항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
특별수사: 사형수의 편지;特別捜査:死刑囚の手紙

「特別捜査:死刑囚の手紙」あらすじ他♪

メインポスター_500

ジュン君の映画「カッター」もなかなかの出来だそうです。
サランハギですでに鑑賞した方によれば
「怖い映画でもなく残忍な映画でもなけど冷ややかだ」とのこと。
テジュン君の演技もミョンミン師匠の弟子らしくうまいとのこと!

で師匠の方の映画ですが
いよいよ宣伝活動が始まりましたね~♪

<記事>
ラマ<六龍が飛ぶ>で鄭道伝を演じた名優キム・ミョンミンの新作映画<特別捜査:死刑囚の手紙>は、警察出身の特級事件ブローカーに変身して疑問の事件を暴く。

5月に公開される愉快な犯罪捜査映画<特別捜査:死刑囚の手紙>は「ブローカー」キム・ミョンミンの営業を知らせる特別予告編を公開し、映画公開を知らせた。 <特別捜査:死刑囚の手紙>は、警察も、検察も手も足も出ないブローカーキム・ミョンミンが死刑囚から疑問の手紙を受け取ったあと、世の中を震撼させた「テヘ製鉄お嫁さん殺人事件」の背後を追跡する犯罪映画ある。今回公開された予告編は、映画の中のキャラクターを巧みに入れて、目を引いている。まるで広告を連想させる今回の予告編は、コピーごとにつく「特別」という言葉に視線を集中させ、映画のタイトルである「特別捜査:死刑囚の手紙>の好奇心まで刺激する。

特に、「特別な人は、特別におもてなししてやる」という強烈なコピーに続いて登場する「フィルチェ」(キム・ミョンミン)の「パンツまでさっと脱がしてやるぜ」という悲壮なナレーションは、事件を掘り下げる彼の執拗な性格を表わし、これから警察も、検察でもない彼が繰り広げることが「特別捜査」として成り行きを注目するようにする。また表情だけで「濡れ衣を着せられた死刑囚」であることを示す「スンテ」(キム・サンホ)とそれとは正反対の人生を生きるような「女史」(キム・ヨンエ)の登場は、彼らの「特別」な存在感を確認させている。

実際の事件を連想させるあらすじだけで映画ファンの好奇心を刺激する映画「特別捜査:死刑囚の手紙>は、5月に公開されている。

<映画あらすじ> From NAVER Movie

「パンツまでさっと脱がしてやる」営業の鉄則に外れた事件の依頼が入ってきた!
かつて模範警察官、今ではできるブローカー「フィルチェ」(キム・ミョンミン)。
 後を絶たない事件受任で「天才的ブローカー」と呼ばれる彼に
 ある日、死刑囚から怪しい手紙一通が届く。
  
 「テヘ製鉄の嫁を殺した奴だな。こんな事件は、近づいたらだめだ」
 世間を震撼させた仁川の財閥「テヘ製鉄嫁殺人事件」の犯人「スンテ」(キム・サンホ)は、
自分の無実を主張し、「お客様が神様」もらっただけ動くブローカーフィルチェは、
ますます大きくなる事件の後に黒幕があることを直感する。
  
 「墓まで行った事件、ばっちり暴いてやる」
 掘り返すほどさらに現われる巨大背後勢力の実体
 お金によって動いていた彼がお金一銭もなしに動く!


<主演>
KMM_20160331100752231.jpg        KSH.jpg
 キム・ミョンミン チェ・フィルチェ役 キム・サンホ コン・スンテ役
SDI.jpg        KYE.jpg
ソン・ドンイル            キム・ヨンエ
KHG.jpg 
キム・ヒャンギ コン・ドンヒョン役

Director.jpg
監督:コン・ジョングァン


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。