항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙

「ガキ大将の役目をして刻まれた潜在的なリーダーシップ(笑)」インタビュー翻訳 ④

2016051902437_4.jpg

- 何をしても「誠実」に対する自負心があるようです。例えば以前大学生の時、梨泰院でスキーウェア販売のアルバイトをした頃、あまりにも熱心に「客引き」行為をして売上高をぐんと上げた後は、留置場にも閉じ込められたと言うことでしたね。

「しかし、その後警察署長までスキーウェア店の常連にまでしました(笑)。引き受けた部分については、後悔しないように最善をつくすタイプです。生き残るための強い生存本能のようなものですね。ところで、一つを見ると10わかると言うように、何でも一生懸命する人が他の分野に行っても上手いですよ。 」

- どんなことをしても、その場で結果を出す人なんですね。

"はい。若者たちにもそうですよ。一生懸命耐えろと。職場をたくさん変わるのではなく、本当にいやだと思っても最善を尽くし耐えろと(笑)。冷たい社会で戦わないで勝つことができるのは堪えることだけです。ところが、多くの若者が放棄するんですよ。」

- 新人俳優たちがたくさん入ってきていますが、芸能界でもリングに上がることができる選手たちは決まっているでしょう。しかし、何とかリングに上がっても持ちこたえることが本当に簡単でしょうか?

「いくらでも入って来て。ハハハ。ところで、私は耐えて耐えて立ち去ろうとしましたが、運が良かった事例でしょう。そして、自分へも適切にムチを打つ。新人の時はたくさん無視されてきましたので、「今に見ていろ」という負けん気がでてきました。その時は、人格がなってないPDが多かったんですよ。ともすれば「ケ~XX」(韓国語の代表的な悪口^^;;;)といいながらとんでもない侮辱をたくさん受けました。」

- どのように耐えましたか?

「私がうまくいって将来スターになったら、あなたの仕事の依頼を最大限じらして出演を拒否するんだ、そのような考えをしながら(笑)。 」

- 実行に移しましたか?

「2回程度。実際に可能な限り引き伸ばして拒否しました(笑)。その後、暴言を吐いていたPDらは今、田舎に帰って農作業してますよ。感覚も離れた上にワイロもたくさんして、人心を失ったので長くは持たなかったんですよ。」

- 人生は最終的に公平ですね。

「公平です。力を持った場所で傲慢だった人々はバブルがはじけたら、皆元の位置に戻りましたよ。」

- 努力に比べて過剰な評価と名声を得ている俳優がもしかして周辺にいますか?

「(真顔で)それは、あえて言えません。私がその人と24時間生活するわけでもないですからね。現場では緩んだ演技をしても皆自分なりの準備をしてきますからね。」

- 最近大人気の俳優であるユ・アイン、ソン・ジュンギはどのように感じていますか?

「魅力ある後輩たちだと思います(笑)。 」

- それ以外で人気はあるけれど経験は少し足りない「人気のある」若手俳優たちに言ってあげたい言葉がありますか?

「一応、私はそうですね。バストショットで交互に撮るシーンがあれば、その後輩の感情のために、私がカメラに映らなくてもかなりの声を出して相手役の演技をします。そうしてこそ、その後輩が刺激を受けて感情が上がってくるんですよ。新人は顔も知られていないし、画面の掌握力もないですし、パートナーが努力をたくさんしてこそ演技がちょっとうまく見えます。

時々ある若い俳優は、すべての周りの人々が自分を中心に回ることを願います。自分がカメラに出ないからと、相手役のバストショットのシーンに対応する時、適当にやれば、お互い死ぬんです。忘れてはならないのは演技はアンサンブルと言うでしょう。現場でそのような自己陶酔的な姿を見せられたら、次からはその俳優とは共演しないようにしています。 」

- 本当にクラシックな人です。持って生まれた声のおかげで、より説得力を得ています。演説にふさわしい、その声は訓練されたんですか?

「声は両親から受け継ぎました。教会で合唱団を長くしたりしたんです。変声期を無理なく過ごして喉をよく整えながらそうなりました。声のおかげなのか「不滅の李舜臣」をした後、公認(選挙)の提案をたくさん受けました。与党野党を問わず、あまりにも多くの提案を受けたため、当時軽く迷うこともしました。
笑い話で知人が「後で安重根の役をしたら実際政治をしてもよさそうだ」と言われましたよ(笑)。 」

- だから、声が小さい弱い人間よりも偉大だったり、独創的な人間、ずっと先を進んでいる強烈なリーダーの顔をよく表現しています。一人の英雄と変人を行ったり来たりするように見えます。

「幼い頃から子供たちを引き連れて遊ぶのが好きでした。ガキ大将の役目をしてから刻まれた潜在的なリーダーシップが表現されるようです。 」

- 最大の英雄は、どうしても李舜臣でしょう?

"そうです。歴史的英雄である李舜臣将軍をどうやって一介の俳優が演技することができるか、そのような内的苦しみがを撮影中にしましたよ。 104回までの撮影をすべて終えた後は再び時代劇をしないと言いましたが...(笑)」

- 持続して歴史的な偉人を演じということが負担にならないですか?

「安重根烈士の役は、ぜひしたいです。子供にプライドを植え付けることができますからね。 「私の父は俳優なんだけど、安重根の役をしたんだ。」こんなのは長く残るじゃないですか(笑)。」

- 配役を決定する際に子供のことを考えるんですね。

「李舜臣も家内が「後で子供が成長したとき、“お父さんが一時俳優だったけど、最高の李舜臣役をした。”これを一つ大事にすればいいんじゃない?」聞いてみると、それもそうだなと思って、李舜臣だけやって移民しようとしたんです(笑) 。その時は、感謝する気持ちより、まったく欲がなかったので、ちょっと気になりました。何もない私に、なぜこのようなことをさせるか?一体なぜ?」


ミョンミンさんが新人の頃いじわるしたPDさんたち。
今頃、どんな思いでTV見てるんでしょうね。
そういう人に限って「こいつは俺が育ててやったんだ~」ぐらい大口叩いてるかもね(笑)

若い人たちへのアドバイス。いいっすね。
「耐えろ。簡単に諦めるな!」
ほんと、日本の若者にも聞かせてあげたい。
(若者だけじゃないか・・・)


それにしても。
李舜臣の後、選挙でタレント候補になりそうになったんですね。
ま、あれだけのリーダーシップがあればね。
大統領になってもいいぐらい(^_-)-☆


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。