항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
その他

第2の韓流:今年の百想は中国同時放映だそうで・・・


52回百想芸術大賞が6月3日に開催される。

今年の百想芸術大賞は、韓国の大衆文化が国内を越えて世界の注目を集めているだけに候補のしのぎを削る闘いが熾烈だ。 TVドラマ作品賞部門は、MBC「彼女はきれいだった 」SBS「六龍が飛ぶ」tvN「応答せよ1988」tvN「シグナル」KBS2「太陽の末裔」など、国内外で熱い反応を集めたヒット作が陣取っている。バラエティ作品賞部門にはJTBC「冷蔵庫をお願い」SBS「同床異夢、大丈夫大丈夫」MBC「マイリトルテレビジョン」tvN「俳優学校」MBC「覆面歌王」など芸能界の流れを変えたヒット作が候補に上がってきた。

演技賞部門にはナム・グンミン(SBS「リメンバー」)、ソン・ジュンギ(KBS 2TV「太陽の末裔」)、ユ・アイン(SBS「六龍が飛ぶ」)、チョ・ジヌン(tvN「シグナル」)、チュ・ウォン(SBS「ヨンパリ」)とキム・ヒョンジュ(MBC「恋人よ」)、キム・ヘス(tvN「シグナル」)、ラ・ミラン(tvN「応答せよ1988」)、ソン・ヘギョ(KBS 2TV「太陽の末裔」)、ファン・ジョンウム(MBC「彼女はきれいだった」)などが上がった。トレンドや人気に偏らず、大衆文化の需要層があまねく共感すべき作品、演技者と演出者が候補になった。

映画部門も響くようである。 1000万人の観客を集めた興行大作、観客動員では惜しかったが作品性で高い評価を受けた映画が作品賞・監督賞・シナリオ賞部門の候補になった。昨年の夏相次いで1,000万のクラブに加入した「ベテラン」・「暗殺」は、作品賞・監督賞・シナリオ賞候補の両方にノミネートされる快挙をおさめた。
今年は特に新人監督賞部門が火花を散らす。激しい競合の末、キム・ソンジェ「少数意見」、アン・グクジン「誠実な国のアリス」、チェ・スンヨン「スセク駅」、ハン・ジュニ「チャイナタウン」、ホン・ウォンチャン「オフィス」が候補として名を連ねた。

演技賞部門も熱い競合を繰り広げるものと見られる。最優秀演技賞部門には、ペク・ユンシク「内部者たち」、ユ・アイン「サド」、イ・ビョンホン「内部者たち」、ソン・ガンホ「サド」、ファン・ジョンミン「ベテラン」、キム・ヘス「チャイナタウン」、イ・ジョンヒョン「誠実な国のアリス」、チョン・ドヨン「無頼漢」、チョン・ジヒョン「暗殺」、ハン・ヒョジュ「ビューティーインサイド」などが受賞を競う。その他部門別候補は、公式ホームページで確認可能である。

今年の授賞式では、大衆文化を愛する観客と作品の意味を振り返ろうと、最初の映画部門作品賞GV(観客との対話)も用意した。 「4等」・「内部者たち」・「ドンジュ」・「ベテラン」・「暗殺」など映画部門作品賞候補5つは5月9日から20日までソウル三成洞メガボックスコエックスで上映される。以後、その作品の監督や製作PDと一緒に観客との対話を進める。 5月第2週から1カ月間メガボックスコエックスに百想芸術大賞の過去の歴史を振り返る展示ブースを設置し、多彩な楽しみをプレゼントする計画だ。

第52回百想芸術大賞は、JTBC・JTBC2と中国動画サイトアイチイで生中継される。


え、、、中国でも同時上映ですか・・・(^_^.)
まさに今第2の韓流が巻き起こっております。14億人の中国で。

その中心にいるのがソンソンカップル(ソン・ジュンギとソン・ヘギョ)ですね。
「太陽の末裔」태양의 후예 略称태후テフ が久しぶりに韓国で視聴率40%に肉薄する
大ヒットを飛ばし(テフ フィーバー)
中国8大都市でソン・ジュンギのファンミが始まり・・・(スゴッ!)
ソウル明洞では今ソン・ジュンギだらけ・・・
ついこの間まではユ・アイン旋風だったのに。移り変わりが早い・・・

でもわかる気がします(笑)
私も「太陽の末裔」見終わって、ああヨン様の後を継げるのはこの子(ソン・ジュンギ)しかいないかも
と思いましたから(笑)
実際韓国ではそのように言われてるようですね。

日本は完全に冷え切ってしまった韓流ですが
このドラマは最初から中国市場を狙って制作されてるんですね。
なので中国で人気の高いソン・ヘギョがまずはキャスティングされ
そして中国で同時放映するために完全事前制作。
OSTをYouTubeで聞いたらどれも超有名どころが歌うバラードで2000万回越える視聴回数^^;;;
桁がちゃうちゃう・・・


ソン・ジュンギの演じる軍人ユ・シジンとソン・ヘギョ演じる胸部外科医のカン・モヨン。
ユ・シジン大尉の部下であるソ上士(チング)とその恋人であり上官であり軍医のユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
この2X2の主人公が繰り広げる恋愛ストーリーですが・・・

とにかくですね。
ユ・シジンが仕事がら危険な目に合うことも多いし
急に呼び出されては、どこに行っていつ帰ってくるかもわからない
そんな男と付き合ったら、私身が持たないからもう無理~とモヨンが別れを告げるんですけど
お決まりのようにまた偶然再会し、
そして二人で何度も危険な目に合いながらも愛を育てていくという
超古典的なストーリー展開で、これなら私にも書けるわい!←言い過ぎ^^;;;
というぐらい単純なストーリーなんですが。

なんでこんなに面白いのかと言えば、やはりセリフ回しなんでしょうね。
もちろん設定もいいです。
軍人さんたちがたくさん出てきます。←当たり前^^;;;
制服に萌えない女子がどこにいる。(笑)
そして鍛えられた軍人さんたちのナイスバディが惜しげもなくそこかしこを走り回り(笑)
気の利いたセリフの数々
(作家は「相続者たち」「紳士の品格」「シークレットガーデン」のキム・ウンスク氏!)
軍人らしい話し言葉
面白い男と無口な男同士の厚い友情
主役はどんなに撃たれてもぜったい死なない(笑)
せつないOSTの数々

あらゆるヒットの法則に徹底してのっかって作られたドラマなんですね(^_-)-☆

こりゃ嵌るわ^^;;;

今日もわたくし後輩のY嬢とトイレでテフ話で盛り上がっておりました(笑)

ということで、ミョンミンさんの前でソン・ジュンギの話ばかりしていると

「オイ、SAMTA!オディルボヌンゴヤ、ナルバヤジ!(どこ見てるんだ、おれを見ろ!)」
と怒られそうなので(んなことはないか(笑))
この辺で・・・



あ、日本放送は6月21日から「衛星劇場」だそうです(^_-)-☆


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。