマ (33)
ウリケースケ (6)
日常 (40)
その他 (62)
未分類 (0)
コツコツ翻訳 (30)

アーカイブでクラウド

もうひとつのつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター