항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
韓国映画・ドラマ

韓国映画 BOX OFFICE

タクシ青年警察軍艦島


7月26日に「軍艦島」が公開になった日。
ある程度想定はしてましたが
KOFICのBOXOFFICEを見てびっくり。
なんと1位の「軍艦島」上映スクリーン数が
2027!
ひえ~
(ちなみに「一日」の公開当初は一番多かった1週目の日曜日でも781個でした・・(-_-))

韓国の全国のスクリーン数が大体5600個ぐらいで(KOFICの数字から計算しました^^;;)
そのうち上位10位までの映画が占めるスクリーン数が4800~5000ぐらい
全体の90%程度を占めています。


その後「タクシー運転手」が公開され、「軍艦島」の映画の評判は想定外に低かったため
順位はすっかり入れ替わりましたが
それでも昨日8月9日現在で
1位「タクシー運転手」1827個
2位「青年警察」956個
3位「軍艦島」 914個
 ←動員数がガタ落ちなのに、まだこんなにスクリーン数を確保している!

つまり、1~3位の映画で全国のスクリーン数の約65%を占拠していることになります。

日本では考えられませんが
こんなことができるのも配給最大手「CJエンターテイメント」の影響力が大きいからなのか・・・
CGVというシネコンを持っているからなのか・・・←CJは否定しているみたいだけど。
あまりの暴挙(?)に韓国人たちの批判も(映画関係者からも)かなり上がっているようです。
多様な映画がつくられて、多様な映画を観たいと思う観客がいるのに・・・
なんで自分だけの利益のために、独占するんでしょうかね。
公取(公正取引委員会)とかないんかいな。韓国には。

ところで今週公開になった2位の「青年警察」は
カン・ハヌル君パク・ソジュン君(サム・マイウェイ)主演のコメディが入った青春アクション映画だそうですが
こちらはロッテ配給ですね。

8月24日「V,I,P」が公開される頃にはいったいどんな景色になっているのか・・・・
若干心配でもあります。
「V,I,P」は外資のワーナーブラザースKOREA配給です。

あ、8月15日には「猿の惑星」が公開になるらしいです・・・・敵・・・か?


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。