항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
韓国をたどる旅

2016年末「韓国 東海食い倒れの旅」④

img1483334605132.jpg


びグルメ旅行記に戻ります(^^ゞ

大関嶺から正東津へ向かう途中、これもまた江原道の名物である
ファンテグイをいただきました。(写真上)
ファンテとはスケトウダラを干したものですが
完全に干したものではなく
凍らせてまた溶かしてを繰り返してできたもので
その上に薬味を載せて焼いたものなんですが
本当においしかったです。見た目ほど辛くもありません。

前の日、刺身を死ぬほど食べたのでお昼になってもお腹が空かなかったんですが
これは香ばしくて食欲をそそる味でした(^_-)-☆

スケトウダラをこのように干す場所を(ファンテ)ドクジャンというのだそうです。
dokuchan.jpg
このあたりはまさに「三食ごはん」(삼시세끼)に出てきそうな漁村の風景が広がっていました。
日本の漁村とも似てますね。


上の写真の下の料理は물회ムルフェです。
細かく刻んだ魚と野菜にピンク色した若干凍ったソース(ヤンニョム)をかけて
グチャグチャに混ぜて食べる、あのムルフェです。

ウルジンから慶州へ向かう25日の午後遅い昼食を浦項(ポハン)で食べたのですが
スンジョンさんの検索力がお見事というしかありません!
釜山に行く度に食べにいく、ミョンミンさんが常連だという、「名品ムルフェ」が
ファンの間では有名ですが。
「ムルフェ」という料理自体は本来浦項の名物なんだそうです。
なので、通り沿いは全部ムルフェとカニの看板がずらずら~と並んでいて。
その中から「やっぱりムルフェはこの店だ!」という書き込みが一番多かったお店を
スンジョンさんがチョイス。

ほんとにこの「참사랑チャムサラン」(真実の愛、という意味)というお店のムルフェは逸品でした!
釜山のムルフェのように辛くなくて
ムルフェの種類もいろいろあって。
酸っぱさと辛さと甘さが口の中に混然一体となって広がり・・・(グルメレポじゃない^^;;)
もう一度行きたい~!食べたい~!

二人とも完全に無口になってひたすら食べまくったのであります。



ウルジンへ向かう途中ここに立ち寄ってお茶しました。
suncuruzu.jpgP1050318.jpg

大型客船のようですが、岸壁に建てられたホテルです。
前庭は彫刻の公園のようになっていてキレイなところでした。


あ、そうだ。
その後、国道の休憩所のカフェでこんなものも食べました^^
tegepan.jpg

テゲパン대게빵 붕어빵プンオ(鮒)パンというのがいわゆる日本の鯛焼きで有名ですが
このあたりはカニが名産なのでテゲ(カニ)パンです。
プンオパンにプンオ(鮒)は入っていませんが
テゲパンにはテゲ(カニ)の粉末が入っています(^_-)-☆


まだまだつづく・・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。