FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
김명민 キム・ミョンミン

はんあり10年目突入企画その1☆思い出巡り☆水のある人

李舜臣将軍3

2010年の3月は「李舜臣祭り」もさらに盛り上がり、
「チャングン中毒患者の会」なるものまで発足してました^^;;
そういえば毎日チャング~ンって叫んでたなあ・・・

そしてこのインタビューは特に印象に残ってました。
Part2の方にあるこの部分。
火は情熱だし水は深さかな?私の場合には二つが一緒にある。私の中で何かが起き上がれば、火のように勢いよく噴出してくる。そしてある瞬間一度にすぱっと消える。直接的でずっと残っていない。
それでも一番底にはやわらかい水が流れているように思う。

すばらしい自己分析。
ではではインタビュー記事再掲です・・・

오직 나만의 이순신을 만나게된다.
ただ、自分の中のイ・スンシンと向かい合う。
2004.8 KBSジャーナル

キム・ミョンミン。 彼は名前のように明敏だったり、すばしっこくはない。あるものだけを引き出して
「これが私です。」と言うのが、キム・ミョンミンだ。
彼のすべてを暴いてやろうという欲。単純明快な彼に、それは最初から無駄な考えだったのかもしれない。

文:パク・ソンヒ(小説家)


PART1 나 이상도 이하도 없다.
「僕は、それ以上でも以下でもない。」

記者:はじめ李舜臣役の話が来たとき、「考えてみる。」と答えを引き延ばしたと聞いた。
いったいどうして?ものすごい役柄に対して自信がなかったのか?

ミョンミン:部分的には当たっている。何もわからないまま一度会おうと監督の電話をもらって出かけた。すでに心を決めていたイ・ソンジュ監督はいきなり「やってみる気はあるか?」という言葉を投げかけたが、私は本当に当惑した。
あなたもわかっているだろう?どれだけ錚々たる名前がタイトルロールに上がっては消えて行ったか。自信があるないと考える暇がなかったのだろう。それで3日の猶予をくれと言ったが、妻が出産するためにそれもすっかり忘れてしまった。
(その時息子が生まれた)また、監督が電話をくださり、心の中で「バカな奴!」と叫びながら無性に腹立たしかった。

記者:李舜臣としてあなたを選んだ監督の考えは?

ミョンミン:分からない。何かがあってキャスティングしたんだろう。それ以上は考えないことにした。監督は理由があって私はその理由を知らず、それだけだ。ドラマが終わる頃には分かる様になるのではないか。

記者:俳優キム・ミョンミンは大衆を圧倒するカリスマの所有者ではない。聖雄李舜臣のイメージを歪曲させたり弱くさせるかもしれないと思うのだが。

ミョンミン:いろいろな意見があるのは知っている。(当然そうだろう。)結果で話そう。どんな姿の李舜臣が出てくるかは、私自信も分からない。ただ、李舜臣の中に入っていくため、最善を尽くすだけだ。李舜臣が私に似ていないと言うのは、二人の人物の固定化されたイメージを無理やり重ねようとするからだ。「不滅~」で見せようとする李舜臣は英雄の姿としてステレオタイプ化された李舜臣ではなく、人間李舜臣だ。私は普遍性と特殊性がバランスよく調合され
た私だけの李舜臣を表現したい。

記者:最初、李舜臣と自分の距離がどれくらいで、今はその距離がどのくらいまで縮まったか。

ミョンミン:最初はどこがスタートで、中間で、ゴールなのか分からないほど遥かに遠いところに居た。鎧の中の李舜臣の深みは計り知れなかった。さらに時代劇は経験がなく、見当がつかなかった。原作を繰り返し読んで、やっとの思いで、一歩ずつ歩き出した。感情がこみ上げてきて、涙を流しながら、人間李舜臣が少しずつ見え始めた。まだ遠いけれど、私が行けば行くだけ李舜臣が大股で近づいてくると感じるようになる。

記者:キム・ミョンミンの中で人間李舜臣をどれだけ引き出すことができると思うか?

ミョンミン:100%の李舜臣になることはできないが、10分の1?それぐらいでも創り出そうとすれば、あの方に迷惑がかからないのではないかと思う。ただ、私は自分自身を疑うことはない。撮影現場では私が李舜臣で、私が表現する李舜臣が正解だと思って演技をする。演技は視聴者をだまし自分までもだます作業だ。自分を疑えばすぐにバレる。それに視聴者たちはごまかせない。

記者:撮影に入ったとき監督はあなたの演技に満足したか?

ミョンミン:はじめは監督が考える李舜臣を理解して、それに合わせようと努力した。私が考える李舜臣と監督が考える李舜臣を合わせるのが大変でもどかしかった。監督の考えを理解できなかったので。そうしているうちに分かるようになった。彼が私の演技を尊重してくれて、私の姿から李舜臣のまた違う像を描いて行こうとして。それで今はもう監督が私を評価しなくても焦らない。

記者:チェ・ジェソン、イ・ジェリョンなど大河歴史ドラマに遜色ない先輩たちと演技することがプレッシャーにならないか?

ミョンミン:どっちにしろ私は李舜臣将軍だ。人物がもともと大きいためにその人物から力をもらうことができる。またすべてのことが私を中心に回っているし、すべての人が私を応援してくれている。大先輩との演技がプレッシャーにならないわけではないが、李舜臣の衣装を身につけるプレッシャーに比べれば何でもない。

記者:ドラマでの内面演技は小説の内面描写より遥かに難しいのではないか。

ミョンミン:小説のもっとも恐ろしい点は、想像することができるということだ。どんなに演技がうまくても、想像があふれ出る筆先の繊細な動きに追いつくことはできないだろう。私がどんなに細かく演技をしても視聴者が想像した李舜臣でなければ期待と食い違うことになってしまう。しかしドラマでは想像を満たすいくつかの要素がある。他の演技者との呼吸と技術的な部分と言うか。

記者:聖雄李舜臣が厚塗りされたものであるならば、苦悩する人間 李舜臣も厚塗りできると思うのだが。

ミョンミン:ハングルを習うようになれば、(必ず)接する人物が李舜臣だ。李舜臣を知らない人はいない。問題はほとんど大部分、李舜臣の表面だけを見ているということだ。「不滅の李舜臣」は表面ではない内面の李舜臣を探ろうとする。だからといって足したり削ったりする意図はない。そのような意味で今回のドラマは相当重要な作業であるはずだ。李舜臣の人間化されたイメージを表現しようと努力しない、ということだ。ただ、私が理解する李舜臣に忠実なだけだ。

翻訳:SAMTA 2010.3.7


Part2は下にたたみました。

Part 2 나는 아직도 낯익은 무명 배우다.
僕はまだ知られていない無名の俳優。


強靭に見える口元と、少し垂れたような優しい目元。相手に信頼を感じさせる落ち着いた声の響きの裏に自然とついてくる明るい笑顔。
冷笑的な彼、あるいは情熱的な彼、あらゆる彼を想像した人であっても、ゆったりとしていて同時に落ちついたキム・ミョンミンの前ではしばし当惑する。


記者:これまで引き受けた役柄が大部分暗かったり、ゆがんでいたり、傷のある人物だったのか?

ミョンミン:最初のボタンをそのようにかけたからそうだったのかもしれない。比較的顔を知られるようになった「お熱いのがお好き」で卑劣な人間の役をやったのが最初のボタンで、「鳥肌」のどん底人生に続いて、「花よりも美しく」の傷をもった人物に・・・まあそんなところだ。俳優のイメージは一度固定されたらずっとそのように行くのが楽なのだが、「不滅の李舜臣」で変わることになるだろう。

記者:もしかしてあなたが持っているある性格のせいではないか?

ミョンミン:そんなにゆがんではいない。むしろ平凡な方なんだけど、少しか弱く見える印象のせいで、「育ちがいい(苦労していない)のか?」という質問を聞いたりもする。

記者:じゃあ、もう一度聞こう。育ちがいいのか?実際のキム・ミョンミンはどんな人か?

ミョンミン:問題が多かったわけでもなく、だからといって平凡でもないようだ。どうだろう、やりたいことは絶対にやりとげないと気がすまない性格で衝突も少しあった程度と言うか。高校生のとき、演劇映画科に進学しようというのを家で反対されて3ヶ月間家出したことがあった。他のことでは親の言うことを聞く方だが、演技に関することだけは、意地を張るようになる。

記者:あなたは「演技がうまい」という話をたくさん聞く。それに比べて無名の期間が長かったのだが、自分が低評価だったと思うか。

ミョンミン:低評価ではなくて、評価を受けられなかったのだ。演技がうまいという言葉も、顔が知られるようになってこそ出てくる。端役時代に私の演技を見て「うまい、へただ」を言う人はいなかった。通行人1に過ぎなかったし、その上知っている人がいないのだから。評価を受けるということはそれだけ大衆に露出してこそ受けるものだ。だからこれまでは評価を受けることができるチャンスがなかったということだ。でも2000年頃「お熱いのがお好き」に出演したとき初めて私の演技はあ~だこ~だという話が聞こえ始めた。あなたも知っての通り、私が出演した作品を数えるのに10本の指も必要ない。

記者:演技に対して好評を受けて大衆的認知度が高い作品でもあなたは売り出すことができなかった。演技をちゃんと評価されていないという気持ちにならなかったか?

ミョンミン:全然。私は大衆の人気を得ることもできなかったし、賞をもらうこともない。それでもそれは私の演技を評価されないと感じるだけの理由ではない。状況とチャンスがぴったり合わなかっただけだ。私がすでに有名になっていたら、私は簡単に墜落していたかもしれない。すべてのことには理由があって、今私が演技人生の成長期を迎えているなら、そのような状況とチャンスが与えられるようになったということだろう。

記者:2%足りない何かがあるということではないか?

ミョンミン:その通りだ。最初は運がないと思ったこともある。「鳥肌」が終わった後、「チャン・ジニョンは飛び立ったが、おまえはそうならなくて残念だった」という言葉を数多く聞いた。最初はその言葉も聞くのが嫌で辛かった。でも結局は私の力量がなかったのだ。ジニョンさんが私より上手かったためではないか。人気と演技は並走すると信じている。

記者:俳優として自分を評価したらどの程度か?

ミョンミン:中ぐらいにきていると思う。もう演技というものをわかっていると思うし、どのように行けばできるかも見えているようだ。内面の深さは自ら評価するのは簡単ではないし、技術的な面はすごく上達したと思う。すでに最小限どちらの方を向いてカメラを見ればぎこちなくないか程度はわかるようになったから。

記者:演技に限界を感じたことはあるか?

ミョンミン:ない。すでに演技生活が9年になる。限界ということはある程度の境地にきた人たちが感じるものだろう。私はまだその段階まで届いていない。いつになるかはわからないが、一度は(そういう時が)やって来るだろう。今から心配する必要はないと思う。

記者:これまですごく楽ではない経験をしてきたという多くの話を聞いたのだが。

ミョンミン:私にはすごく過大な言葉だ。5年の無名が何でそんなに大したことなのか。顔を知られても私はずっと無名だった。人々の頭の中に私の名前と顔がマッチしなければそれこそが無名というものだ。でも、そのようなためにストレスを受けたことはなかった。いずれにせよ俳優の道を行くのであり、時間が長くかかると思ったから。今もそのような意味では無名だと思う。(私は本当にまめな無名時代を送った。)

記者:同期俳優たちが人気が出始めている時、彼らを見てどう思ったか。

ミョンミン:やつらもできたのだから、僕もいつかできると思った。焦りはなかった。「特別なものがないのに、やつらはなんでうまくいくの?」と考えたら、淘汰されるしかない。他人の餅をねたましく思えば不幸になるし、否定的な考えを持てば雪だるまのように大きくなってその中に閉じ込められる。もちろん無名時代がつらくないはずがない。答えは、粘り強く誠実に耐えるということだけだ。本来人がいいとか、演技が上手いということではない。無名を耐えて私なりに得た結論だ。

記者:水、火、風の中で自分はどれに近いか?

ミョンミン:火は情熱だし水は深さかな?私の場合には二つが一緒にある。私の中で何かが起き上がれば、火のように勢いよく噴出してくる。そしてある瞬間一度にすぱっと消える。直接的でずっと残っていない。それでも一番底にはやわらかい水が流れているように思う。

記者:結婚もして少し前に子供も授かった。あなたにとって結婚はどんな意味があるか?

ミョンミン:家庭は私の演技の原動力だ。「何かのため」というものができたから。結婚前にはそれがなくて自己管理もうまくない部分が多かった。情緒的であろうと、経済的であろうと、演技する時において家庭は私に安定した力を与える。演技者が多様な経験(良くないことまでも)を持たなければならないというが、私は反対だ。どんな演技であろうと、死ぬほど力を尽くす自信はあるが、家庭はもっとも平穏で大切に守らなければならない対象だ。演技のために家庭をないがしろにしたり、傷を与えなければならないということはあってはならないことだ。家庭より優先するものは何もない。

記者:熱心なキリスト教信者だというが、最近は主に何を祈っているか?

ミョンミン:ちょうど2つだ。李舜臣になっている間、家族がみんな健康であること。100回まで何事もなく撮影を終えること。



翻訳:SAMTA 2010.3.7

2 Comments

このみ says...""
ミョンミンさんの読み応えのあるインタビューをまた読むことができて感無量です。
李舜臣撮影初期のころのインタビュー
終わってみたら、李舜臣チャングン=ミョンミンさんというほど、韓国の人のイメージが固定されたことと思います。
光化門広場の李舜臣像を見ても、私にはミョンミンさんにしか見えません。
作家さんのインタビューは、いろいろと興味深い質問が多いけど、どの質問にも聞きたい答えがとてもすばらしくてさすがやなぁと感動します。
ここから先、演技本座の名前が定着することなど、誰も知らないころのインタビュー、本当に読み応えがありました。
ありがとうございます♪♪
2019.02.10 12:34 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
このみさん ステキなコメントありがとうございます

>光化門広場の李舜臣像を見ても、私にはミョンミンさんにしか見えません。
同感です!
出演者の方々もミョンミンさんが本当に将軍のようだったとおっしゃるくらい
憑依されてましたね。
演技を超えた演技でしたよね。
映画にもなってチェ・ミンシクさんが将軍を演じられ驚異的な興行となりましたが
それでも韓国の方々も「李舜臣将軍」は「キム・ミョンミン」とおっしゃるくらい
心の中に浸透してるのではないでしょうか。

そしてミョンミンさんのインタビューの素晴らしさですよね。
質問者の聞きたいことを察知してわかりやすい言葉で話してくださる、
記者さんの中でもファンが多い(記事をたくさん読んで感じたことですが^^;;)
と思うのもそういった配慮、優しさがあるからだと思います。

過去のインタビューを数年後に知り、感動し、また再度読み返しても
すばらしいです。
ともかく、リアルタイムで見たかったし、知りたかったです~!



2019.02.11 08:47 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。