topimage

2017-08

感動インタビュー☆“ビジュアル俳優じゃないじゃないですか。” - 2012.01.06 Fri



、もうわたし、この世の人ではないみたいです・・・

はあ・・・・ため息・・・

ファンが自分の好きな俳優からこんなこと言われて
平気でいられるはずがない・・・・


ミョンミンさんは「演技本座」と言われて
おかしくなりそう(미치겠다!ミッチゲッタ!)、勘弁して~!と思うそうですが
わたしはあなたのインタビューを読んで
もうすでにおかしくなったみたいです(미첬나봐~! ミッチョンナバ~)
(アレ?とっくの昔からでしょ?と誰かさんの声が・・やばい。幻聴も聞こえてきたわ・・・


“ファンたちのためにかっこいい役をやるという考えはない。
ファンたちを本当に大切にするならば、
自分が支持する俳優がどこに出ても恥ずかしくなくて、
立派に‘ファン生活’を送っているという思いを
植えて差し上げるのではないだろうか。”



の記事を書かれた記者さんの名前が
이은주기자님 イ・ウンジュ記者さん
釜山家族のダリア ウンジュさんと同姓同名なんですよ!
もしかしてダリア ウンジュさんじゃないんですか???
혹시 은주님이 살짝 쓰신거 아니에요?ㅋㅋㅋㅋ


キム・ミョンミン 「私がビジュアル俳優じゃないじゃないですか」
ソウル新聞 元記事はこちら

演技のためにならば自分の容貌を喜んで壊す俳優がいる。 <演技本座>と呼ばれる俳優キム・ミョンミン(40)だ。 新しい映画<ペースメーカー>(19日公開)で一生他の選手のペース調節のために走るマラソンランナーチュ・マノ役を担った彼は人工歯を装着してノーメークで熱演した。 去る4日ソウル、三清洞のとあるカフェでキム・ミョンミンに会って映画の話を交わした。




→人工歯のせいか全く違う人のように見える。

-不遇な家庭環境で育ったチュ・マノは自分の容貌まで気にかけることができないように思った。 チュ・マノを見て気の毒に走る「病気にかかった馬」の姿が浮び上がった。 人工歯をはめていれば歯に圧迫を与えるので歯が痺れたり唾をよく飲み込めないので発音がどもりがちになることもあった。 だが、「敗者」であるチュ・マノを表現するためにははっきりとして明瞭な発音よりも何か足りない無邪気な設定がさらに必要だった。

→ビジュアルはあきらめたようだったけど、画面にかっこよく出たいという欲はなかったのか。

-この前映画を見たが(私の顔を)本当に見られなかったよ(笑い)。 でも、私は本来ビジュアルで勝負する人ではないのではないか? スクリーンに私がどのように見えるかというのは重要ではない。 演じながら映画の中の人物ではなくキム・ミョンミンが見えればその人物に申し訳ない。 俳優はある人の人生を代わりに生きる代弁者なのに、万一私の間違いによってその人の人生が特別なものではないように映ったなら、職務怠慢ではないか。

→このような哲学のために‘演技本座’というニックネームがついたのか。

-(‘演技本座’という言葉を聞くだけで)身が縮んで、勘弁してくれと思う。 毎回映画広報チームにその言葉だけは抜いてほしいと頼むが、必ず入る。 そういう言葉が知らず知らずにアンチを量産する。 もちろん良い意味でおっしゃられるのは分かるが、演技について比較記事が載るのは嫌いだ。 演技は個人の好みであって比較するものではないと思う。 特に時々先輩からそのニックネームについて聞かれればとてもきまり悪くてプレッシャーになる。

→映画はマラソンで優勝候補の記録短縮のために投入されたペースメーカーの人生を描いている。 多少なじみがうすい素材なのに、出演を決心した理由は。

-マラソンはどんな道具も使わずに、ただひたすら体一つだけで一人で自分とのすさまじい戦いを克服しながら完走しなければならない競技だ。 それが私が演技をしてきた姿と似ていると思った。 特に先天的な右足の問題を克服して走らなければならないマノのように私も映画を撮ってバイクに脚が敷かれる事故に遭った後、慢性的な苦痛に悩まされた。 主人公と私と色々な面で似ていた点が多かった。

→誰かの勝利のためにいつも30km地点までしか走ることができなかったマノは結局自自分だけのためのマラソン完走に挑戦することになる。

-ちょっと陳腐な内容であるかもしれないが、私はシナリオを読んでとても気に入った。 事実この時代の大多数の人々は誰かのペースメーカーで生きていくのではないだろうか。 この映画は夢をあきらめたまま情熱を失って生きていく人でも常に何かのために目の前で挫折を味わわなければならない98%の普通の人々の話だ。 彼らにゴールラインで2%を越えることができる夢と希望を与えるというメッセージが良かった。

→今回本当に思い残すことなく走ったようだ。 マラソンの魅力が何か。

-もともとジョギングと登山が好きで、時間があるたびに南山を走る。 マラソンを完走した非公式記録も持っている。 登山をすれば雑念がなくなる反面、ジョギングは考えが多くなる。 走る間死にそうな死点を数多く体験して、そのたびごとに人生の大変だった頃の屈曲がパノラマのように過ぎ去って行く。 その死点を克服すれば歓喜が押し寄せてきて安静が訪れる。 マラソンが30代半ばを越えてこそ良い記録が出てきて、60~70代のおじいさんが完走経歴を持っているのも走りながら反すうすることが多いためだ。 だから人生とマラソンは似ていた。

→俳優としてマノのように誰かの背中を見て走らなければならなかったことはないか。

-演技は自分との問題なので誰かと比較したことはない。 だが、無名時代、辛かったことは多い。 監督が私のあやまちでないのに私に怒ったり、トップスターのせいで堪ったものを私に腹いせする時、人間として負けん気が生じたこともあった。 2002年から映画三編が続けざまにひっくり返った後すべてあきらめて海外に移民しようとしたりもした。 その時ドラマ<不滅の李舜臣>に出会ったし、俳優として30km以後を走ることができるようになった。

→とんでもない体重減量で話題になった<私の愛、私のそばに>に続き今回も非常にからだを酷使させたようだ。 ファンサービスの次元でも、もうちょっとかっこいい姿で出てくるつもりはないか。

-今回は毎日撮影しながら走って見たら自然に痩せたのだ。 ファンたちのためにかっこいい役をやるという考えはない。 ファンたちを本当に大切にするならば、自分が支持する俳優がどこに出ても恥ずかしくなくて、立派に‘ファン生活’を送っているという思いを植えて差し上げるのではないだろうか。

→去年の正月連休の時も<朝鮮名探偵:トリカブトの秘密>で興行的に成功した。 今回も自信があるか。

-ない。 映画がうまく行くのは基本だが、その後は私の手を離れるようだ。 運もついてこないといけないし…. 興行は人間の力でどうにかなるものではないようだ。

→これからやりたい役は。

-頭脳戦と心理戦の妙味があるスリラーが好きだが、理由ない殺人魔の演技はできない。 子供が成長していく中で父親の作品で影響をたくさん受けるためだ。 昨日も今回の映画を見た息子がず~っと泣き通しで家に帰った。 あ、、ロマンチック コメディは必ず一度やってみたい(笑).

キム・ミョンミンがインタビューの途中最も多く使った単語は「真正性」だった。 彼の作品選択基準はシナリオの真正性と監督があたえる信頼感だ。 彼はこの二種類だけ満たされるならばどんなキャラクターでも、どんな監督との作業でも関係ないといった。 今でもいつも身の程を見失わないようにしてくれと祈り、他の人々の評価より二段階降りて自分を見るというキム・ミョンミン。演技者として謙遜と真正性が彼を第一人者の席に座らせたのではないだろうか。 


ああ、この記者さんも「骨髄ペン」(骨の髄までファン、という意味)に違いない・・・^^



● COMMENT ●

いやいや いつも変わらぬ決意のお方です。
貫いちゃうのね。
言うと 余計 ミョンミン本座って言われちゃうんだけど~
恥ずかしくない”ファン生活”おくらせていただいてますよ。
演技者 キム・ミョンミンと出会えて私は幸せものです。
ジェハくん 大泣きしたんですね。
泣くよね~ そりゃ 泣くでしょう~ いい涙だったに違いない!

骨まで愛して~♪SAMTAさん今晩みょん

ソウル新聞のイ、ウンジュッ記者 骨までウリミョンたんをどうぞ宜しく!
>今でもいつも身の程を見忘れない様にしてくれと祈り、
 他の人々の評価より二段階降りて自分を見るというキム、ミョン ミンン
 演技者としての謙遜と信正性が彼を第一人者の席に
 座らせたのではないだろうか。

こんなキム、ミョンミンの役との対峙は真剣そのものであり
それを知る記者達も多い!
彼が嫌がるのを承知であえて聞くこの手の質問・・
聞くと言うよりインタビュアー自身が、言いたくて仕方ない様に見えるし
その事を肝心のご本人よりも誇らしく思えているようにさえ見える!

何時も帰ってくる答えは解って居ながらつい聞いいてしまうのであろう!
そして最後にドカンと!これでもか!と言う記事を残して
インタビューを終わるのだ!

アンチ演技本座を増やしもするだろう!
しかし、そんなアンチに意地でもキム、ミョンミンを
認めさせたいという心情が記事からほとばしっているではないか!(笑)

「私は演技本座だ!」と見え見えの人ならアンチは居ず、
ただ冷やかに馬鹿にするだけで、鼻にもひっ掛けて貰えないはずである!

韓国のネットを始め、映画やドラマ好きは、なまじの記者や評論家などよりも
厳しい目で彼の一挙一等速を見ている!

そう言う輩はあら探しの名人、気にしていたら限がないが
こんな輩のせいで命を絶つ芸能人さえ存在した!
キム、ミョンミンのプレッシャーも理解出来る

今度も人口歯しかり!キム、ミョンミンではない等!
何時も斜めに構えてクレームつける!
これだからファンの心配までして頂く事になるというものである(笑い)
「ケンチャナヨ!」ミョンミンさんが望んでいるペンは何かを
わきまえている人ばかり・・・

>俳優はある人の人生を代わりに生きる代弁者なのに、
 万一私の間違いによってその人の人生が特別の物でない様に 映ったら
 業務怠慢ではないか。

此処まで凄いキャラクターに寄せる思い入れは手を抜くことを許さない!
人口歯がこれだけの重みでのしかかる職業なのだ!

時折映画やドラマ、また本などを最初と、最後だけを観たり、
斜めに読んだりする人を見掛るが、それなら読んだり観たりしないで
ほしいと思う。
それが架空であってもその人生は、誰にもとって変わる事の出来ない
それも片道だけの尊い人生ではないか!

業務怠慢とはそうした人に対する限りない優しさを感じずにはおれない!


挙げて下さった映像で、道端に座り込んでいるマノの写真があるが
大好きな写真である!

この映画は老若男女が涙せずにはおれない映画だと思う。
私達の毎日の積み重ねの生活は陳腐である!
陳腐それこそが人生ではないだろうか!そんな事を思いながら
長い翻訳をして下さったSAMTA師匠に心から感謝を捧げた!
師匠有難う~!師匠!



SOONさん

感動よね。
私もちゃんとしたペンでいたい。
みょんたんに呆れられないように気をつけよっと^^;

わけもなく人をあやめるような役はやりたくないっていう話。
ああ、そうなんだやっぱり。
だから「アジョシ」ではなくて「破壊された男」を選んだんだな、
って超納得しました(^Д^)

小学校1年生でも大泣きするのね。
大人から子供まで。
純粋な人ほどこの映画は心に響くんじゃないかな。

あれ?大丈夫かなあ・わたし。
身を清めてから映画館行こう~っと!

リデア姐さん

あれ?キャラ、ちょっと変わりました?^^
昭和の弁士みたいになってきました?
ハハハ。
右手に扇子持ってません?

ポポンポン!

>聞くと言うよりインタビュアー自身が、言いたくて仕方ない様に見えるし
>その事を肝心のご本人よりも誇らしく思えているようにさえ見える!

わわ、もうその通りですね。
記者さんたち、みょんたんが誇らしいんですよ。
この記者さんの文章もものすごい気合と愛情が感じられます。

それ以上にリデア姐さんのコメントはすばらしいです。

私たちの日々の生活は陳腐だ!
そうです。そのとおり。
平凡で、秀でたことなんてないし(私の場合です^^;)

でもその中で夢を捨てずに貫き通す
勇気を持て!っていうマノの一途なメッセージが
聞こえてくるようです。

演技本座キム・ミョンミンにとってマノという人は
忘れられない人になったに違いないですね。
この映画はみょんたんの代表作のひとつになるかもなあ。

ああ、韓国でともかく大jヒットして
全世界で1日も早く上映してほしい!





眠くなると弁士風にカメレしちゃうのよ~@

師匠もうねんね~お休みでごじゃる~ZZZZZ

リデアさん

私もそろそろ寝ます~^^
また明日~
お休みなさ~いzzzz

最近のインタビュー記事拝見すると、本当に感動でうるうるしてしまいます。
以前に見せていただいた不滅の李舜臣受賞あとのお手紙のコメント・・・・何度読んでも、途中で涙・涙になってしまうのです。
不滅の李舜臣に出会って、俳優として30Km以上走れるようになった、、って部分でもうだめ・・・・・
リデアさんのコメントにも感動です。

ミョンたんペン(記者さんも)最高です♪

私もアジョシを選ばれなかった訳、納得しました。
ありがとうございました。

横レスごめんなすって!

このみさ~んお晩だみょーん

このみさんも舜臣さまが大好きとお聞きしました^^
MMI舜臣さま部でご一緒でしたね(*^_^*)

師匠に頂きましたお手紙は宝物ですよね!
誰でもが持っているものではない、貴重なものですもの!

アジョシはウォンビンの為にある様な映画でした!

ミョンミンさんがチョイスする作品て何度も何度も観たくなる
作品なんですもの・・・
そういう意味でもどうかな?と思ったんですよ

「ペースメーカー」は未だ見てませんが絶対に何度も観ちゃう
作品ですよね^^

「不滅の李舜臣」104話なのに何度も観ちゃって・・・
将軍さまに嫌われるんじゃあないかと心配な位です(笑)
ミョンミンワールドは不滅ですねi-235




涙もろい このみさ~ん♪

>不滅の李舜臣に出会って、俳優として30Km以上走れるようになった、、って部分でもうだめ・・・・

わたしもそこでグサッとやられましたv-40
フラフラです・・・(^^ゞ

今回の一連の記事は映画のコンセプトもあると思うんですけど
映画全体のイメージ、ミョンミンさん自身の役者人生、それらが
インタビューの内容にうまく照らされて
一体化してますね。
ミョンミンさんもマノの感情で答えているような気もするし
感動につぐ感動です。
映画見たらいったいどうなってしまうのか・・・
自信がありませんv-35

リデアさん
私も横から・・

そうですね。みょんたんの映画は何度でも見たくなる
重厚で深い作品が多いですね。

この映画もきっと繰り返しみちゃう映画だと思います。

リデアさ〜〜〜ん☆☆
ご挨拶遅くなってすみません。
コメントにレスいただきありがとうございます(*^。^*)
MMI舜臣さま部!! そうですよね〜〜〜
とにかくチャングン様が大好きです。

本当に何度も何度も観たい作品ばかりです。
あ・・・・私はホラーはどうしても苦手で、しかも何もなくても夜に鏡や窓の外を見られない恐がりですので、ミラーだけはまだ未視聴です。
後はDVDとして手に入るものはだいたい見たと思います。ちょい役のミスターQや美しい彼女も見ました(^○^)
ペメもどんどん期待が高まって、実際に見たら感極まるでしょうね〜〜〜

このみさん
ミラーまだご覧になってないんですか?
そんなにホラーではなかったような・・・(^^ゞ
ま、個人の見方って違うので。
私は、ミラーよりも、リターンの方が怖かったですね・・・

ミスターQまでご覧になったんですか?
すごい~!
アッパレ~♪


管理者にだけ表示を許可する

爆笑インタビュー☆キム・ミョンミン「客引き」で御用!? «  | BLOG TOP |  » インタビュー:私も財閥2世演じたい(マイデイリー②)

어서 오세요

V,I,P, 2017 8月24日大公開!

キム・ミョンミンさんへのファンレター宛先

☆ファンレターはこちらへ☆

KMM with Heart200

(우)135-889 서울특별시 강남구
도산대로17길 19
(신사동 543-11) 온암빌딩 302호
MM ENTERTAINMENT 김명민님
ソウル市江南区島山大路17通19
(新沙洞543-11)温岩ビル302号
MMエンターテインメント
キム・ミョンミン様

プロフィール

SAMTA

Author:SAMTA
横浜在住
韓国ドラマ・映画好き
韓国俳優キム・ミョンミンさんの
カンマエに嵌ったのが2009年5月。
それからミョンミン道一筋です☆
韓国語、韓国料理など韓国文化全般に
興味があります。☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

はじめてのご挨拶 (1)
김명민 キム・ミョンミン (273)
インタビュー翻訳 (5)
朝鮮名探偵3 (4)
물괴 物の怪 (3)
V.I.P (47)
하루;一日 A Day (41)
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙 (72)
판도라;パンドラ (29)
조선명탐정2;朝鮮名探偵~消えた日雇いの娘~ (58)
히말라야ヒマラヤ (10)
간첩 カンチョップ(スパイ) (53)
연가시:ヨンガシ (86)
페이스메이커:ペースメーカー (116)
명탐정;朝鮮名探偵トリカブトの秘密 (84)
파괴사破壊された男 (77)
내사곁 私の愛 私のそばに (37)
소름 鳥肌 (6)
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ (337)
六龍が飛ぶ 人物紹介 (4)
六龍が飛ぶ 単語復習 (10)
六龍が飛ぶ あらすじ (44)
六龍が飛ぶ 鄭道傳の生涯wiki翻訳 (5)
개과천선:改過遷善 (184)
드라마의 제왕; ドラマの帝王 (172)
「ドラマの帝王」日本語字幕を楽しむ (18)
베바 ベートーベン・ウィルス (37)
거탑白い巨塔 (11)
불량가족不良家族 (13)
불멸不滅の李舜臣 (61)
꽃보다花よりも美しく (4)
ファンミ☆モイム (61)
「赤い糸伝説」청실 홍실 (51)
韓国料理☆한국 음식 (4)
韓国をたどる旅 (49)
韓国語 (14)
韓国映画・ドラマ (33)
ウリケースケ (6)
日常 (40)
その他 (62)
未分類 (0)
コツコツ翻訳 (19)

アーカイブでクラウド

もうひとつのつぶやき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター