항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
베바 ベートーベン・ウィルス

今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン!

ラフォルジュルネ3

年もラフォル・ジュルネ in Tokyo ←HPへ
毎年GWは国際フォーラムで開催されるクラシックコンサートに行くのが恒例となりました。

いわゆる「クラシックのはしごコンサート」
プログラムによっては3才の子供から入場できて
クラシック音楽のいいとこどりみたいなプログラムを
時間表見ながら選んで聞くというイベントです。

日本ドラマの「のだめ」や韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」にはまって
クラシックがより身近になって
さらにこのような敷居の低いクラシックコンサートが誕生したことで
クラシック音楽も聴きやすくなったのではないでしょうかね。

ま、私もそんな中の一人ですが・・・・(^^ゞ


今年は5月3日から5日まで開催。本日最終日ですね。


本日はこの3コマの予定♪

15:45-16:30 No324
ストラヴィンスキー:プルチネルラ組曲
プロコフィエフ: ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調op.19

交響曲並のスケールを誇る充実した協奏曲
独奏者の冴えわたるテクニックにも注目!

イェウン・チェ (ヴァイオリン)
パリ室内管弦楽団
ジョセフ・スヴェンセン (指揮)


16:45-17:15 No.345
ショスタコーヴィチ:バレエ組曲第1番
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23

火花散るピアニストとオーケストラの競演
屈指の傑作協奏曲をフレッシュな顔合わせで

児玉桃 (ピアノ)
ベアルン地方ポー管弦楽団
フェイサル・カルイ (指揮)


18:45-19:30 No315
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

テクニックと歌心にあふれた名手が奏でる
ロシア色と古典性が完璧に融合した超名曲

川久保賜紀 (ヴァイオリン)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック・カントロフ (指揮


えへへ。
最後の曲。もうベバファンにはおなじみですね。
ロシアの歌劇なんですね。


動画お借りしました^^

「ルスランとリュドミラ」
10話のカンマエの指揮を思い浮かべながら楽しんできます~♪
ラフォルネカンマエ

ではでは行ってきま~す!

6 Comments

miyo★ says..."アニョハセヨー"
SAMTAさん、アニョハセヨー◎

GYAOのベートーベンウイルスが
最終回に近づいてきて私は、
寂しくてしかたがない今日この頃です。
クラシックを聴くのが好きで(しかしド素人です)、
たまたま見てみたドラマが
ベートーベンウイルスで、
ミョンミンさんにハマったきっかけでした。
いつか、カンマエの指揮でクラシックを聴いてみたいです!(2を願うばかりです。)
先日は黄砂で不調になり、クラシック鑑賞を断念したばかりです(´・_・`)
クラシックを聴きに行くと
すごく気分転換になって、穏やかになれて、
こういう時間もたまには必要ですよね◎

大阪でも映画祭があるとか!!!
凄く凄く嬉しい!
さっそく申し込みます!
当たりますように!
2012.05.05 17:49 | URL | #Fm81lUyk [edit]
アップルアヤコ says..."No title"
SAMTAさん♡あんみょんです♡

私も行ってきました~♪・・・と言っても
『ラ・フォル・ジュルネ鳥栖』ですが^m^
九州交響楽団の演奏のもと、『ルスランとリュドミラ』と
チャイコフスキーの『ピアノ協奏曲第1番』を聴いてきました^^

私は、ベバで『ルスランとリュドミラ』を初めて知って、
この曲に一目惚して^^
(1回聞いて惚れるのは何て言えばいいんでしょ・笑)
何という曲かどうしても知りたくて、
10話で一瞬だけ映る曲目バンフのシーンを一時停止し、
かろうじて読み取れるアルファベットだけ書き取って
調べたほどでした(笑)
今思えば、もっと簡単な方法があったはずですが(^^ゞ

今日は、カンマエの姿に想いを馳せながら・・・
特に生で聞いてみたいと思っていたベバでの
使用2曲が聴けて感動しました♡
ベバを見なければ、絶対足を運んでいなかったと思います(笑)
生演奏の迫力に改めて圧倒されました~^^
2012.05.06 17:46 | URL | #sj93pB3o [edit]
SAMTA says..."GYAOでもベバ!"
miyo★さん あんみょん♪

お、GYAOでもベバやってるんですね。
あちこちでベートーベン・ウィルス
もう何回目の放送なんでしょうか。
すばらしいです(^_-)-☆

ああ、私もカンマエの指揮するオーケストラ聞きたいです。
願わくば、第9を一緒に歌いたい~!
なんて思ってますが・・・(^^ゞ

映画祭、大阪の文化院でもあるようです。
講演会もついてるみたいですので
当たるといいですね。
楽しんできてくださいね~☆彡

体調よくなりますように
2012.05.06 23:07 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says..."鳥栖でも!"
アップルアヤコさん

あら!鳥栖でもあったんですね。
年々全国に拡大してますね。
ラ・フォル・ジュルネ

私も満喫してきました。
「ルスランとリュドミラ」
「チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番」
やはり生はいいですね。
迫力あります!

「ルスランとリュドミラ」は本当にインパクトありますね。
ベバではカンマエが腕を怪我しての
最初の曲で、ルミではないですけど
もう、固唾を呑んで見守ったシーンでしたね。
しかしあのものすごい曲を
ミョンミンさんがまるで本物の指揮者のように指揮棒振ってたのが
信じられません^^

今プロの指揮を見てなおさらそう実感します。
2012.05.06 23:16 | URL | #fyi.zixU [edit]
へよん says..."お久しぶりです"
SAMTAさん、あんみょんはせよ^^

わたしも5日参加してました♪
どこかですれ違っていたかも?!
有料公演は一番最後のでしたが↓
1時頃から色々な会場をグルグルしていたので。

吹奏楽経験者なので、以前は木管楽器を注目してましたが、
ベバ以来、指揮者に目が行ってしまいますわ~v-238

21:00-22:00 No.316
チャイコフスキー:イタリア奇想曲 op.45
ボロディン:だったん人の踊り
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18
2012.05.07 12:14 | URL | #50jynCW6 [edit]
SAMTA says..."すれ違ってましたね。"
へよんさん ほんと、おひさみょ~ん♪

5日はきっとどこかですれちがってましたね☆彡

毎年人気のコンサートですが
私もやはり指揮者が気になります。

ラ・フォル・ジュルネはフランス生まれだから
フランスから参加するオケが多いですが
本当に表現力が豊、というか自由で
見ていて楽しいオーケストラ!
という気がします。

毎年楽しみです~(^_-)-☆
2012.05.08 22:40 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。