항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
V.I.P

8月公開「V.I.P」Coming Soon♪

cine21_20170711212147e1b.jpg

監督パク・フンチョン/出演:チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク/配給、ワーナーブラザースコリア/公開8月予定

[Cine21 Coming Soon]<V.I.P>連続殺人事件の有力な容疑者は、北朝鮮から来たV.I.P.

パク・フンチョン監督が<大虎>(2015)以降、再び'専攻分野'に戻ってきた。 <V.I.P>は<不当取引>の脚本、<新世界>演出・脚本などで実績を積み上げてきたパク・フンチョン監督が演出したもう一つの野心作。国家も法も統制不可能な北朝鮮から来たVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)。彼が、殺人事件の有力な容疑者に上がり、彼を追う大韓民国の特別捜査チームと北朝鮮からやってきた秘密工作員、米国CIAと大韓民国、国情院などの利害関係が複雑に絡み合っていく。 一触即発の状況で大韓民国、国情院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)の庇護により、その都度、捜査線上から抜け出したキム・グァンイル。しかし、彼が犯人であることを直感して追う警察チェ・イド(キム・ミョンミン)と北から下ってきた保安省所属の工作員リ・デボム(パク・ヒスン)を通じて国情院、CIA、北朝鮮まで絡んだ巨大な陰謀の正体がばれる。 <泣く男>以後、チャン・ドンゴンの3年ぶりの新作。前作の失敗を挽回するカードかどうか期待を集めている。 キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクなどが作り出す緊張が緊迫した犯罪アクションに重さを増す見通しだ。 タイ、香港と全国のロケーションを通じてドラマのスケールを拡大した。 <密偵>を配給したワーナーブラザース・コリアが配給。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。