FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
불멸不滅の李舜臣

2005.7.24 キム・ミョンミン ほのかに光る真のスター☆

モッチンスンシナ~ モッチョ~!

すが、大衆文化専門記者と言うだけあって、なかなか良い記事書いてくれています。

特に強調したい部分はですね、

反逆者の息子として屈辱の人生を過ごした若い日々の「悲しみ」と、
水軍統制使として軍と民に信望の厚い将軍として(省略)白衣を着た時の「悲しみ」の外観は同じではあるが、
彼が表現する2つの「悲しみ」は、はなはだしい違いがあった。(省略)これは最近若い演技者にはめったに
見ることができない演技のスタイルだ。
それほどキム・ミョンミンは進化している。」


そしてもうひとつ。

「彼がいるから<不滅の李舜臣>での李舜臣の真正を感じることができるのだ。」

いやあ、そうでしょう、そうでしょう、記者さん。
ミョンたんの演技は本当に毎日、毎時、毎分、毎秒、「真の俳優」として進化しているのです!
そして、この「不滅の李舜臣」の李舜臣は
ぜったいにキム・ミョンミンでなければならなかった!ということです。


しか~し!ただ1点。いただけない個所がございます。プンプン!
「現代劇での彼の演技は硬く、感情の幅の調節がすごく狭かった」ってねえ。あ~た。
何ご覧になったのかしら?え?あとで思いっきり持ち上げるからとりあえずちょっと低い評価も書いとくか、
みたいななんとも説得力ないコメント。
でも、全体としては非常に良い記事なので をあげます。


<おまけ>
この은은함(ウンヌナム)という言葉ですが、日本語にするのがちょいと難しかったです。
辞書には「遠くから聞こえる音がかすかな様。」などとあります。
光が燦然と射しているのではなく、雲の上からほのかに光って見える、っていうイメージなんでしょうね。
ともかく、こういう読み応えある記事を読むと、ファン冥利に尽きますね☆

老将の苦悩


김명민 "은은함으로 빛나는 진정한 스타"
キム・ミョンミン ほのかに光る真のスター
2005.7.24 ペ・グンナム 大衆文化専門記者@マイディリー


元記事はこちら


放送社ドラマ制作環境が変わろうと、出演料が上がっても依然若い演技者達が避けるのが時代劇だ。
なぜなら現代劇と異なり時代劇は演技において演技者の多くの努力が必要で、長期間放送されるためだ。
そして数多くの人々が一緒に作業することで、何よりも自身を譲る気持ちが必要だ。そのうえ爆発的な反応も
得ることが難しい。もちろん最近トレンディ時代劇出演で時代劇を通して人気を集めるスターが輩出されるが、
伝統的時代劇の場合はそうではない。このために若いスターたちは時代劇を避ける。

しかし日本の場合は我々と異なる。日本NHKの大河ドラマはKBS大河ドラマの歴史よりも古い。そして日本の
演技者たちはこの時代劇に出演することを自分の演技人生の中で誇りに思うほどこの時代劇出演のステイタスが高い。
若いスターたちも同じだ。

伝統的時代劇を標榜するドラマは現在一遍<不滅の李舜臣>が放送されている。20%台の視聴率を記録しながら
良い反応を受けているが、<私の名前はキム・サムスン><海神>のような爆発力はない。
しかし<不滅の李舜臣>は新しい李舜臣像を視聴者に刻みこみ、多様な実験を試みる時代劇として評価を受けている。

今日の<不滅の李舜臣>は数多い助演とエキストラたち、スタッフの汗が作りだした産物だ。
その中で一人、燦然とではないが、ほのかな光を放つスターがいる。主役を引き受けているキム・ミョンミンだ。
彼は長期間放送される中で起こりうる演技ペース調節の失敗を、演技に対し真摯に誠実に取り組むことで克服し、
状況に合わせた李舜臣の人間的側面を表現している。

彼の演技は時間を追うごとに巧みになり成熟感をブラウン管から見せてくれている。
現代劇での彼の演技は硬く、感情の幅の調節がすごく狭かった。実に半固体のような演技スタイルだった。
しかし李舜臣での彼の演技は状況に合わせてとてつもない絵を描く柔軟な水のような演技者になっている。

彼が反逆者の息子として屈辱の人生を過ごした若い日々の「悲しみ」と、
水軍統制使として軍と民に信望の厚い将軍としているが、宣祖のねたみを買い、臣下たちの計略により
反逆者として追われ、白衣を着た時の「悲しみ」の外観は同じではあるが、彼が表現する2つの「悲しみ」は、
はなはだしい違いがあった。
民の心の痛み、将軍としての責任感と朝廷に対する怒りが積み重なり後者の悲しみを描きだした。
これは最近若い演技者にはめったに見ることができない演技のスタイルだ。
それほどキム・ミョンミンは進化している。

演技者であればだれもが爆発的な人気を受けて大衆のスターとして浮かび上がることを願うものだ。
しかしもっと重要なことは演技者としての生命力と競争力を備え、大衆のそばを見守る演技者が真の芸能人で
あるだろう。
芸能人たちはインタビューをすれば大部分はこのように言う。「スターというよりも俳優になりたい。」
この言葉には演技力を備える真の役者になりたいという意思がこめられている。
しかしこの言葉を言った俳優の中で、人気よりも演技力を追求する姿を見せる俳優がどれだけいるだろうか。
要するにインタビュー用コメントである場合が大部分だ。
その言葉が実践に移される時、俳優になるのだろう。キム・ミョンミンは<不滅の李舜臣>でその実践を見せて
くれている。

彼がいるから<不滅の李舜臣>での李舜臣の真正を感じることができるのだ。
良い演技者はブラウン管の中のキャラクターに生命力を吹き込み、ブラウン感の外の視聴者にそのキャラクターの
真正を感じるようにしてくれる演技者だ。
キム・ミョンミンはそのような良い演技者になるために努力している。<不滅の李舜臣>で彼の努力が窺えるためだ。
彼は今大衆という空の上に見え隠れする光を放つスターになっているのだ。

ペ・グンナム 大衆文化専門記者@マイディリー

17 Comments

ルピナス says...""
SAMTAさん☆あんみょん

「彼がいるから<不滅の李舜臣>での李舜臣の真正を感じることができるのだ」

まさにその通りだわ
若い頃の初々しいスンシンもすごく好きなんだけど
壬辰倭乱が始まってからのスンシンは圧倒されるよね
誰もがスンシンはミョンミンさんで、ミョンミンさんがスンシンと思ったでしょ
それほど有名ではなかった若手の俳優がここまで演じるって本当に驚きだったでしょうね

人気よりも演技力を追求する姿を見せる俳優って
ちゃんと見てる人は見てるよねー
嬉しい
で、スンシン以降は人気もちゃんとつかんでるんですけどね(笑)

それにしても、この2枚の写真
ホントに若いし、ホントに貫禄があって
やーーー、凄いですーーー☆
2010.04.01 00:08 | URL | #/ziU86Hc [edit]
happa says..."いやー。。。いかんです!"
やっぱりスンシナは口元がキュート過ぎて。。。ついそちらに目がいってしまう。

ミョンたんの演技はボディーブローのようにジワジワきいてくるからね~。
気付いたときにはノックアウトよ!

この時点でダルゴンもジュンヒョクもましてやカンマエも見てないわけだから。
まあ、現代劇うんぬんもおおめにみてあげましょう。
多分、いまごろは「変な事言っちゃったな」と、記者さん反省してるんじゃない?

「彼がいるから<不滅の李舜臣>での李舜臣の真正を感じることができるのだ」

この言葉は胸にズシンときました。
まさしく、この作品の回を重ねるごとに私たちが感じていることだよね。
ウリペウとして本当に誇りに思える。
ミョンたんに出会えて最高!!

FCでブログ紹介してきました~
何か不都合があれば連絡くださいね。
2010.04.01 02:41 | URL | #6ofxms1w [edit]
niko says...""
こんにちは(^^)

”彼の演技は状況に合わせてとてつもない絵を描く柔軟な水のような演技者になっている。”

ほんとにその通り!!それは現代劇でも一緒ですからっ!!
ってこの記者さんに言いたい~!!

ウンヌナム「遠くから聞こえる音がかすかな様。」
なるほど~。ミョンミンさんはすごいパワーとカリスマを持っているけど、ギラギラした感じでもないし・・・
柔らかいけど確かなオーラを感じます。

あ~ほんとに素敵なウリペウ・ミョンミンさん(><)

クランクアップ等、情報ありがとうございます☆
いろんな報道が出てくるのが楽しみですね♪♪
2010.04.01 12:35 | URL | #Q/8iztR6 [edit]
まりこ says...""
SAMTAさん、こんにちは♪
将軍を絶賛している記事や皆さんのコメントを拝見していると、
ミョンミンさんがいかに将軍と同化していたか、そのすごさがよく分かります。
あぁ、いつかこのドラマも観なければ!
今日も小生とか言ってる一兵卒から伝言を預かっております。
『大尉、お疲れ様です!
 ファンなら何枚目とか言ってはいけないのかもしれませんが、
 この一枚目はマジで鼻血が出そうでヤバイのであります!!
 この記者は「現代劇での彼の演技は硬く、感情の幅の調節がすごく狭かった」
 と抜かしておりますが、とんでもないのであります!
 例の作戦でミョンミンssiにどれだけウルウルきていることか!
 この発言を取り消せないのなら、
 その記者を簀巻きにして海に、いや土に還してやりたいくらいであります!
 しかしすごいのは、大尉が은은함(ウンヌナム)という言葉を
 “ほのかに光る”と訳されたことであります!
 最近作文の難しさを痛感しておりますが(笑)、この訳はスゴイのであります!
 いつもいろんな記事を翻訳してくださってありがとうございます。
 小生も地道に頑張ります! 以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ』
2010.04.01 15:56 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
ルピナスさん あんみょ~ん☆

ほんと凄いですよね。
若干32歳ですよ。この時。

信じられません。
ミョンミンさんって長いドラマが一番似合ってるんじゃないかしら。
本人は大変かもしれないけど。

また1年くらい、いやいや半年くらいの渋いやつ出てくれないかなあ。。。^^
ファンは欲深い・・・(^^ゞ

あ、スンシンVSタルゴンアップありがとござんす(*^^)vサイコ~!
2010.04.02 20:57 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
happaさん あんみょ~ん☆

ほんとイカンですよ。開けるたびに「ドキッ!」としております。
はは、自分で写真上げといてねえ。(^^ゞ

この青年スンシンの写真ってほんとに胸がキュンとしちゃうくらい
いろんな感情が混ざり合ったものすご~く良い表情なんだけど、
老将スンシンの表情とも全然違って、もっと正義感に熱く燃えた感じなのよね。
たったの2枚の写真だけで彼が卓越した演技力を備えた俳優であるということを
証明しているようにも思えます。

ミョンミンさん ファイティ~ン!!!
あ、ブログ紹介ありがとうございます。

がんばって楽しく盛り上がって行こうと心新たにしちょります^^

2010.04.02 21:05 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
nikoさん あんみょ~ん♪

本当にミョンミンさんはどんな役でも「水」のように柔軟に合わせることができるんですよね。
以前ご紹介した「KBSジャーナル」でも自分の体の奥のほうに柔らかい水が流れている、
とおっしゃってましたもんね☆

現代劇でも柔らかいのにね~^^
記者さん、違う人の演技みたんじゃないのかな~^^


2010.04.02 21:09 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
まりこさん あんみょん☆

オモモ・・・
小生とやら鼻血ですか!
それはいけませぬ。
「ほふく前進中」に鼻血はつらい!

記者さん 簀巻きにして土に!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
グッド!

今度韓国行くときまで、記者さんの名前覚えておきますわ。(^_-)-☆


2010.04.02 21:13 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
リデアさん あんみょん☆

いいでしょ~、この2枚。
もうねえ、パソコンの前で悶絶状態でした(^^ゞ

>これで移民でもしていたら・・・と思うと鳥肌が
>立つ僕!大韓民国芸能界の大損失だった事だと思う
わたしも同感でごじゃいます。
ほんとに大損失!
ミョンたんがいなかったら、
この不滅も、あの白い巨塔も、そしてあのベートーベンも
存在しなかったのであります。

でもねえ、悲しいかな、日本での認知があまりにも低いのですよね・・・・
こんな凄い韓国俳優を知らずして、韓流を語るべからず!ですよね☆
2010.04.02 21:39 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
リデアさん あんみょん☆

楽しんでいただけました?
韓国ペンたちってホントにドラマの楽しみ方が上手ですね。
笑えます~☆

ご主人さまにもよろしくです^^
2010.04.02 21:42 | URL | #- [edit]
まりこ says...""
私からも一言お礼を申し上げます。
ルピナスさんのところでは面白い記事をありがとうございました。
一兵卒も『わ~い☆( ̄▽ ̄)』と喜んでおりました。
ていうか、このときの魔王が32歳!?し、信じられない!!
それより今年に入ってから魔王を知ったと言う事実が信じられないと
言われるかも(恥)
本日も小生とか言ってる一兵卒から伝言を預かっております。
『大尉、お疲れ様であります!
 確かに進軍中に鼻血はきつかったのであります!
 今日はこの場をお借りしてリコメさせてください。
 リデア殿、小生にもお気遣い頂きありがとうございます!( ̄ー ̄)ゞ
 現在、辛くも魔王に土に還されることなく 
 なだたる武将も真っ青なハイスピードで
 ほふく前進を続けているところであります!
 貴殿の旦那さまがオ・ダルゴンファンとのこと、
 あのタルゴンの魅力にはまってしまうという、
 そんな方を夫に持たれているとは・・
 かぁ~っ!羨ましくて仕方がないのであります!
 どうか旦那様にもよろしくお伝えください。
 以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ』
2010.04.03 23:05 | URL | #- [edit]
まりこ says...""
こんにちは☆再度お邪魔しております。
今日も一兵卒より伝言を預かっております。
『リデア殿、返コメを頂き恐縮であります。お返事を催促してしまったようで、
 申し訳なく思っております。
リデア殿には小生を心配して頂き、忝いのであります!( ̄ー ̄)ゞ
 小生はベバで一度大変な目に遭っているので、かなり気合いを入れて前進しております。
 小生ビックリしたのでありますが、リデア殿は鋭いお方でありますね~!
 これまで何度か危うい目にあったこともあります。最後まで気を抜かず、
 前進したいと思うのであります。
 
 旦那さまのお話、小生もふきだしてしまったのであります!何ゆえチラ見されるのか・・
 摩訶不思議であります☆いずれにせよ、いい旦那さまでありますねぇ。
 小生、やはり羨ましくて仕方ないのであります!外出が叶わないにも関わらず、
 ミョンミンssiのために尽力されようというその志はすごいのであります!
 キム・ミョンミンは韓国が誇る偉大な俳優であります。いつの日か、リデア殿の想いは
 必ず報われると思うのであります!じきゴールデンで「アイリス」が放送されますが、他局も
 ベバを地上波で放送すれば良かったのであります。あんな強烈なドラマが
支持されないわけがないのであります。明らかにTV局の失策であります!
 
 それから、「魔王」のことを教えて頂きありがとうございますm--m
 小生、勉強不足でまったく知らなかったのであります!復活祭のことも勉強になったのであります。
 確かにあの言葉は良くないものを連想させるので、直ちに変えたいと思うのであります!
 我々を撃沈させるあのお方を何とお呼びするべきか・・・すぐには思いつかないので
 当面は「王」と呼ばせて頂きます( ̄ー ̄)ゞ
 ちなみに小生、偉大な将軍の下にいつかは馳せ参じたいと思っているのでありますが、
 ベバ並みの危うさを感じ、かなり躊躇しているのであります!
小生は偉大な王に魔法をかけられて生まれた一兵卒であります。
いつの日か同胞のみなさまとお会いできたらいいなぁと思っているのでありますが、
あまりにもキャラが違いすぎてガッカリされそうであります(笑)
でありますが、周りに王のファンが皆無の中で、大尉やミョンミンssiを
愛される同胞の皆様とこうして集えることを小生はとても幸せに思っております。
 小生の方こそいつも楽しませてもらっているのであります。
 どうぞこれからも、一兵卒をよろしくお願い致します。
以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ』
2010.04.06 16:11 | URL | #- [edit]
リデア says..."削除"
?一兵卒殿
僕の貴殿宛コメ長文故に削除させていただきもうした~SAMTAさんのPCが重くなるのでござる
乞う了解
2010.04.08 02:01 | URL | #OLhGMFnQ [edit]
SAMTA says..."急ぎ!"
リデアさん おはようございます~。

PCが重たくなるのはこちらのサーバーの問題で、リデアさんの
コメントのせいでもなんでもありませんので~

時々凄く重たくなるんです。
気を使わせてしまってすみません!

これまで通り愉快で心温まる、時に鋭い!コメントをお待ちしております<m(__)m>

みなさまへのお返事は追って!
取り急ぎ~
2010.04.08 07:21 | URL | #- [edit]
リデア says..."m(__)m"
SAMTAさん☆アンミョン

こちらこそ本当にミヤネヨーお忙しいのに・・
僕のコメ何時も長くて、反省してるのに直らない!
?一兵卒殿にもご迷惑をお掛けしております。

お仕事もあり、翻訳等で24時の倍あっても足りない
でしょうに・・。私達の為にルビナスさんとお二人には
心から感謝致しております。コメ急がないで下さいね
要領よくコメいれる練習もしなくてはね・・
息子にも長いとメール叱られてます。m(__)m(は~と)
2010.04.08 10:14 | URL | #- [edit]
まりこ says...""
SAMTAさん、リデアさん、こんにちは♪
そもそも私の追記が原因なのに、
リデアさんにはお手数をお掛けしてしまって
申し訳ありませんでしたm--m
私ももっと簡潔に入れられるよう修行します!
またお邪魔します~☆
2010.04.08 14:16 | URL | #- [edit]
SAMTA says..."ちょ~笑えます^^"
リデアさん まりこさん 一兵卒さん??

面白いです。サイコー!
長~いコメントどんどん書いてくださいまし。
楽しみにしてるんですよ~。

ベバの地上波!NHK放送!やるべきだ~!!!

2010.04.10 00:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。