항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
연가시:ヨンガシ

ピンクのみょんたん^^


20120629014816517k7_140000_7.jpg
20120629014816517k7_140000_0.jpg
20120629014816517k7_140000_1.jpg
20120629014816517k7_140000_2.jpg
20120629014816517k7_140000_3.jpg
20120629014816517k7_140000_4.jpg


ゃん、さわやか~ん


でもこの記事は写真とは正反対に渋い・・・

太く短くですか?ミョンミンさん

50になったらもうこの演技の世界にいないって?
まさか~
カフェでは「彼特有の謙遜だろう」ということになってましたけど
この間のファンミでもちょっとそういうことについて
語ってましたね。
アン・ソンギさんと一緒に仕事して
自分はまだまだだ~って思ったんですかね。

そういう意味ではまだまだ楽しみですよね。

50になったらさらに渋みを増した役者になっていると思いますもん!


50代の俳優キム・ミョンミンはご覧になれないでしょう

元記事はこちら



■映画 "ヨンガシ"キム・ミョンミン
監督が大きな期待をするなと 大げさに言う。
試写会でみるととても面白かった
“シナリオが本当に独特でしたよ。私が出演した映画だが、人物の感情が本当に切なくうまく溶け込んでいました。弟、妻、子供たちを思う家長の心でしょう。また、火や水ではなく、寄生虫という特殊な素材が目にぱっと入ってくるでしょう。 "
俳優キム・ミョンミンが、独特の素材のパニック映画 "ヨンガシ"(監督バク・ジョンウ)で戻ってきた。
7月5日に封切られるこの映画は、家族の話とパニックブロックバスターをかき混ぜた作品。
劇中キム・ミョンミンは、株式投資の失敗で一日一日をかろうじて生きている製薬会社の営業マン
ジェヒョク役で登場する。ジェヒョクは殺人寄生虫のヨンガシに感染した家族を救うために
死闘を繰り広げたが、いつも失敗する人物だ。キム・ミョンミンは、 "映画の中で薬を探し回る自分の姿が本当にみすぼらしかった"と笑った。人を死に追いやる殺人寄生虫という設定は、非常に独創的だが、ややもすると観客たちが聞き慣れない感じもする素材だ。
"マスコミ試写会の時初めて映画を見た"と言ったキム・ミョンミンは、 "見る前は、本当に面白いか、本当に面白くないかのどちらかだと思っていた"と率直に打ち明けた。"その間監督が私を洗脳したんですよ。
映画が本当に面白くないので期待してはてはいけないと言って(笑)。
ところが完成した作品は本当に面白かったです。監督が後半作業しながらたくさん悩んだたというのが感じられましたよ。寄生虫の説明が続く場面も映画は退屈させません。 "

アン・ソンギ先輩のようになる自信ない
今は、太く短くいくのが夢
キム・ミョンミンは、前作からの姿のように、今回の作品でも体を惜しまない演技をした。
走って叫んで転ぶのを繰り返す。自然に喉が枯れない日がなかった。

彼は"映画で、後半に行けば、私は声が少し枯れた状態"といい"幸いにもそれが劇中私のキャラクターと合致した"と話した。
倉庫の火災シーンを撮るときは、火に焼けた薪に当たって髪を焼き払うところだったと。
彼は"撮影を始めようとしたんだけど、火がすぐ目の前で燃えていた"とし、
"スタッフも火に対して欲があるようだ"と笑った。

劇中の妻ムン・ジョンヒをはじめとする家族たちと体当たりを繰り広げた。
彼は"その場面がとても短く出たが、撮影するときは気が気でなかった"と、
"ムン・ジョンヒさんは本当に怪力を発揮して私を押し倒した"と回想した。

弟ジェピル役で出演したキム・ドンワンについては、 "最初はアイドル歌手に対する先入観があったが、むしろ私がより多くのエネルギーを得ることになった"と話した。続いて"撮影現場での普段の姿とは異なり、意外にも真剣で、演技欲が多い人"と賞賛を惜しまなかった。

1996年MBC公採タレントでデビューしたので、いつのまにか16年目の俳優生活をしている。キム・ミョンミンは、"実はデビュー期間や年齢を重ねることについて、特別な感じはない"とし "まだ演技を7〜8年くらいしかしてない感じ"と話す。演技に対する情熱と誠実さ。彼にはアン・ソンギのように"国民俳優"というタイトルもそう遠くないようだ。
しかし、彼は "その時に考えが変わるかもしれないが、私は少し太く短くやりたい"と話した。
"たぶん私が50歳前後になると、この世界では私を見ることはできないと思います。
何よりも私はアン・ソンギ先輩のようになる自信がないんですよ。
先輩を見れば見るほどすごい方だと感じます。もちろん、先輩のようになれたら良いが、簡単ではないでしょう。"キム・ミョンミンは現在ユ・ヘジン、ピョン・ヒボン、ヨム・ジョンアなどと一緒に映画"スパイ"を撮影している。 SBS"ドラマの帝王"出演も前向きに検討している。


2 Comments

るぴなす says...""
SAMTAさん☆あんみょん

そっか、カフェでは彼特有の謙遜ってとらえてるのね
ちょっと冗談っぽく言ったのかもしれないしね
あまりにサラッと言っちゃったから(笑)

しかし、それに動じないカフェファンって凄いわ~(^o^)丿
2012.06.30 00:10 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
るぴなすさん おっはみょ~ん♪

さっき@るぴさんとこに長~いコメント書いちゃって。
もうコメすることもないんですが・・

不惑40にしてかなり悩んでいるんでしょうかねえ。
揺れる40男。
ムフ。それもなんかいいなあ。
サランハギでもこれ読んで
「こんな記事読みたくない~。悲しい~」って声が上がってました。
だからこそ次のファンミでのミラさんのつっこみ質問に期待したい(^^ゞ


それから私、これ読んでほんとにお手紙書こうと思いました。

「死ぬまで役者として生きてほしい」

だって彼もそう願っていたはずだもんね。
でも生きていくうちにいろんな現実がやってきて
避けては通れないこととか・・・
いろいろあるんだろうなあ、
って思います。

そんなこんなでみょんたんファイティ~ン!
2012.06.30 10:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。