항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
V.I.P

映画「V.I.P.」こだわりぬいた演出に期待♡

20170718511970041.jpg
201707185119700412.jpg

チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク <V.I.P>、ウェルメイド作品誕生予告

<新世界>パク・フンジョン監督の新作で熱い期待を集める映画<V.I.P.>に向けて忠武路の傑出した制作陣たちが集結した。(製作:(株)映画会社今月|共同製作:ペパーミント・アンド・カンパニー|配給:ウォーナーブラザーズコリア(株)|監督:パク・フンジョンㅣ出演:チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク)

映画<V.I.P>は、国情院とCIAの企画で、北朝鮮から来たVIPが連続殺人事件の容疑者として浮上した状況で、これを隠蔽しようとする者、必ず掴まえようとする者、復讐しようとする者、お互いに異なる目的を持った君の男の話を扱った犯罪ドラマ。

<新世界>パク・フンジョン監督の新作であり、チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクの新たな演技変身が加わって、来る8月最高の期待作として上げられている<V.I.P>は忠武路で最高の製作陣が集まったと話題になっている。 <新世界>からパク・フンジョン監督と呼吸を合わせてきた制作陣と、新たに合流したベテランの製作陣らが協業を組んで映画の完成度を高めた。

<V.I.P>>のプロダクションの現場はそれこそ、明快で冷徹な現場だった。 パク・フンジョン監督が何より最も強調した部分は「話の事実性」。これに、すべてのスタッフたちは'現実にありそうな話'をスクリーンにするための刻苦の努力を傾けた。

まず、キム・ヨンホ撮影監督は、既存の韓国の犯罪ドラマが志向していたスタイリッシュで華麗な色彩感の画面をすべて排除した。 照明チームと議論の末に彼が選択したのは最大限、味気ない、無彩色に近い、韓国映画で見られなかった画面だった。

<V.I.P.>が、国家機関の政治争いを描く話であるだけに、このような撮影スタイルは映画が志向する話の事実性を高めることに十分だった。

ここにチョ・ファソン美術監督は、ソウル、北朝鮮、香港三空間の個性を異にする美術作業に没頭した。 特に一般的に思い出される北朝鮮のイメージではなく固定観念を脱却した空間を創造しようとした。 このような作業はビジュアルを担当している衣装、メイクチームとも軌を一にした。 チョ・サンギョン衣装監督も、国情院、警察、CIA、保安省職員たちがまさに着ていそうな衣装を準備した。

イ・ジョンソクが引き受けたキム・グァンイル役の衣装も、北朝鮮ロイヤルファミリーの貴族的なイメージを具現するため、海外記事を参考にした。 グォン・スギョン メイク監督も、最大限そのままの姿を見せるために努力した。 ハンサムなチャン・ドンゴンの美貌を隠すためにメタルフレームの眼鏡を選択し、キム・ミョンミンの場合、執念で犯人を追う刑事の姿のためにメーキャップをほとんどしなかった。

パク・ヒスンもやはり熾烈な追跡の過程をそのまま込めるため、荒っぽい扮装を選択した。 イ・ジョンソクは、長い手足、白い肌を最大限いじらず、彼が持った高級なイメージをスクリーンに入れるために努力した。

主要スタッフたちのこのような努力は<V.I.P>が今まで見なかった犯罪ドラマになることを予告する。 パク・フンジョン監督が書いたダイナミックなストーリーがスクリーン上にどのように盛り込まれたかも成り行きが注目される中、<V.I.P.>は8月公開予定だ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。