항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
내사곁 私の愛 私のそばに

『私の愛、私のそばに』あと2週間☆

テレビ朝日宣伝

『もう僕は何もできない。君に触ることも・・・』

今日のお昼休み、いつものようにデスクでお弁当を広げつつ
ネット、メール、Twitterのチェックをしていましたら、
lunaさんの「今日18:38~テレ朝系で「私の愛、私のそばに」が・・・」
というツイートが飛びこんできました!
発信元はヤマタネさん。その2ですね☆コマスミダ~

もう録画のセットはあきらめたけど
ともかくルピナスさんにお知らせしなきゃ!
とあわててメール。

さっそくルピナスさんが『速報!!』記事をアップしてくださいました(*^_^*)
さすが!早業師ルピナス殿でごじゃいます。
手際いい~


「私の愛、私のそばに」公式サイト(右メニュー上から飛べます)の右側に「ALS」に関する窓があって
そこをクリックすると、日本ALS協会へのリンクが貼られています。
その中に、リンク集というメニューがあり、
「インターネットで広がる世界-患者さんのページ-」の中に
篠沢学習院大学名誉教授HPアドレス(←クリック)があります。

篠沢教授といえば、クイズダービーで名回答でとっても人気のあった先生ですよね
私も大好きでした^^

2009年2月に難病ALSと診断され
現在奥様の献身的介護のもと、自宅で難病と闘っていらっしゃるそうです。
奥様もブログをさていますが、
「韓国映画の取材があって・・・・」とありました。

私は仕事中でしたが、まあ、18時も過ぎていたし
ちょっと休憩という感じで休憩所のTVの前でスタンバイして
視聴することができました。
「篠沢教授のALS闘病」がメインでしたが
途中、この写真のシーンが(他にも出たかもしれないけど覚えてない^^;)
紹介されて、思わず「おっ!」と叫びそうになりました^^

ナレーションは「難病にかかった男性と彼を献身的に支える女性のラブストーリー(?)」だったかな?
もう画面にくぎ付けで、よく聞こえません。
確かに20秒ぐらいだったと思います。

篠沢教授の奥様もこの映画をご欄になられたとのことでした。
☆教授の奥様 篠沢礼子様のコメントが
「私の愛、私のそばに」公式HPにアップされています!
こちら⇒コメント
あ、それから今気が付きましたが、日本ALS協会理事の方のコメントも!

最初は自宅で介護ができるとは思わなかったそうですが
お医者さん?から、「愛があればできます!」と言われて・・
「できないって言えなくなっちゃいました。^^愛がないって言われるから・・^^」
と笑ってお話しされてました。
篠沢教授は話すことはできませんが、ゆっくり文字を書いたり、パソコンの操作は
ご自分でできるようです。
本も出版されたりされてますし、今はフランス文学の翻訳も続けてらっしゃるとのこと。
すばらしいです。
難病にへこたれることなく、明るい奥様と二人三脚。
クイズダービーの頃のかわいらしい笑顔そのままで
前向きな姿に感銘を受けました

どうかお大事になさってください
そして少しでも長く奥様と一緒でいられますように・・・・・


2 Comments

小豆 says..."私なら、どうするのかな?"
SAMTA様、あんみょん♪

今ですね~~

グシグシ泣きながら書いてます(笑)


素敵なご夫婦ですよね~(^-^)
なんて前向きなんでしょう!!



私は仕事柄、寝たきりの人のお世話がどれ程大変なのかを
少しは知っています…

病院であれば、時間から時間なので
頑張って介護も出来るでしょう


自宅介護を選ばれた時……もちろん愛情も、自宅で過ごさせてあげたいという思いやりの気持ち


沢山あったと思います
(愛があれば…そう言われたら断れないですもんねぇ^^)


でも、最終的な奥様の凄さは[覚悟]なのかとも思いました。


自宅に戻れば夜も昼もなく、ゆっくり過ごす事も慣れるまでは、ままならないでしょう
未知の世界ですから、不安も多い


相手の全てを受け入れる、最後まで見届ける、大変な事より、なにより一緒に居る

これらの[覚悟]………


もちろん、覚悟をさせたのは2人の絆と愛情でしょうね…
暖かい気持ちになります。


そんな事を思いながら記事を読んでいたんですが

最後の[少しでも長く一緒に…]で

思わず泣いてしまいました


SAMTA様の優しい気持ちが
この一言に詰まってる気がして


そう、時間は待ってはくれない現実がありますが

このお二人が、一分一秒でも長く幸せで
笑顔を交わせるように………
心からエールを送りたいと思います!



はは……何書いてるか分からなくなってきた
( ̄▽ ̄;)

すみません、長い上にまとまりがなくて
2011.01.22 02:30 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
小豆さん あんみょんです♪

ありがとうございます。
自宅での介護
本当にそういった覚悟が必要なんですね。


実は、こういった難病で闘病されていらっしゃる方や
ご家族の方に「
なんと声をかけるべきなのか迷います。


「がんばって」という言葉が負担になると
聞いたこともありますし。


ただ篠沢教授の奥様が、
とにかく生きていて欲しいとおっしゃっていらしたので
お二人が強い愛情で結ばれているんだなあ、
と感じました。


「私の愛、私のそばに」のテーマがまさにそこですよね?
監督は「愛する人をそばに置くことが愛だろうか、
見送ることが愛だろうか」
そこから出発した、という監督のインタビューを思いだしました。



深いですね。
愛ってなんだろ・・・・



ミョンミンさんならなんて答えるかな・・・・(*^_^*)
2011.01.23 23:12 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。