FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
베바 ベートーベン・ウィルス

Singles January 2009 キラキラ光る星を持つ男☆翻訳②


カフェ・サランハギからお借りしましたm(__)m


ョンミンさんの血液型がAB型なんですが、
ウリ 韓国語のソンセンニムもなんと!AB型。
だからミョンミンの考え方がすごく理解できるとのこと
彼のリーダーシップには常に他の人のことをまず思いやる配慮心がある、とのことでした

で、私はA型。自分では典型的なAだと思っているのですが、
先生曰く「SAMTAssi、O型でしょ!?」
「ええ~っ!」
そういえば、先日会社の飲み会で「SAMTAさん、B型?じゃなければOでしょ!」って
ぜったいAじゃないって言われてしまいました

どうやら長く仕事をいているうちに性格が変わったらしいです。
血液検査して血液型まで変わってたら大騒動ですわ

ということでSingles 1月号のインタビュー後編です❤

後半、さらに面白いです。
何でも、野外ロケで見物人に囲まれて撮影しなくちゃならない時があるんだけど
そういう時は自分が動物園の猿になったように感じるらしい・・
ハハハ。そんな・・・アホな・・
他に違う表現があるでしょうに・・・


最後に記者さんがキム・ミョンミンという俳優のスター性について
これまた長いコメントを書かれているのですが、
決して周りを圧倒するオーラがあるわけではないけど
内面には確実に強く光る星があると締めくくっています。

맞아!!! そうだ!
私が初めて、「破壊された男」の舞台挨拶で生キム・ミョンミンが現れたのを目の当たりにした時。
すごく「キラキラ」としていて、いわゆるスターの輝きとは違う
「빛 輝き」を感じたんですが、あれは内面から出る輝きだったんだなあ・・・
今やっと分かりました

singles2009-1-10.jpg



そろそろキム・ミョンミンという俳優について語ろう。

無名時代が長かった。人気がない時どう思ったのか。運がないとか悲しいとか思わなかったか?

1996年にSBS公開採用でデビューした。端役をしたことはしたんだが、同じようにデビューした同期達よりも私がずっと忙しかった。美形の俳優たちは主演クラスで出演することを期待したと思うので、物欲しそうに作品を待っている時、私はあれこれ端役で出演しながら彼らよりもずっと忙しかった。収入もおそらくたくさんあったはずだ。演技をしながら運がないと思ったことはない。人々が私を覚えていようといまいと別に重要なことではない。私を辛くするのは明らかに自分自身だった。私が私自身を評価する際に自ら進歩がないと思うようになるのだ。私は演技でこれぐらい見せたいのにそれができなから。そういう時辛かったし、だから移民しようとしたのだ。

この3,4年の間に俳優としてあなたの人生は大きく変化した。移民していたらどうなっていたことか。あまりにも悔やまれて。

違う人生が悪いとは言えない。そうだと言って、その時移民していたら大変なことになっていたところだった、このように考えるのではない。私がこれまで演技ができるようになったのは<不滅の李舜臣>という作品があったからだ。しかし当時私の人生の目標はニュージーランドでいい暮らしをしよう、だったし、当時は事業家としてうまくやれると思っていた。自信があったし、俳優をやる時よりさらにたくさんお金を稼げるという思いもあった。しかし私は<不滅の李舜臣>を選んだ。人生の目標をどこに置くかが重要だ。私が俳優として残れるようになったことは今考えると神の意思ではないかと思う。お金を稼ぐことに執着せず未熟な私の演技で人々に希望と夢を抱かせるという(神の意思)。
私は元来一度決めたことは後悔や未練を持たない性格だ。恋愛する時もどんなに好きだったとしても一度別れたらおしまいだった。少し強情なところがあるのだがそのような面が私は気に入っている。優柔不断なのは本当に嫌いだ。

カンマエと似ている。カンマエと自分が似ていると思ったことが多いのでは?

似ている点はどこに行ってもリップサービスができないところ。持っているものもないし、優れたところもないが、プライドはあって卑屈なのは嫌いだ。他人に頼るようなことは絶対にできないタイプだ。

子供の頃どのような子供だったか?

人の前に立つことが凄く好きだった。学校で学芸会や演劇のようなことをする度に前に出て行って演技した。上手だ、賞賛する声を聞けば本当に嬉しかった。遠足に行ってあのクラスこのクラスに行って踊りを踊るので遊ぶ暇がなかった。人気投票すれば1位だし・・・

友達同士の間でリーダー役をするそうだが。

わざとそうしようとするのではない。腐れ縁の友が5人いるのだが私が計画したことにいつも従うようになる。なぜなら、私が計画した案が一番良いからだ。
即興的に案を出す時、私のプランが一番良いという反応が多い。そうしていると自然に私がリーダー役をするようになる。すごく偉そうかな?(笑)

血液型がAB型だ。カンマエを見るとAB型のように思った。

人はAB型が嫌いだと言うが、私は自分がAB型なので好きだ。カンマエは自分が言うことがすべてだが、私は相手をすごく配慮しようと努力する。
カンマエと似ている点?そのような部分があることはある。できないことは人の世話ができないこと。何かにについて批判し始めたら、赤裸々に言うこと。徹底的にすべてをつかみ出して説教するように話す。誰かが嫌いになって気に入らなければ、最初からより分けておく。誰かの大きい短所が見えれば他の長所を見ようと努力せず、あ、あの人は違うな、このように断定を下す。

どんな人が特に気に障るか?

約束の時間を破るのが本当に嫌いだ。毎回習慣的に30分ずつ遅れる人がいる。
それを申し訳なく思わない人がいる。何度か繰り返せば、どんなに人間性が良くてもその人は違うなとのけ者にしてしまう。人との約束を守らなければ信頼できない。

<不滅の李舜臣>の時からか。将軍、医者、指揮者。実際の年よりも少し年齢の高い役をした。メロドラマに出る30代初盤のソフトな男性、キム・ミョンミンが想像できない。あまりにも強い役をするのは次の作品をする時の邪魔になることもあるようだ。

どっちにしろ人は見たままに信じるものだ。私に李舜臣の役をした後、「君は将軍のイメージをどうやって拭うのか。」そう言ったのだが、ものすごく深刻に考えること自体が私自身をがんじがらめにした。男の3大ロマンだと言うものの中で大統領を除き全部やった。それ以上のものがあるだろうか。しっとりしたメロドラマをやらなかったからと言って問題になることではないと思う。それに正直40代だが、ドラマを見る子供たちからお爺さんまで皆を共感させるのが大事だ。年齢は重要ではない。そしてすべての人物にはメローが明らかに存在する。そのため女性たちも気に行ってくれたのだ。メローというものは10代達が好むいちゃいちゃして甘ったるいメローだけのものではない。

何もなくてもわざと強いふりをするために寝ることもしなかったと聞いた。

カンマエのような行動をしなければ感情が鈍くなる。ずっと彼のようにしようと思った。すぐに演じなければならないから。何か一つをずっと考えていて急に演じるのと、別のことを考えていて演じるのとでは違う。私は今日何を食べるかずっと考えて、それを食べる。でも何か食べなければと思っていても他の人と会ってぺちゃくちゃおしゃべりしていたら後で忘れてしまって違うものを食べるようになる。

自己暗示をすごくかける方ではないか。

そうだ。なんでも思った通りになる。私は当然カンマエを演じるのでいつもカンマエを考えていた。

音楽は生まれついた才能が重要なもののようだ。演技もそうだと思うか。

生まれついた才能がもともとないのに努力だけしてできるようになるものではないと思うし、生まれついた才能が多いのに努力しなくてもだめだ。誰かが生まれついた才能を見せることができるのはそれだけ努力したためだ。努力をしたためにその才能が見せられるのだ。演技は努力をしなければ才能も埋もれる。

自分に一番足りないと思う点は何か

いつも足りないと思う。今も洗面所でボールペンをくわえて(滑舌の)練習するぐらいだから。10年やったのでもう休んでもいいのではないか。そのようなことはない。いつも新しい挑戦だ。人生において私のロールモデルはロバート・デニーロだ。彼の演技を見るとまだまだだと思う。

練習の虫だと聞いた。指揮の練習をしながらどんな点が一番大変だったか?

楽譜を覚えるのが大変だった。パートごとに理解して音色を私がわからなければならないのに、本職の人たちが数十年間勉強したものを5カ月で私がどうやるというのか。基本はとりあえず覚えた。繰り返し練習しながらあるパートにどんな音が聞こえてくるかずっと聞きながら身につけた。楽譜を見て指揮をしながら指揮が半拍子前に行かなければならない。音楽を聞いて指揮をしたらだめだ。指揮者がどれだけ重要かと言えば指揮者がちゃんとできなければ演奏が烏合の衆になる。ベルリンフィルハーモニーがなぜ有名なのか、ということだ。

最後に、大韓民国の一人の男性としての人生について聞く。

結婚を早くしなければ自分の演技パタンや俳優としての生き方が違っていたのではと思ったことはあるか。

俳優として経験をたくさん積むことは良いことだと思う。結婚も子供を産んで育てることも、俳優において邪魔になるようなことではないと思う。経験の幅が広がれば演技の幅も広がる。道徳性に違反しない範囲内で多様な経験をするのが良い。

家庭的とのうわさだ。

それでも一回作品に入って行けば、忙しくてちゃんと家族サービスもできない。妻は私が作品に入ると私を自分の夫ではないと思うらしい。ただ俳優キム・ミョンミンだと思って家を少し空けると思うらしい。それが彼女なりの妻の内助のやり方だ。明け方に遅く帰ってきても台本を読んで寝るが、朝私が目を覚ますと思って、息子を連れて散歩に出る。過ぎて見るといつも有難いばかりだ。それで撮影が終わればできるだけ家族と一緒に時間をたくさん過ごそうと努力する。

息子は演技者である父親を誇りに思っているか。

聞いてないのでわからない。今回、オーケストラ団員達を怒鳴りつける場面を家で練習したのだが、“お前たちは犬が。俺は飼い主で、絶対言う通りにしろ!”部屋のドアを閉めて練習したんだけれど、ある日息子がそのセリフを真似していたんだ。次の日から家で練習する時は特に注意する。

俳優として生きながら一番辛い点は何か。

他人の人生を生きることが辛いか?それはオーバーだ。したいからするのに、演じるのがなぜ辛いのか。ただ演技以外に私が守らなければならないことが多いということが時には辛い。俳優は公人だ。ここでの公人の意味は社会に影響を与える人ということだ。それで守らなければならないことが多い。一般人がしても罪にならないことが、公人がすれば罪になる。私生活の自由が保障されないのだ。そのようなことに淡々とする方ではあるが、気分が良くない時もある。私がする事に没頭したいだけなのに、外でロケをする時は没頭が邪魔されることがある。人がたくさん集まるカフェとか、撮影の直前に台本を読んでいるのだが、人々が来て動物園の猿を見物するかのようで、これを早くやらなければならないのにできない場合が多い。

映画とドラマを選択する時、基準が少し違うように思った。作品の選択をする時何を考えるか

作品性、完成度、キャラクター、すべて重要だ。映画はシナリオ一冊の中にすべてが込められている。一発で終わるという、一つの事件を扱うのが映画だとすれば、ドラマは一人の人物を長い時間立体的に見せられる。そのような部分ではドラマが私にさらに魅力がある。



演技者を俳優とスターとで分ける時、キム・ミョンミンは明確に俳優だ。彼の俳優としての資質と演技力を疑う者はもはやどこにもいない。俳優とスターに分ける時のそのスターではなく、スター性というものがある。注目されたくてもされない人々がいくら目立とうと努力して気を吐いてもスター性がない人は真の意味のスターになることはできない。ムービースター、ロックスター、我々の偶像であるスーパースター。アイドルスターたちが恐れ多くも見下すことができない真のスーパースター。キム・ミョンミンにはこのスーパースターの気質がある。歳月が創り上げることかもしれないし、生まれついたものかもしれない。万が一彼が本当に演技をやめて移民したとしても、あるいは演技ではない他の事をしていたとしても、彼が言ったように、キム・ミョンミンはその分野でスターになっていただろう。
キム・ミョンミンのスター性は強い確信とカリスマが原点になっている。キム・ミョンミンは海外撮影に行って、邪魔されるのが嫌だと、とげとげしくなる普通の俳優たちとは確実に違った。彼は部屋にいた時間を除いて、最初から最後までスタッフたちと時間を共にした。愉快な会話で話題を引っ張って、約束の時間にいつも最初に現われて、スタッフ達を待とうとし、ニースとカンヌ市内に出かけた時も、汽車とバスに乗って、地図を見ながらチームをリードした。レストランで席に座る時もフォークを持つ時も、歩く時も彼はすべてを計算する人だ。如才なく素早い計算。打算という計算ではなく緻密で計画の通りに動くというもの。鳥瞰図を見るように遠くで行動する自分を見下ろしている、また違う自分がいる。雰囲気を盛り上げるために愉快な冗談を言って会話から疎外された人がいないか周りを気遣う。自分のせいで辛い思いをしている人がいないか、人が何を求めているか窺う。だから彼の中途半端な冗談は十分に面白しろいし、撮影する時の怖いほどの集中力は自然であり、きちんとした身なりが相手にプレッシャーを与えることもない。それがまさにキム・ミョンミンのスター性だ。人よりも優れて君臨するスターではなく、他の人に温かく接して引っ張っていくスター性。一人だけ目立つのではなく周りを照らす暖かい光を持った人。内面にキラキラと光る星を持ったこのスターはずっと光り続けることだろう。

singles2009-1-15-2.jpg

Singles 2009年1月号

翻訳:SAMTA 2010年9月25日

4 Comments

SOON says...""
凄い長文ですわ~ このインタビュー 
”私がAB型なので良い”っていうのがいかにもミョンたんらしい。
韓国も日本と同じように 血液型診断とかあるそうですね。でも どこでも男性の反応は似たようなもんだわ。私もよく何型~って聞いちゃう人です。
>動物園の猿 発言は心からの言葉なんでしょうね~
ミョンミョ~ン あなたのファンは聞き分けがいいから大丈夫よ~ 
でも お昼たべていけばっていわれれば若いファンはご遠慮しても 私はいただきますよお!
2010.09.26 22:14 | URL | #JalddpaA [edit]
niko says...""
あんみょん^^

わ~i-80この時のインタビューも写真も私にはすごく思い入れがあるんです。
うれし~~♪♪(^^)長文訳、ありがとうございました。


>恋愛する時もどんなに好きだったとしても一度別れたらおしまいだった。


以前読んだ時もここが印象的だったんですが、ミョンミンさんの恋愛観、興味津々です^^


私も自分では典型的だと思うA型ですが、大人になってからは『O型?』と言われることがよくあります^^
SOONさんに同じく、『自分がAB型なので好きだ』って言うとこに
『ミョンミンさんっぽいかも~』って思って笑っちゃいました(^m^)
そういえば私、考えてみるとAB型の人を好きになることが多くて、
ファンになりたての頃にミョンミンさんがABだって知った時、『また!』って思いました(笑)
2010.09.26 22:45 | URL | #zMlhbidU [edit]
SAMTA says...""
SOONさん あんみょ~ん♪

クク、私もね、同じです。
「お昼食べて行けば~?」って言われて
断ることないのにね~^^
私なら、は~い!って付いていっちゃうのになあ・・


もったいない~v-15
2010.09.27 22:46 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
nikoさん あんみょん♪

オモ!私も同じところでグッと来ました(*^^)v

恋愛観聞きたい!聞きたい!

そういえば、カフェのモノローグ(ミョンたんのメッセージがあるところ)に
25問25答というのがあって、
「ミョンミンさんの初キッスはいつですか?」
っていうのがあるんですよ☆
まさか本気で答えないよねえって思ったら
ちゃんとお答えしてました(*^^)v




「음…글쎄요…기억이 가물가물해서…ㅜㅜ;;
아마도 대학교1학년때가 아니었나 싶어요…^^」



v-345 v-345 v-345 v-345 v-345




「う~ん、そうですねえ・・・記憶がぼやーっとしてて・・・(T_T)
たぶん 大学1年の時ではないか、と思います・・・^^」



ハハハ~v-516v-516v-516
もう踊るしかありませんな\(^o^)/


で、AB型好きなんですか?
これも運命ですね☆
2010.09.27 22:57 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。