FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
장사리 9.15 長沙里9.15

長沙里-忘れられた英雄たち 公開初日観客動員1位!

セクションTV
本日23:30~ですよ。セクションTV

りあえず1位でよかったですね。
ほっとしました・・・・
が、
スクリーン数1000以上あって
初日10万人というのはちょっと物足りないかなとも思う反面
実話をベースにした戦争映画で派手さを売り物にしたブロックバスターでもないので
そんなもんかなあとも思い・・・
いずれにせよ、長~く上映していただきたいと心から願うのであります。

記事をいくつか鑑賞フギ(ネタバレ有)もひとつ読んでしまい(笑)
もう見たような気分ですが
記事をひとつひとつ訳してあげる気力がないので^^;;
記憶に残っている内容をいくつか。

あ、今夜MBCのセクションTVに出るんですね。
デビュー当時、VJ選抜大会(?)に出演し自己紹介で
「ぬれ雑巾のようなキム・ミョンミン」といったのですが
「撮影前にある人がぬれ雑巾で床を拭いていたので
思いついた」のだそうです(笑)
私は未だにその意味するところがわかりません^^;;;

一部の記事で次の作品について言及されていましたが
わたしはかなりショックです^^;;;
もうなくなったと思っていたワールドカップ予選を扱った
「東京大勝利」
あああああ・・・・やるんですね。
監督とはお互い苦しかった時代から旧知の仲だそうで
一度やると約束したら必ず守る、のだそうで。
まあ義理堅い男性ですからね。
監督とそのような関係があるのなら、これはもうあきらめるしかないですねえ・・・^^;;

ところで、長沙里は、試写会の後すぐに出た記事のほとんどが
「この映画は愛国心を煽るクッポン국뽕 でもなく 反共반공映画でもない
反戦반전映画だ」
というタイトルが並んだんですね。
一部のネチズンがそうは言っても北朝鮮と戦った南北戦争の話なんだから
反共じゃないかと書きこんでめちゃめちゃ叩かれたそうです。
現政府は北寄りですから、映画の意味、メッセージをどこに置くか
というのはかなり重要でセンシティブなポイントだったのではないでしょうか。
内容にもそのような北と南の人々の悲しい歴史、エピソードが含まれているようです。

ミーガン・フォックスのキャスティングについて監督が語っているのが面白かったです。
「最初は無名でも演技のうまい女優さんであればよかったが、
ミーガンがやりたいと言ってきたので正直困った。断わってくれたらよかった。」
ですって。イメージが違ったんでしょうね。
でも実際撮影に入ってそのような杞憂はなくなったようです。^^

あ、↓の「線を超えるですが動画のリンクが切れてたので
再度つなぎました。
面白いですよね。やっぱりバラティ。
ソル・ミンソク先生はミョンミンさんの大ファンだそうですが
そのきっかけは「不滅」ではなく、「ヴァイロス」だそうです(笑)
ベートベン・ウィルス。

統営という地名は最初は頭龍浦(トゥリョンポ」だったそうですが
李舜臣がいらした「三道水軍統制営」から統営という地名になったのだそうです。
当然、ミョンミンさんご存知ですよね。
ここで撮影はしなかったけど訪れたことがあるでしょう。
「刀の歌」の原作本を肌身離さず持ち歩き読み込んでいたので
ボロボロになってしまい2冊目を購入したのだそうです。
そして声がねえ、痺れますね。
「乱中日記」で英雄ではない人間李舜臣を現した一節を
朗読されたところはぐっときました。
観ながら訳したい気持ちが湧いてきましたが、
気力がないので・・・(笑)

なんだかダラダラと書いてしまったので今日はこの辺で。
映画がうまく行きますように・・・


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。