항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
페이스메이커:ペースメーカー

インタビュー:人工歯、反対も多かった"(マイデイリー①)




ペースメーカー キム・ミョンミン"人工歯、反対も多かった"(インタビュー①)

'演技本座'とも呼ばれるキム・ミョンミンが演技のために人工歯まで着用するという話を聞いた時、'あえてそこまでしなければならないか'という考えが先に入ったのが事実だ。

彼ならばパッと目につく外的な変化なくとも十分に変身ができたはずなのに。 なぜあえて。 しかし映画<ペースメーカー>を見た後、人工歯が少し厚い役割をしたということが分かった。 愚鈍になった顔は黙黙と自分の人生をかけてきたチュ・マノにマッチしたし装置のために愚鈍になった発音まで彼と似合った。

4日ソウル、三清洞で会ったキム・ミョンミンは"人工歯に対しては賛否の立場が分かれた"として"発音が最も大きい理由だったが私はチュ・マノという人物と明確な発音は似合わないと考えた。 もちろんあえてそのようにしなくても済むということだった。 だが、正解はないことでひたすら俳優の選択だと言う意外に…"と語った。

猛烈に分かれた賛否の立場の中で選択をしただけ責任は彼の持分だった。 "私が我を張ったこととかすべての責任は私にくるだろうなあと思った。 それだけセリフの伝達に神経を多く使わなければならなかった。 伝達力あるどもりがちな発音、ぴったりその線を探そうとしたのだ。 緊張もたくさんしただろう。 演技をするといつも録音技師のところに走って行って'発音はどうだったか'と再度尋ねてチェックした。"

事実彼は他の人々には見えないわずかなディテールまでもみな準備する俳優で有名だ。 わざわざ準備するというより完全にその人物に扮し演技に臨むので自然にそうなるようにも。 '不滅のイ・スンシン'での有名な事例はイ・スンシンが銃によって負傷した後からは肩の一方を下げて演じた。 監督が別にディレクションしたのでもないのにかかわらず、彼は座っている姿勢一つにもすべてに神経を使ったのだ。

そのように人物で完ぺきに演じきると抜け出すのに時間は他の人々よりもっとかからないだろうか?

"もちろんそうだ。 愛する人と濃い恋愛をした後その人を送る時の空しさを感じる。 うつ病になったり精神的にとても大変だ。 だが、失恋にも時間が薬になるように私もやはり時間が薬となる。 また、新しいガールフレンドを紹介させることが失恋を克服する方法になるように私も他の作品に会うやり方で解消する。"

恋人という話が出て、今回の作品でキム・ミョンミンとコ・アラのわずかな(?) メローラインも登場する。

彼は"メローだと言わなければなりませんか"と言いながらも"今回の作品を足がかりにこれからはそのような形(若い女優とのメロー)で行ってみるつもりですよ"と冗談を言ってみたりもした。

演技本座、キム・ミョンミンの名演技を再び見ることができる<ペースメーカー>は来る19日公開する。


元記事はこちら


2012010513273727894_133605_1.jpg


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。