항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙

「特別捜査:死刑囚の手紙」制作発表会~Photo♪

制作1

「特別捜査」キム・ミョンミンの挑戦。ブラウン管・スクリーン2打席連続興行成功するか(総合)
「演技本座」キム・ミョンミンがブラウン管を超えスクリーン2打席連続興行に挑戦する。
11日、ソウル江南区狎鴎亭CGVで映画「特別捜査:死刑囚の手紙」(監督クォン・ジョングァン)製作報告会が開かれた。この席にはクォン・ジョングァン監督と俳優キム・ミョンミン、キム・サンホ、キム・ヨンエが参加した。

「特別捜査:死刑囚の手紙」は、警察も検察も手も足も出ないブローカー ピルチェ(キム・ミョンミン)が死刑囚から疑惑の手紙を受け取ったあと、世間を震撼させたテヘ製鉄嫁殺人事件の背後を追跡する愉快な犯罪捜査映画。

映画の中心にはキム・ミョンミンがいる。キム・ミョンミンは3月放映終了したSBSドラマ「六龍が飛ぶ」で鄭道伝として演技し50部作の長い呼吸をしっかり導いた。スクリーン復帰は2014年に公開された「朝鮮名探偵:消えた日雇いの娘」以来2年ぶりだ。

「特別捜査:死刑囚の手紙」は、検事でも弁護士でもないブローカー ピルチェ役で登場する。 「もらったただけ働くこと」が原則である弁護士事務所のブローカー ピルチェは、新聞に載るほど有名な模範警察官だったが、現在は後を絶たない事件の受任に「天才ブローカー」と呼ばれるほど有名なブローカー。ある日「テヘ製鉄嫁殺人事件」の犯人スンテの手紙を受けて、その背後を追跡することになる。

この日キム・ミョンミンは「シナリオが本当に面白かった。特別な刺激はなく、その中で暖かい感動と楽しさ、教訓、メッセージを与えるところが、韓国で今まで見た映画とは別の公式という気がした」と出演を決めたきっかけを伝えた。

これまでの作品では、弁護士、刑事、医師などの「士(師)」がつく職業をかなりたくさん演じてきたキム・ミョンミンは「弁護士のように「士」の字の役割をたくさんしたが、その下で働くブローカーの役割は特別で、より多くひかれた」とし、「事務長だが、元警官である。以前作品で「士」の字の仕事を多く演じたので基本的なことを知っていて助けになった。だから、チェ・ピルチェが持っている個性とか、過去、このようなことにについて監督とより奥深く話をたくさんして、なぜチェ・ピルチェがこのような姿になるしかなかったのかについて多くの悩みをすることができた」と説明した。

演出を引き受けたクォン・ジョングァン監督もキム・ミョンミンの惜しみない信頼を明らかにした。監督は「ピルチェキャラクターが礼儀がなく利己的だが、とても信頼感がある人物でなければならなかった。そのような点で、キム・ミョンミンさんの重低音、その声で吐き出す言葉と妙に憎たらしくもあり、またうんうんとうなづきたくなる状況がピルチェとぴったりだった。信頼あるキム・ミョンミンさんの姿からしっかりとした俗物的な姿を選び出そうという思いが符号したようだ」と伝えた。

キム・ミョンミンとキム・ヨンエ、キム・サンホ、ソン・ドンイル、パク・ヒョックォンなどの好演も欠かせない。キム・ヨンエは、巨大権力の実勢であるバイアルとして登場し強烈なカリスマを披露する。キム・サンホは警察でも検事でもない、ブローカーに特別な手紙を書く死刑囚スンテを演技して特有のどっしりとした存在感を発揮する。

キム・ミョンミンとSBS公開採用タレントの先輩と後輩の縁で特別な親交を誇るソン・ドンイルと「六龍が飛ぶ」で共演したパク・ヒョックォンが生み出す調和も劇を見るもう一つの楽しみだ。

この日の制作報告会では、異例の10分間の本編オープニング映像が先行公開され、期待感を増幅させた中で、キム・ミョンミンも「自信がある」とし、作品への期待をお願いした。キム・ミョンミンが「特別捜査:死刑囚の手紙」でブラウン管とスクリーン2打席連続興行に成功できるかどうかに興味が集まる。 5月に公開。


「改過遷善」のような内容でもあり・・・・でも痛快なんですよね?
ソン・ドンイルさんとはSBSの先輩・後輩だったんですねえ・・・

制作2
制作3
制作4

お久しぶりです!
いいお顔してますね(^_-)-☆

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。