항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
韓国映画・ドラマ

韓国ドラマ事情 tvN「わびしく燦爛な神(しん)-鬼」好発進!


6分ハイライト

こ2年ほど韓国ドラマの勢力図が変わってtvNが面白い、
というお話しは何度も書いたのですが
最近あれれ?と思うことも多く。

とくにソ・ガンジュン、チョ・ジヌン主演の「アンドラージュ」は大コケしました。
日本でもMnetでほぼ同時放送してますけどね。
いや~すごく期待して見たけど、じぇんじぇん面白くなくて。
視聴率も1%切っていたような。
たぶんハリウッドのあのイケイケドラマの情緒が韓国の情緒と合わなかったんだと思いますね。。。
残念。

して今一番面白いのはSBS「浪漫ドクター キム・サブ」
ハン・ソッキュ主演。医学ヒューマンドラマですね。
ハン・ソッキュが出ているだけで画面が引きしまる~
ほんとに演技うまい。
そして「また、オ・ヘヨン」でブレイクしたソ・ヒョンジンちゃん
やはり彼女の演技は最高ですね☆
いろいろ見てきたけどドラマって女優さんがうまいとドラマも面白くなります。
逆にアイドル系で人気はあるけど演技はいまいちだとドラマは面白くないという(^^ゞ

内容も面白くてイチオシです。

同じくSBSの「青い伝説の海」これも視聴率はいいですが
「星からきたあなた」にすごく似ています(笑)
ただ、イ・ミノ(イ・ミンホ)とチョン・ジヒョンの美男美女に見とれて終わるという
あまり内容はないけど美しくて、ときどきチョン・ジヒョンの大ボケぶりに笑うという
そんな気楽なドラマです。

して!12月2日に始まった<도깨비>(トッケビ)鬼」コン・ユ主演
いや~すごいですわ。
のっけから大迫力、大スペクタクルなシーン満載。
高麗の戦闘シーンから現在へと進む過程が緊張感あふれ
これはもう見逃すわけにはいかない、というドラマです。
ヨクシ~「太陽の末裔」作家・演出コンビだけありますね。

予告編だけ見ていると暗くて怖いドラマかなと思ったけど
あの脚本家でそうなるはずはなく! 軽妙なセリフのやりとりも面白そう。

物語のイントロですが。(若干ネタバレあり)
「高麗の将軍だったキム・シン(コン・ユ)が凱旋将軍として王様に謁見するのですが
逆に王様は彼の力と人望に嫉妬し逆賊の汚名を着せて一族もろとも殺害してしまう
という恐ろしい場面から始まり。
結局キム・シンはそれまでたくさんの人々を殺してきた罪だと、
鬼として復活し「不滅の生」を与えられ、トッケビの人間の新婦に出会い、自分の身体にささった
剣を抜いてもらうまでは死ねないという悲しい運命を背負って現代まで生きてきます。

そこへ現れる少女ジ・ウンタク。彼女はある理由でお化けが見える少女。
そして彼女がろうそくを「ふ~」と吹き消すとなぜかキム・シンが呼ばれて現れるという
(アラジンの魔法使いみたいに(笑))
そこにさらに記憶喪失になった死神(死んだ人間をあの世に送り出す神)が現れ
鬼と同居生活を始めるという、
文章で書くとなんかものすごく変な内容なんだけど
この先どうなるか、とっても楽しみ。
ファンタジーロマンスドラマだそうです。(^_-)-☆

死神役のイ・ドンウクさん いい味出してますわ~
ツンデレなんだけどどこかカワイイところがあって魅力的キャラクター☆


ラマに関する記事があったので下に畳みました。
コン・ユがファンクラブに書き込んだメッセージがステキです☆





俳優のコン・ユがtvNドラマ「鬼トッケビ」好評に感謝の挨拶を伝えて、いいドラマを作ると覚悟を表明した。

コン・ユはこの2日「わびしく燦爛な神(しん)-鬼」(キム・ウンスク脚本、イ・ウンボク演出、以下'鬼')が初放送された後、ファンカフェーを通じて感想を伝えた。
彼は"どんな映画の公開よりもさらにドキドキした一日でした"と切り出した後、"ああ…やれやれ! 応援してくれて本当にありがとうございます"と話した。
'鬼'はコン・ユの4年ぶりのドラマ復帰作。彼は久しぶりの復帰だため、ときめきと心配が多かったようである。
劇中でコン・ユは、鬼、キム・シン役を務めた。 彼はアクションシーンを消化し、カリスマ性溢れる姿を見せる一方、キム・ゴウンとはロマンス演技を披露し、ときめきを与えた。 コン・ユは「コーヒープリンス」」に続く当たり役だという好評を受けている。

コン・ユは全ての功労を製作陣に譲った。 彼は"立派に作ってくれた監督、作家先生、そしてスタッフの方たちに感謝の気持ちを表す気持で寝なければならないようです"と話した。
さらに、"私たちは明日の夜みんな力を合わせて、皆さんが想像するまた素敵な神(場面)を作らなければならないからです。まだ道は遠いけれど、これからはさらに寝られないだろうけど最後まで私たち「鬼トッケビ」チームが事故なく笑顔でファイトすることができるよう応援してください"と伝えた。

最後にコン・ユは"ろうそく一つずつ持って"という言葉を付け加えたセンスを発揮した。 劇中のキム・ゴウン(ジ・ウンタク)がろうそくの火を消すと、鬼コン・ユが現れるため。実際にもユーモラスで奥ゆかしい性格がうかがえるコン・ユの文にネチズンの好感度はさらに大きくなった。

'鬼'は不滅の人生を終わらせるために、人間の花嫁が必要な鬼(コン・ユ)、彼と奇妙な同居を開始した記憶喪失症の死神(イ・ドンウク)。そんな彼らの前に「鬼の新婦」」と主張する少女(キム・ゴウン)の話を描いたドラマ。 1回6.9%、2回8.3%の視聴率をそれぞれ記録し、tvNのドラマの新しい歴史を書いている。


<以下コン・ユのファンコミュニティの文>
どんな映画の公開よりもさらにドキドキした一日でした。
やれやれ… 応援してくれて本当にありがとうございます。
立派に作ってくれた監督、作家先生、そしてスタッフの方たちに感謝の気持ちを表す心で眠らなければならないです。
私たちは明日の夜みんな力を合わせて、皆さんが想像するまた、素敵な神(場面)を作らなければならないからです。まだ行く道は遠いが、これからはもっと寝られないだろうけど、最後まで私たちトッケビチームが事故なく笑顔でファイトすることができるよう応援してください!

"ろうそく一つずつ持って…"

ps)数多くのろうそくたちもファイトです!


最後の<PS>ステキですね。
数多くのろうそくたち
昨夜も記録更新のろうそく集会が開催され
その熱波が青瓦台に向けていくつも打ち寄せられました。
月曜日、弾劾が通過するかどうか・・・

そんなことよりもう本当に

박근혜大統領~그만둬!(←やめての意味)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。