FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
コツコツ翻訳

#翻訳フェスティバル 行ってきました~♪

20190720_133630.jpg

が付けば、7月も下旬・・・
ブログをこんなにほったらかしにしたのも初めてかなあ・・・^^;;
選挙があったり、吉本の問題があったり←私には関係ない・・・
家のリビングの床張替え工事とかあって
なにかと忙しくしておりました。

て。
クオン(韓国書籍の翻訳・編集・出版社)主催の「翻訳フェスティバル」というイベントが四ツ谷の韓国文化院であり、先日翻訳コースでご一緒したお仲間と参加してきました。これが予想以上に楽しかったんですね。

いただいた冊子には
「翻訳フェスティバルは「翻訳」を軸に、言語の垣根を越えて、
海外文学の魅力を語り合うイベントです」

とあります。

第一部は翻訳家として第一線で活躍されている方々のトークショー。
英米文学、フランス文学、チェコ文学、そして韓国文学
普段はなかなか翻訳本って読む機会がないんですが
(最近は韓国文学を読み漁ってますけど)
お話しをお聞きしているうちに、新しい世界が開けたような気分でした。

第2部は「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」の表彰式と
選考段階での訳し方に対する考察など
とっても参考になるお話しがたくさんありました。

あ、それで当日の配布物の中に
「20世紀の名作年表」というのがあって
これが面白いんですよね~
年代別に 主な歴史的出来事の隣に、アメリカ・カナダ、イングランド・オーストラリア・ニュージーランド、
フランス、チェコ、韓国・朝鮮、日本
とその時代の名作のタイトルが並べられ、年表になっているんですが。
私は文学の世界には疎いですが
同じ時代の異なる文化から生まれた名作を読み比べる、というのも
なかなか面白いなあと思いました。

第1部でのお話しの中でやはり韓国文学の翻訳家第一人者である
斎藤真理子さんのお話しは印象的でした。
かいつまんで記したいと思います。
「翻訳本が出て初めて読者の反応を知って
その作品のすごさを知る、ということがある。

韓国文学は今、急速に面白くなってきている。
勢いが増して、今は民主化以降生まれた作家たちの作品、
若い世代の作品が多いが
植民地時代のものが今後たくさん出てくるだろう。
今の若い作家のオモニ、ハルモニの文学がこれから
出版されるはず。
知れば知るほど面白い。
(韓国映画みたいな?と聞かれて)
いえ、韓国ドラマみたいな濃くて熱い文学
濃厚でこれが韓国人だなと
ファミリードラマのすごいヤツ(笑) (←メチャクチャ読みたいわ^^)

(途中、詩についての話題となり)
「韓国は昔から詩は人気があり詩人も多い。
80年代は特に詩が多かったが、書物の検閲があったからだろう。
自分で自分のアンソロジー(詩集)を作る。
言葉に対するロマンがある国。

日本は詩の評価が低い。
ポエムと言われ、バカにする風潮がある
詩を薄笑う感じ。
いいことをすると偽善者となり
ロマンに対する照れなのか
エモーショナルなことに対する照れ
そんなものが日本人にはあるのではないか」

これにはかなり同感しました。
自分も含め、大人になりながら
感激したり感動したりすることを大げさに表現すると
他人から冷やかされる、というか。
だからストレートに熱く表現する韓国人にあこがれるのかもしれません。
それにしても「言葉にロマンがある国」っていい表現ですね。
なんとなくわかる気がします。


最近「文藝」の秋号が7月5日に発行され
韓国のフェミニズム文学の特集でしたが 文藝HPはこちら
あっという間に売り切れ、今三刷目。
文藝が1933年創刊以来初めての三刷だそうで。
(電車の中で読みたいけど分厚すぎて片手で持てない・・・それだけに
面白い短編がぎっしりつまってますのでぜひ皆さん読んでみて!)

「82年生まれ、キム・ジヨン」も日本で13万部発行。
このような時代に夢のような奇跡の話だと
第2部の総評で中沢けいさんがおっしゃってました。

そうですよ。
日韓、最悪の時代と言われてますけどね。
どこが?って言いたいです。

こんな風に日本ではますます盛り上がってるよって
韓国のチングたちに伝えたいです。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。