FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
김명민 キム・ミョンミン

1007キム・ミョンミン ファンミ(動画)最終章 MM流は超一流♪

egyoMM.jpg

ョンミンさん ファンミ動画の字幕版、最終章です。
最後の方は時間がないと言われ、さらにスピードアップしたため
複数の質問と回答がひとつの動画になっております。




1)共演したい男優
今も昔も変わってないんですねえ。

2)演じたい配役
これは最初の方で質問されて答えたのでパスされましたが、
最初、動画を撮っていなかったので訳がありません・・・
演じたい役「サイコパス」
新聞記事でもよく出てきてますね。
そういうジャンルのシナリオがあっても映画化されないのだそうです。

3)読書
今のミョンミンさんの引出の多さは豊富な読書量からきてるんでしょうね。
私も「読書の秋」、固くなった頭を少しでも柔らかくできるよう
読書にいそしみたいと思いました!
それにしても「年金を受け取っているようだ」は明言ですね♪

4)サランハギの運営者のリストを見ると
最後に「ベリー キム・ミョンミン」ってあるんですよ。
私も由来が気になってました^^

5)質問コーナーの後、ミョンミンさんご所望の「特技自慢」コーナーがあって
(ずいぶん前にファンミでそのようなことをやったのだそうです)
ファンがミョンペウの前で特技を披露する、というものなんですが
そこで、演技志望生が演技を見せてくれました。1人は大学2年生のスビンちゃんといって
私も彼女が高校生の頃に会ったことのあるのですが
とっても礼儀正しくてかわいくて
その彼女が美しいアガシになっていて、
舞台で堂々とうまく演じていたのでびっくりしました。
ミョンミンさんも褒めてましたよ~
MMエンターは今新人は受けてないんだそうですが・・^^;;

6)名前の話
質問が「ひとつのキャラクターをペウニムの名前として
覚えることについて」という内容だったようですが^^;;;
で、ミョンミンさん、名前についてお話ししてくださったんですが。
ああ、ミョンミンって難しいのですね。
Mが続くので、覚えにくいのだとか。
なるほど~

7)ソウルの美味しいお店
ハンバントンダク~私も何度か行って舌鼓をうちました。
お笑い芸人で有名なイ・ヨンジャさんという方は
グルメ好きで彼女が美味しいと紹介したお店は
大繁盛するらしいです。
マッチブリスト こちら
ああ、それでトンダクも行っちゃったんですね・・・
(上のグルメリスト見たら2番目に載ってました)
夜の営業しかしないし予約もできないので
営業開始の17時ぐらいを狙っていくのがよさそうです。

8)スタッフの名前を覚える秘訣
いや~あのねえ
簡単にって言いますけど。ムリでしょ。凡人には。
ミョンペウの記憶力をちょっとでも分けてもらいたい・・・

9)質問でセルカ撮ってください、もアリなのね・・・(^_-)-☆

10)カラオケ
いつかそんな日がくるといいなあ・・・・
飛行機乗れるぐらいの体力があるうちによろしくお願いします(笑)




最後に・・・
私がキム・ミョンミンという韓国俳優にはまったのが2009年5月。
その後「ネサギョ」公開(2009年9月24日)の後に開催されたサランハギのファンミで、
なぜ自分がここまで減量して演じたのかを熱く語る姿を動画で見て
かなりの衝撃をうけ、どうにかしてこれをすべて聞き取りたい、この俳優を理解したい
と思ったのが、翻訳・字幕作業の出発点でした。

それ以降、昔のTVのインタビューを拾ってきては字幕をつけまくり
(もちろん簡単に聞き取れるはずもないので
ウリ ソンセンニムにはかなりお世話になりました^^;;)
スピード調節のできるウォークマンを買ってきては
超高速のマシンガントークを普通の速度に落として聞き取ってみたり^^;;
.あれこれ苦労してから早や、9年・・・

久し振りに聞き取り翻訳、字幕作業をしたのですが
ミョンペウに嵌りたての頃のミョン活を懐かしく思いだしたりして
楽しく(やや苦労して)作業できました♪
やはり自分で生で聞いてきた話は動画で見聞きするのとは違って理解が早い!

で、今回ファンミに参加すると決めた段階で
きっと激流トーク中心(笑)になるだろうから、動画を撮って
後から訳して、字幕つけようと、実は心に決めていたのであります。
でないと聞き取れないことも多いので・・・

2週間毎日聞き続けて頭の中はミョン漬けの日々でしたが
無事に完了できて、今は開放感に包まれております(笑)
現地でいろいろ解説してくれたヨンウンちゃん
サランハギの掲示板で私がわからないところを、書き起こしてくださった
ウンジュさん
そしてどうしても聞き取れないところを一緒に訳してくださいました
ウリソンセンニムに感謝いたします。
정말 감사했습니다^^

今回改めて思ったのは、やはりトップに立つ人、超一流は違うなあということ。
毎日夜7時に家で大きな声を出す(発声練習)というのを
聞いたときは、やはり常人ではないなと。
大リーグのイチロー選手を思い浮かべたのであります・・・・

ミョンペウにファンとして望むことはありませんが
どうか、これからの作品がうまく行きますように。
そしてもう一度晴れの舞台に立たれる姿を韓国のファンの皆さんと
お祝いしたいですね。
その後はペウニム囲んでノレバン(カラオケ)をぜひ~♪


おまけの写真♪
backhagu.jpg
抽選で当たったファンが4つの中から選んで
ミョンペウがファンサービスをしてくれるコーナー
バックハグをお選びになった彼女、大丈夫だったかな~(笑)
私だったら自分からバックハグする方がいいな。
(ウマンギのヘジンみたいに「カジマ~」とセリフ付で←(妄想))
だって胴周りはちょっと自信がないので(笑)


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。