항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

「六龍が飛ぶ」鄭道伝が描いた新政治体制



リミョンミンペンの皆さんならしっかり覚えていらっしゃるでしょう。
鄭道伝がものすごい勢いで何かしゃべりながら書き記していたあの回。
そう、キル・テミが華々しく去っていったあの回。

「士大夫(サデブ)らの性質(嫉妬と疑念)を利用してそれぞれがお互いをけん制しあう
官僚体制(삼사サムサ三司)を作り、政治の不正・不敗を無くす」というあの四角形
司憲府사헌부(司法権を持つ官庁) 사간원サガヌォン(王に対して諫言を行う機関)
弘文館홍문관(行政機関及び研究機関) そして「王」

鄭道伝が描いた体制で最も重要な点は王様は象徴であり、権力を直接持たないという部分でしたが
結局、鄭道伝はイ・バンウォンに殺され、
その四角形すべてを持ちたいと言ったイ・バンウォン(太宗)によって朝鮮の王権政治は確立します。
現代の大韓民国は大統領制度となりましたが朝鮮時代の形がそのまま残ったように見えます。
検察も軍隊もすべての権限を大統領が持っているという韓国式大統領制。
これまでも幾度となく不正が繰り返されたこの制度を変えない限り、
同じようなことが起きるのではないでしょうかね・・・・(*_*)

今日も第4次ロウソク集会が全国で行われています。
地方からソウルにかけつける遠征バスはすべて満席でソウルへ行くバスは
なくなってしまったのだそう。
仕方なく地元でデモに参加する方々もいらっしゃいます。

今回は前回と異なり、パク大統領を愛する会「パクサモ」が集会を開き
退陣反対を訴えているようですがこちらの規模は5000人。

しかしながら青瓦台は5%の支持派閥を集結させ
退陣要求派と支持派が光化門で衝突し、興奮した人々により
何か事が起きることで、最悪「戒厳令」を敷くなど
退陣要求の気勢をそごうとしている模様です。
当然、北のスパイも紛れているので騒乱が起きれば何が起こるかわからない
という不安もあるようで・・・

聞けば聞くほど一編の長編映画を見ているようですが・・・・・

とにかく無事に平和的にデモが終わりますように・・・・


JTBC News 生中継


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。