항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
연가시:ヨンガシ

NAVER COVERSTORY YONGASHI KEY POINT

NAVER COVER STORY
年の夏最も致命的な恐怖が迫ってくる!
人の脳を操る殺人寄生虫"ヨンガシ"という独特の素材で話題を集め
今まで見ることのできなかったパニックの状況を確認させてくれる映画<ヨンガシ>。
死亡者が指数関数的に増加する悲惨な状況の中でヨンガシに感染した家族を救うために
自分のすべてをかけた男と時間が経つほどにその破壊力を見せつけるヨンガシの実体を
NAVERMOVIEで覗いてみよう!



死率100%の変種ヨンガシ感染注意報!
誰も避けられない感染症の恐怖が韓国を焦土化させる!

NAVER COVER 1NAVER COVER STORY2NAVER COVER STORY3
1次ポスター、2次ポスター、メインポスター

静かな明け方、漢江に骨と皮膚だけ残った残酷な姿の死体が浮かぶ。これを皮切りに、全国津々浦々の河川で変死体が発見され始める。原因は、宿主の人間の脳を操ることで、水の中に飛び込むように誘導し溺死させる"変種ヨンガシ"。短い潜伏期間、致死率100%、4大河川に乗って急速に広がっていく"ヨンガシパニック"は、韓国を焦土化させる。死亡者は指数関数的に増えると、政府は緊急対策本部を設置して感染者全員を隔離収容する国家的な対応態勢に突入するが、理性を失った感染者たちは、制御をくぐって、水辺に飛び出して行き暴れまくる。一方、仕事に掛かりっで家族をかまうことができなかった製薬会社の営業マン ジェヒョクは自分も知らないうちにヨンガシに感染してしまった妻と子供たちを救うために、治療法を探して孤軍奮闘する。その中で彼はパニック状態と関連した驚くべき事実を発見し、事件解決に乗り出したが...


今年の夏、あなたも感染の恐怖から逃れることはできない! 

yongasi_image26_500.jpg


key point1 ヨンガシ感染の症状に注目してください!

症状1:死の数ヶ月前から食欲が異常なほどに旺盛になる。
症状2:摂取量に比べて体重が全然増えない。
症状3:死亡2〜3日前から激しい口渇の症状を訴える。
周囲の人々が、ある日突然異常なほどたくさん食べるのにもかかわらず、
体重は増えず、顔色が悪くなったら...
また、喉の渇きを訴え、水を見ただけで理性を失って走っていったら...
疑いなさい。致死率100%の変種ヨンガシの恐怖はすでに始まっている!


key point2 脳を操つり自ら水辺に飛び込んで自殺させる殺人寄生虫、
致死率100%の変種ヨンガシ出現!

*ヨンガシ(学名:Gordius aquaticus)
ヨンガシとは、昆虫の体に寄生している細いワイヤー状の流線形の動物で、水を介して昆虫の体の中に浸透し、産卵期が始まると、宿主の脳を操って水の中に飛び込んで自殺するようにする寄生虫である。どのように宿主の脳を操縦して自殺を誘導できるかどうかの正確な原因は、明らかにされておらず、それに対する恐怖は大きくなっている。ただこれまでの研究結果によると、水辺に誘導する神経調節物質を分泌して自殺を誘導することが知られている。2009年にドキュメンタリーを通じて大衆に知られているこのヨンガシはそのユニークな生存方法のため、注目を浴びた。これを見た人はヨンガシを"エイリアン"と呼んでオンライン上で爆発的な関心を示した。人の生活と密接な関連がある水を介して感染するという点、環境汚染が原因で異常寄生虫やウイルスが続々と登場することにより、変種ヨンガシが現れる場合は人にも感染するのではないかという点も懸念と恐怖の対象となっている。


檀国大学医科大学寄生虫学博士 ソミン教授Q&A
ルポ映像  →→→NAVER記事へ

Q:ヨンガシが人に感染する可能性がありますか?

既存の回虫のようなものも最初から、人間の体に寄生したわけではない。偶然体の中に入ってきて、人間の体もいいとわかって私達の体に適応して暮らすことになったのだ。ヨンガシだろうと他の回虫と同じように私達の体に適応すれば十分に可能なことだ。

Q:ヨンガシが実際に人に感染したらどんな事を発生させられますか?
人は、通常、寄生虫に影響を受けないと思う。しかし、実際にToxo胞子蟲という寄生虫に感染すると、人が車道に飛び出して、奇妙な行動をするようにする。ヨンガシも人々の脳を操るようになったら、映画のように水に顔を突っ込んだり、水を飲んで死ぬことも可能なようだ。
また、脅威的なのはヨンガシが宿主に入ると、宿主のサイズの3倍ぐらいに成長する。
記録されたところによると2mまで大きくなったことがあるのだが、
人間の体の中で非常に長く成長した場合、腸を全部ほじくり返すこともできる。

key point3 韓国映画初の感染パニック映画誕生!

今年の夏、風変わりな恐怖があなたを誘う!
その中にただ一度も試みられなかった韓国初の感染パニック映画<ヨンガシ>は、変種寄生虫のヨンガシのために起る感染パニック状況という独特の設定だけでも爆発的な関心を呼び起こした。
特に<ヨンガシ>が強烈な第一印象を残したのは、実際のこととは信じられないヨンガシの生存方式である。
映画の中に登場する変種ヨンガシが人間の体の中に寄生している途中産卵期になると、宿主の脳を操り、自分で水に飛び込んで自殺するようにする致死率100%の威力を持っており、そのいくつかの寄生虫やウイルスよりもひどいことをする。まだ人に感染した事例が報告されたことはないが、実際ヨンガシの出現の可能性が残されていて、恐怖を刺激する。また、本格的な避暑シーズンが始まった夏、ヨンガシ感染が他でもない"水"で始まっているのは、観客の恐怖心を極大化させる。環境汚染で生まれた新型インフルエンザは、スーパーバクテリアのように実際に起こったことがある感染例のように<ヨンガシ>が見せてくれるリアルでありながら恐ろしい災害現場では新たなパニック映画のパラダイムを披露する。





ああああ、なんかこの記事長いんですけど、
「変種寄生虫ヨンガシ」って文字どんだけ打っただろうか・・・


訳してたら気分が・・・・・

ああああ、

この続きはまた後で・・・・

yongasi_image28_500.jpg


ジェヒョガ・・・・




5 Comments

kocco9 says...""
SAMTAさん こちらでもみょんです

製作報告会@20日
試写会@27日 を控えて
いよいよ全貌が出てきましたねーっ!

(ちなみに、20日頃?日本は台風上陸ですってよー!><)


何だか遊園地のアトラクション的な?
ハラハラ ドキドキ・・・パニックのようです
(って表現でいいのでしょうか?^^;)

『韓国お初』っていうフレーズがまた何ともそそられます
あぁ、結末が楽しみです~ p(>∀<)q


あ、前にアヤコさんとの会話で
『ウリはヨンガシではなく、オッパに感染してる』と・・・
うはは~ クロチヨ~
だからまた渡韓するのです
だってオッパに脳を操られているのですから(爆)


SAMTAさん
『ヨンガシ』の打ちすぎで満腹ですか?
ご自愛くださいませ~^^;
2012.06.18 23:30 | URL | #- [edit]
ともこ says...""
わー。いよいよですねぇ。
私は8月渡韓ですので、見れるのはそれ以降です。
楽しみー。

2012.06.19 11:56 | URL | #- [edit]
トベニ says..."たくさるっ!"
SAMTAさん♪

まーいろいろいろいろ続々と
出てくるたびに
ああそのたびに、
と、と、鳥肌がぁ~~~~
(やっぱり みょんたん=とりはだ)(笑)

タクサルっ!!(鳥肌) タクサルっ!!って
「私の頭の中の消しゴム」って映画で
聞いた単語を思い出した

まさにタクサルっ! (鳥肌って言い方2通りあるのかな、ソルムと)

ヨンガシちゃんのお陰で
さむたさんのブログが
ホラーブログに変身じゃ~!!??

いや、何があっても
どんなに鳥肌でも!
ちゃんと付いていくよ~~
みょんたんとさむたさんに~!

し、しかし、、、、
誰が考えたんだ、このストーリー。。。。
こわっ
2012.06.19 17:39 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
ともこさん

おお、もうすぐソウルへ嫁入りですね。
準備で忙しいのではないですか?

いいなもうこれからはいつでも好きな時に
映画が見れますね。
うらやましい~!

ヨンガシもともこさんも
ファイティ~ン!!!
2012.06.20 21:42 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
とべにさん

はい。

おかげさまでなんだか最近妙な感じがして
背筋が時々ゾクゾクするのはその所為でしょうか。

まさに鳥肌、チキン肌~(^^ゞ

タクサルって言葉もよく出てきますね。
いちゃいちゃしたカップルのことを
「タクサル カップル」なんて言いませんでしたっけ?


ヨンガシ、そうヨンガシ

いったいどうなるんでしょうか。
私たちは救われるのでしょうか・・・
ああ、早くすっきりしたい。。

2012.06.20 21:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。