항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
판도라;パンドラ

「판두라パンドラ」12歳観覧可 ランニングタイム135分


難大作「パンドラ」12歳観覧可確定、ランニングタイム135分
災難ブロックバスター「パンドラ」(パク・ジョンウ監督、CACエンターテイメント製作)が12歳観覧可の判定を受けた。
ランニングタイムは135分だ。

映像物等級委員会(映等委)側は最近、「パンドラ」について"原子力発電所の爆発事故を収拾する過程を描いたパニック映画で青少年が理解するのに困難がない"と"災害状況を克服する過程で事故による爆発場面と負傷の場面、混乱した事故現場の姿などが描写されるが、具体的、写実的に表現されなかった"とし、12歳以上観覧可の判定を下した。
「'パンドラ」は地震によって発生した大韓民国初の災害の中で、家族を守るために死闘を繰り広げている平凡な人たちの話を描いた映画だ。 キム・ナムギル、ムン・ジョンヒ、チョン・ジンヨン、キム・ヨンエ、キム・デミョン、キム・ミョンミン、イ・ギョンヨンなどが出演して「ヨンガシ」のパク・ジョンウ監督がメガホンを取った。

100億ウォン台の規模の大作である今回の作品は12月に劇場界の最盛期に公開される。
12歳観覧可の判定を受け、ターゲット層を広げて興行の優位を占めることができるようになった



12月は映画界の繁盛期かあ・・・
時局が時局だけに・・・
映画公開としてはタイミングが悪い気がしますね・・・
12月に入って少し先の展望が見えるとか
落ち着いてくれるといいんだけど・・・・



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。