항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

インタビュー:家族のために作品選択^^



れは、役者としてどうなのかなあ、とも正直思いました
は!すみません!えらそうに・・・

う~ん。
夢と希望を与えられる作品。
もちろん、私もそういう作品に出てほしいし
そういう作品で感動をたくさん得たいと思うけど

役者としてのいろいろな顔を見たいという
ファンの欲みたいなものは満たされるのだろうか・・・

これって贅沢かな?

わかりません。

また変わるかもしれないし。ね?


とにかく、わたしゃどこまでもついて行きますよ~


それにしても面白いわ。
今、キム家は「お祭り期間 잔치 기간(チャンチ キガン)」なのね


いいわあ、この家族^^



キム・ミョンミンが妻、目に入れても痛くない子供に対して率直な胸の内を明かした。

最近ニュースエンとインタビューでキム・ミョンミンは"妻と子供がいるから私が耐えることができると思う"とし"家族は私の薬だ"と表した。

キム・ミョンミンは公開を控えている映画<ペースメーカー>でも国家代表にもかかわらずメダルを首にかけることができない不運のマラソンランナー、ペースメーカー チュ・マノに扮し、琴線を震わせる熱演を広げる。 作品を選択するにおいても家族という単語はキム・ミョンミンの脳裏の中にしっかりと差し込まれているという。


"私の妻と子供のために子供たちの希望になる作品をやりたいと考えた。 もちろん以前は子供がいなかったし私自身が成熟していなかった時なので、やわらかいというよりは強烈な役割をたくさんしてきたが、この1~2年に考えがかなり変わったようだ。 スリラーももちろん良い。 でもどうせなら夢と希望がある作品に引かれてそのメッセージを観客にもお伝えしたい。 これは年を取りながら変わったようでもあり。(笑)"

キム・ミョンミンはスチーブン・スピルバーグ監督の映画を見ながら育ったとし自身が未来に対して希望的な考えを映画に抱くことになったように最近の子供たちもそうではないだろうかと思う。 スリラーやアクション、戦争などブロックバスタージャンルを見れば韓国映画界がちょっと限定的というのが彼の説明。

野心あふれるように選んだ<ペースメーカー>広報中にもキム・ミョンミンは撮影の真っ最中だった。 彼の次期作は'ヨンガシ'だ。 'ヨンガシ'という人の脳を操る変種寄生虫ヨンガシの出現で死亡者が幾何級数的に増えるパニックが発生した中で感染した家族を救うために息が詰まる死闘を繰り広げるある男の話だ。 今回は遠慮なく家族を守る。

休む暇もなく作品活動をするのに家族の不満はないのか尋ねたところ"そんなものはない"とし"事実今でも私たちの家族にとってはお祭り期間だ。 映画公開時期が近づけば家全体がそわそわとする。 妻も何日か前からVIP試写会に招く知人たちに電話をかけたよ。"と話した。 聞いて見ると映画関係者の仲間が他にいない。

"正月・秋夕のような名節の時期を過ごせると良いが、、実際大変なことがさらに多い。 一緒に過ごせることができる時はちゃんと過ごせばそれがより良いと考える。 地方撮影が4日あるなら出て行ってからちょうど4日で家に戻る。 事実どうせ撮影がまたあるのにその現場周辺に残って酒を飲んだりしてもかまわなかったが家族に時間を使いたかったよ。(笑)映画が終わる2週間前から妻は旅行地を探し始める。 一緒にする時間をどのようによく使うかが私にはさらに重要だ。"

一方キム・ミョンミンは現在のマラソンランナーで完ぺきに変身、すさまじい演技力を披露した映画<ペースメーカー>公開(1月19日)を控えて釜山で次期作<ヨンガシ>撮影も真っ最中だ。


元記事はこちら


18 Comments

SOON says...""
うんうん 前から感じてたことなんですけどね。
彼はまず人間としてどう生きるかを取る人なんでしょう。
そうなんです。この姿勢で どこまでいけるか?
私はそれもみてみたいので…
もう なんたって 惚れちゃいましたから
旦那 ついていきますぜ!って感じです。
2012.01.09 17:58 | URL | #JalddpaA [edit]
SAMTA says...""
SOONさん

はいはい!
私も「旦那 ついていきますぜ!」に一票!

ペースメーカー ファイティ~ン!!!
2012.01.09 18:29 | URL | #fyi.zixU [edit]
kocco9 says...""
SAMTAさん あんみょ~ん

今『Never Give Up』歌詞見ながら視聴しました
いい曲ですよね~ 私も覚えようっと(^^)
(カラオケ配信希望~♪ 笑)

ふふふ
この記事読んで正直安心しましたよ、私は
オッパも普通の人間であり、パパなんですよね

普段がものすごい方なので
尊敬しつつも、心のどこかでは
反動でいつか疲れ果てないかと
(余計な)心配もしてたり・・・
(余計ですね、はいv-398v-356


やはり家族が帰る場所~って感じですか?

仕事(撮影)から帰って
ジュハ君と一緒にお風呂入ってv-48
奥さんの手料理食べてv-271
一杯・・・ プハ~っ♪ (>∀<)/v-275

なーんて 勝手に想像して (思わず)プププ (^m^)


はい、旦那 あっしも付いていきやすv-352


(クレヨ! 私もスピルバーグで育ちました
バックトゥザフューチャー最高ですv-218

2012.01.09 22:17 | URL | #- [edit]
アップルアヤコ says...""
SAMTAさん♡ あんみょんです♡

ハイ!私もついて行きます~(^^♪
何処までも~(笑)

“お祭り期間”って・・・^m^
キム家のテンション、メチャメチャ上がってそう~(笑)
一丸となって家長をサポートするのですね♡

家族想いのミョンミンさんもとても魅力的で(^_-)-☆
そういう視点の作品選びも興味津々ですが!
まずは!やっぱりドラマを!!
メローを期待しちゃいます~☆彡
2012.01.09 23:15 | URL | #sj93pB3o [edit]
SAMTA says...""
Kocco9さん あんみょん♪

そうそう、韓国のカラオケ(ノレパン)で歌って欲しいわ~!


みょんたんもすっかりパパね。
親としていろいろ思うことがあるんでしょうね。

少し離れたところから
ず~っと見守り続けたいわ。

それにしてもいい家族^^
微笑ましい~!
2012.01.09 23:44 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
アップルアヤコさん

この記事で、作品の選択が変わってきたっていうところは
ちょっとびっくりだったけど

その後で、この
「うちの家族は今お祭り期間」っていうくだりで、もう
笑っちゃって・・・・おかしくてもう・・・ハハハ~♪

とにかくもうついていくしかないわって思いました^^

いいっすねえ。ほのぼのとしてて。
いやいや、家長は大変なのよね、きっと。
2012.01.09 23:48 | URL | #fyi.zixU [edit]
emu says...""
あんみょん♪

私、SAMTAさんの最初に仰ったこと、分かる気がしますー。

ただ、今ジェハくん小1でしたっけ?
親として1番ココロに良いものを、子供に見せて感じさせたいって思う時期な気がします。

ミョンミンさんも俳優であり、アッパでありますもんね(笑)

ただ、もう少しジェハくんが大きくなったら気持ち変わるかも…ですね^^
ミョンミンさんの俳優魂がムズムズしてくるのが、先かもですが(笑)

私もミョンミンさんのいろんな顔見たいですよー。
2012.01.09 23:52 | URL | #nkBf3kz2 [edit]
トベニ says...""
SAMTAさん あんみょん☆

ミョンたんそういう心境になったのね
新たに何かに感ずるところがあったのでしょうね
かわいいジェハの年齢もちょうど、子供用のアニメなどからだんだんと、大人と一緒に観る映画なども
見始める年齢ということもあるのかも
心の琴線・感性が独特の、大切な時期ですもんね
アッパが出ている作品をみて息子が感動してくれたら・・
って考える気持ちなんでしょうね

私が初めてミョンたんの言葉を読んだインタビュー
『これまでは、チンピラの役だったから(「不良家族」)
家族が肩身の狭い思いをしたけれど
今度は外科医(「白い巨塔」)の役なので妻と息子が大きな顔をして
外を歩ける』という意味の内容だったんですよね
その時も、こういう言葉ってすごく、
この人らしいのかな、それとも、これは「韓国の方らしい」ということなのかしら・・・
と思ったことがあります
今回はまた、その時とは違う意味での
家族と作品の関係に関する心境なのですね

人間らしい、とも思うのです、
その時考えたことを、素直にこう、言ってくれることがね。
いつも、シェアしてくれますね、ペンにも。

「E.T.」のような作品に出ているミョンミンさんも
すてきだろうと思う気持ちもあるんですよ
私にとってもスティーブン・スピルバーグの映画の
意味するところはすごく大きいから

どんな作品でも、愛する俳優さんという視点を
ちょっと横においておいて、
作品自体のひとつずつをいつも、堪能したいです♡
それでますます、応援したくなるんですけどね。

ペースメーカーも、ヨンガシも、
作品に没頭して見る日をとても楽しみに・・・

信じています。
2012.01.10 19:35 | URL | #.kL53aeA [edit]
つったんママ says..."SAMTAさぁ~ん"

ふむふむ。
SAMTAさんの俳優としてどうかなぁーという感想よく分かります^^
ミョンたんらしいんだなぁ~ これが現状のミョンたんなのねぇ~
色々な時代 役を経てここまで来ての正直な気持ちなんでしょうねぇ

ジェハくんの事が一番でしょう! 分かる分かるぅ~~
「私の妻と子供のため子供たちの希望になる作品」か=
でも~もしこれが日本の俳優が言ったとしたらどうなんだろう・・・って考えると
なじぇか寂しいです・・・(T◇T)
でもでも これが我々の愛するミョンたんなのです!!
ミョンたんだからこの発言してい~んですっv-219

きっと この先は子供の成長とともに心境も変わるだろうし
オアシスのような家庭があるからこそ 色々な難役が出来るんだろうしね~
ついていきますぜ! ずっと☆

楽しい家族でんなぁ~v-266 
お祭り期間?
透明人間になってキム家に侵入したいわ===v-107


でわでわ~

2012.01.10 23:34 | URL | #- [edit]
RIN says..."私もついて行きたいです☆"
SAMTAさん あんみょんです(*^_^*)

1週間ぶりくらいにこちらにお伺いしたら・・・

怒涛の記事更新!!!

しかも素敵な記事や写真がいっぱいv-10
ありがとうございますv-238

ミョンミンさんがどんな風に変わっていくのか・・
はたまた 変わらないのか・・

どちらにしても 私も皆様と一緒について行きたいです~~v-238

2012.01.11 00:07 | URL | #JalddpaA [edit]
小豆 says...""

SAMTAさん、皆様、あんみょん♪


怒涛のインタビュー記事アップありがとうございます!
育児の合間に楽しみに読んでます♪
でもSAMTAさんの気力体力は大丈夫でしたでしょうか~?

でも嬉しい~~~
(^m^*)


この記事を読んでいて、ふとミョンたんが、イ・スンシンに出演を決めた時の事を思い出してしまいました………

あの時も確か、息子に将来こんな素晴らしい役をしたんだと見せたかったのも理由にあったんでしたよね


基本的には、長年愛される素晴らしい作品を選んで出演を決めているんでしょうけど

やはり家族への思いも強いのだなぁと思っちゃいました
(^^)
そしてまた、家族の皆様の愛もお変わりないようで素敵です~~☆


ペメもですけど

ヨンガシの家族愛には期待大でございます
( ´艸`)


しっかし

ミョンたん、相変わらず素敵です♪
襟立ってるのが私としては気になるけど(笑)

モシッタモシッタ~~~☆☆☆

2012.01.11 00:56 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
emuさん あんみょん♪

そうですが。
そうですよね。小学校1年生。
なんでも吸収する時期ですもんね。

あの「破壊された男」も家族で見に行くような
キム家ですから。
余計にそう思うのかな?ハハハ^^;

うん。ジェハ君大きくなったら
また違う欲も出てくるでしょう。

楽しく待ちます~♪
2012.01.11 20:43 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
トベニさん あんみょん♪

わたしもそのミョンミンさんの言葉
すご~く覚えています。
いつもの感じで少しユーモラスにおっしゃったんですよね。

ある意味韓国的な発想なのかなあとも思いますし、
彼のこれまでの厳しかった道のりの中で、
若い頃はご両親の期待に応えることができなかったけれど
役者として成功し、子を持つ親となって
人前で堂々と胸を張れるようになりたかったのかなあとも
思います。

韓国では日本以上に役者さんの社会的位置が低かったでしょう?
(最近は違うかもしれませんが)

家長として、日本人には想像できない
いろいろなプレッシャーがあるのかなとも思います。

でもみょんたんの役者人生はこれからですものね。

私もひたすら伴走?いや後から追いかけながら
この先、役者キム・ミョンミンがどう変わっていくのか
じ~っと見守りたいと思います^^;
2012.01.11 21:01 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
つったんママさん

そうですね。
いろいろな道のりを経て、今現在のキム・ミョンミンさんの
心境なんですね。
だからこれから先も変わる可能性あるし。。^^;

夫唱婦随のキム家。
こういう癒されるおうちがあるから
仕事も頑張れるんですね。
かっちょいいなあ~。

私も、透明人間になって覗いてみたい~♪
2012.01.11 21:06 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
RINさん あんみょん♪

おも!1週間ぶりですか?
もうですね。1月2日あたりから
記事がポンポン出始めたら止まらなくなって・・・
こんな状態になっちょります~^^;

これからみょんたんがどのように
変わっていくのか、変わっていかないのか、
一緒に見届けましょうぞ~!^^
2012.01.11 21:15 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
小豆さん あんみょ~ん♪

育児の合間に読んでいただいてるんですか?
オモ~、ありがとごじゃいます^^

私はも記事を訳すことで
またみょんたんからパワーをもらっているようです^^

会社の仕事はすぐ疲れちゃうんだけど
この作業はなじぇか疲れないんです^^
フフ、幸せ~♪

みょんたんの家族への愛はすご~く深いですね。
奥様の愛もそうですが、ともに苦難を乗り越えてきた
同士みたいでもあるんでしょうね。

ヨンガシの家族愛ですか?
お、忘れておりました~。夏はヨンガシで家族愛。
今年は忙しいですね。

襟気になりなす?
ククク。みょんたん、今年の方針は「襟立て」ですかね(^^ゞ
2012.01.11 21:23 | URL | #fyi.zixU [edit]
トベニ says..."そうそう。"
SAMTAさん、そうなんですよね

私も良く覚えてるんです
2004~5年当時だっと思いますが、ちょうど韓流が盛りあがってきたころでしたね。当時NHKハングル講座の小倉紀蔵先生が、テレビでよくおっしゃっていたんですよね。


韓国では、伝統的に俳優という職業の地位が、かなり低く見なされるものであったこと(人気俳優であっても)
そして昨今の『韓流』ブームが起こり、海外で評価されるようになったことで、それまでとは違った目で『役者』を見る視点ができ、俳優の社会的地位が向上してきていること。

ちょっと前までは、日本の石原・東京都知事のことを、韓国では「タンタラ(芸能人の蔑称)の兄が政治家に!!」と非常に驚かれることもあったのだと、小倉先生が書いていらしたのを覚えています。 韓国では昔は親戚に芸能人がいると言うことも、今と違ってあまり大きな声では言えないという気風もあった、と書いていらしたことも覚えています。
10年前と今とでは、かなり変わってきているんですね。

だから韓国の芸能界での発言で、よく
『これは、韓国のそのような歴史的・社会的背景をふまえて聞くべきことなんだろうなぁ。』と、日本ではあまり考えないことも視野に入れながら聞かなければ、と思うことがあります。
とくに韓国の著名人は、「よい人」であることを、常に強調することがすごく重要であり、それだから皆さんボランティアや寄付を大々的にやっていますね。
 「良き家庭人」であることも、同じように非常に強調されるべきことで、 日本で、結婚しても「ちょっと危険な香り~」というイメージで売るタレントさんがいるのとは大きく違うところかな、と感じています。

もうひとつ、やはりプモン二ム(ご両親)の存在を、常に優先順位のトップに置いているところですね。これは本当に儒教精神を重んずる韓国の美しさのひとつだと私は思うのですが、あらゆる言動を、プモン二ムにお見せして恥ずかしくないこと、ご両親に喜んでいただける言動をするということ、(家長であればなおさらですね)がどんな立場の人であっても、韓国の社会の中で非常に大切であるように感じています。 

俳優さんのひとつひとつの言葉の中にも、その国の文化や
社会的背景を感ずることができます。 学ぶことがとても多いです。

ミョンミンさんが、(俳優になる事を反対された)ご両親に、
”お前があんな夢のある映画に出て誇らしいよ”と言ってもらえる作品に出ることも、そう考えると、とても意味のある重要なことなのでしょうね。 今回の発言はそういう背景があるのではないかと思いました。

誰しも、その人が生まれた文化のいろいろな局面を背負って生きて行きますね。 韓国の社会・文化人として今では演技本座とまで称されるようになったミョンミンさんは本当に立派にやっているのではないかな、そんな気がします。

沢山の翻訳、ほんとうに、ありがとう!! 感謝です!
2012.01.11 22:49 | URL | #.kL53aeA [edit]
SAMTA says...""
トベニさん ああ。やっとお返事できます~^^;

んもう!さすが!トベニさんです。
私が言いたいことをもう的確に詳細に正確に
解説していただいて、ありがたい~!
「ソンセンニム」とこれからお呼びしたいです~!

私も小倉先生の本は以前、韓流にはまった当時
何冊か読んでとても面白かったのを記憶しています。
でも内容は忘れちゃった~^^;
(ここいらがトベニさんと違うところですねえ・・)

でもですね。
この手の話はもう腰据えてお話したいぐらいです・・・

まさにミョンミンさんには韓国社会独特のプレッシャーがあるのだなあと思います。
さらに厳格な家庭で長男としてお育ちになったにも関わらず
親の大反対を押きり好きな道を突き進んできたんですものね。
それでも、途中で役者の道を断念しようとまでしたけれど
「不滅の李舜臣」で役者として再びスタートを切った
(みょんたんの言葉を借りれば「残りの12.195kmを走りはじめた」)
わけですからね。
紆余曲折なんていう単純な言葉だけでは語りつくせないと思います。

今日、カフェでファンの方の感想をいくつか読んでいたんですけど
(完璧に訳せていないのでおおまかですが^^;)
映画にでてくる「マノの寂しげな背中」とみょんたんのこれまでの
演技人生の苦難の道のりがオーバラップして
映画見たあとでなぜか急に泣けてしかたなかった、という感想がありました。

私たちが「本当に大変だったよね」と思う以上の
何か、言葉に表現できない悔しさ、辛さ、のようなものを
韓国ペンの皆さんはミョンミンさんと共有しているのだなあと思います。
でも残念なことにそれを同じように感じることはできないんですけどね。
まさに「恨」(ハン)という言葉の意味は理解しても
感じることができないというのと同じかも・・・

やはりあちらに住んで生活しないとだめかなあ・・・(^^ゞ

ハハハ。

いつかソウルにね。
あ、その時はおしるこ屋さんやりますよ~!
白玉作りますからね!

2012.01.13 23:18 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。