FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
장사리 9.15 長沙里9.15

名優は知っている。家の価値

202003161525627100_2.jpg

テキなリビング~♪

っていうかもう見飽きましたわ。
俳優さんは演技のお仕事で記事にならないとねえ。
いったいどうしているのか、と思ったらこちらの記事。
また新居の記事かと思ったら
最後の一文。
ん?次回作の選定に心血を注いてる
サッカーの映画はなくなったのかしら。。。
ま、ともかく早く誰かの人生を演じる姿を見せください。
(ドラマがいいな)
でないと、みんな忘れちゃうよ~(*_*)

名優キム·ミョンミン、家の価値を知る男
俳優にとって"家"とはどんな存在だろうか。 必然的に多くの人々に露出されてしまう俳優にとっては、少し特別な空間かも知れない。 華やかなスポットライトと俳優として注がれる賛辞、そして集中などを後に回して、自分だけの空間で休み、自分を探せる場所。 居心地の良い場所、人々の視線を気にせず自由を享受できる場所が家だろう。

そのため"職人"で有名な俳優の多くは余暇時間の大部分を家族と一緒に過ごす場所は、いわゆる"マイホーム"である場合が多い。 そして、それはブランド俳優として名を馳せているキム·ミョンミンも同じだ。

キム・ミョンミンは、放送界では有名な"引きこもり型"だ。 演技に没頭し、配役に集中する彼の特性上、特に趣味がないのも、外での活動よりは、撮影の日を除いては、自宅で家族と一緒に過ごしながら、癒しの時間を持つことで有名だ。

そのためか。最近、キム·ミョンミンはルガーデン"ザ·メイン"の漢南に引っ越した。 家に対して格別な意味を与えている彼が引っ越した理由は何だろうか。

新居に引越しする際、キム·ミョンミンが最も重要視したのは厨房だった。 いつの間にか思春期に入るほど育った子どもと無名時代から今まで自分のそばを守ってきた大事な妻との幸せな時間を過ごす場所だからだ。

そのため、彼は入居しながら、米カリフォルニアの職人ブランド"テイコ"というキッチンに深い感銘を受けた。 "テッククラフト(TechCraft)"、つまり職人精神と革新技術の結合という企業アイデンティティの下、厨房の可能性を拡張してきたブランドは家の品格はもちろん、生活の格調まで高めているという評価を受けている。

漢江周辺の美しいビューを背景に建てられたテイコの厨房に、キム·ミョンミンは、インダクションはもとより、アイルランド、テイコの食器洗浄機などを追加して、従来のインテリアと組み合わせることができるようにした。 すべて計画になかったものだったが、"夢の厨房"のためにすべてキム·ミョンミンが直接選択したのだった。

加えてリビングには家族がゆったりと時間を過ごせるように、一字型のソファーやベンチ、そしてアームチェアを配置するなど、快適で楽しい"家生活"のために多くのことを投資したという噂だ。

家で多くのエネルギーを得るキム·ミョンミンは昨年映画"長沙里:忘れられた英雄たち"を最後にしばらく息抜きをしながら次回作の選定に心血を注いでいる。 大切な家族と一緒に過ごす新しい居場所に移った彼の今後の行方がさらに注目される。



そういえば、長沙里は公開されましたが、、5月1日からはヒューマントラスト渋谷、5月15日からはシネ・リーブル梅田でも公開になるそうです。
そのころにはコロナ終息してますように。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。