항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
하루;一日 A Day

韓国映画「一日 A Day」撮影ビハインド映像♡オラバン モシッソ♡(訳追記)




んとに過酷な撮影現場だったんですね。
実際の交差点を使用して。
日本じゃ難しいのではないかと・・・・

(追記)
結局全部訳しちゃった(笑)



KMM:どうやったらこんなシナリオが書けるのか
スピーディな展開とスペクタクル感が見える
韓国では見ることができなかった。。。

ヨハニ:地獄の瞬間に出くわす時の感情をどのように表現するか
(そのような好奇心があった)
監督:一日が繰り返される、一日が終わらない


タイトル:熾烈な「一日」 無限反復 撮影記

KMM:娘が死亡する直前の2時間前いつも目が覚めるんですよ。
娘を救うために孤軍奮闘する。。
「さっきの場所にまた来た」
「悪夢だなこれ、ほんとに(チンチャ)」 


タイトル:キム・ミョンミンXビョン・ヨハン
 1日のようだった熾烈な55回の熱演

KMM:機内で目が覚める場面も7回、8回繰り返しながら
経験したこともないことでしょ。
僕がまだ演技していない部分の、後の状況の精神的な葛藤を
緻密な計算の下で演技しなければならなかった・・・

監督:どんな演技をするにも信頼できて共感できるように
作りこむ信頼感
目の前で娘が死ぬ姿を見る場面を撮る時だったんですが
本人の顔をたたく。。。

KMM:自分の感情に忠実に出てくるままに行こうとおっしゃって、
撮影に臨んだ部分ですが

監督:目の毛細血管が切れてたんですよ。
本当に叩いたんですよ。
ジュニョンというキャラクターは自ら整理して動くスタイルだとすると
ミンチョルの場合は、頭の中に浮かび上がった
そこから行動するスタイルですね。

ヨハニ「全部やってみたんだ。やってみたのに!」←内容見てみないと訳が?
スタッフ「吸着器ない?ちょっと小さいやつ」


ヨハニ:「そっとやるわけにはいかないでしょ、これ。」
ヨハニ:初日からうまく集中できたと思います。

スタッフ「危ない、危ない、前にちょっと出て」
ヨハニ「リアリティあるように」(車のそばで演技しようとするヨハニ)
監督「いやいや」
怪我するから」
ヨハニ:いずれにせよ極限の状況だと思うので
私も自ずと望まなかった。

監督:強い感情から出発してさらに強くなるとか
さらに底に沈むという辛い感情を演じなければならないんですよ。
本人が持っているエネルギー、意欲、このようなものが
ミンチョルのキャラクターを十分に表現したと思いますし。

タイトル:二人の男の血のにじむ死闘
生き地獄の「一日」

KMM:監督もこれはドラマだ。アクション映画じゃないと。

武術監督:俳優の感情が一番重要だと思ったので
感情を引き出してあげられるようにするのに重点を置きました。

KMM:その瞬間を表現するためには
「実際のように」表現するのが正しいんです。
僕のことは気にせず、情け容赦なく、揺さぶれと。

ヨハニ:ミョンミン先輩をビョン・ヨハンとしてみれば
胸ぐらをつかむことはできませんが
撮影に入った瞬間、私はミンチョルなので

KMM:本当に情け容赦なく揺さぶったんですよ。
相手役である私の立場では
掴まれたところをまた掴まれたら、すごく痛いじゃないですか。
だからダメージが大きいので、ここ(シャツ)をちょっと掴めと
掴みやすいように(シャツの部分をつまむ)してみたんですと。
こうしておいて待っていたんですが
またここを(ジャケットの方を)掴んだんですよ。(笑)

ヨハニ「手心を加えなくてもいいです。
僕がやってみますので」

(こういう場合、エキストラさんが遠慮してしまうケースがありますよね・・・)

KMM:そのような強烈なアクションがさらに加わるので
助けになったと思います。


タイトル:地獄のようだった瞬間
繰り返される撮影現場の一日

ヨハニ:博文(パンムン)女子高交差点(ヨゴ サゴリ)
KMM:博文(パンムン)女子高交差点(ヨゴ サゴリ)
我々が3週間、撮影をしたんですよ。

PD:私どもの映画で最も重要なポイントだったので
撮影回数が約16回程度

女子高先生「私が見ただけでも、6回以上は撮ってたのに・・・」
(生徒さんたち、授業に集中できなかったのかな?クレーム^^;;;)

KMM:繰り返すけれど、新しい状況が見え隠れしながら
観客に新しさをずっと味わってもらえる
ここがうまく行けば我々の映画も生きる

スタッフ「もっと早く!」(車を人力で回す(*_*))
「カット!
KMM「遊園地に来た気分だよ」
「こういうの、めまいがするから乗れないのに」

(意外とカワイイ^^;;)

KMM:苦労の中でももっとも極限の苦労

スタッフ「どこか痛いところあったら言って」
ウニョン「大丈夫です」


ヨハニ:天気も地獄でした。本当にものすごく暑くて
KMM:日ごとに色が黒くなるスタッフの顔
くたびれたスタッフの顔を見る時
本当に熱射病にかからなければいいと
ヨハニ:そんな状況で撮るのが醍醐味だったと思います。


タイトル:ブロマンス?
繰り返すほどにぴったりなケミの「一日」

KMM「男から花束を初めてもらったよ」
ヨハニ:相手役のパートナーがキム・ミョンミン先輩だったので
信頼と気楽な気持ちで入っていけた部分がありましたし。

監督「お疲れ様でした~!」

監督;いい俳優の方々といいスタッフに出会えて
感謝の気持ちで作業ができたし
KMM:私どもの映画「一日」は本当に面白いですし
すてきな映画だと思います。
皆さんも直接劇場に来て判断してください。
自信あります。자신 있습니다!

 「今日もすてきな一日をお過ごしください!」
오늘도 좋은 하루 되세요! 



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。