항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <50話最終回 あらすじ・レビュー>

50六龍

くロマンチックに新しい世の中を夢見て

5行概要
ムヒュル(ユン・ギュンサン)は、キル・・ソンミ(キル・テミ)に勝ち、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)と一緒にチョク・サグァン(ハン・イェリ)を殺す。バンウォンを救ったブニ(シン・セギョン)とムヒュルは再びバンウォンのそばを離れ、2年後にバンウォンは王の座に上がる。息子イド(ナム・ダルム)から鄭道伝(キム・ミョンミン)とブニの姿を思い出したバンウォンはムヒュルを訪ねイドを紹介する。ムヒュルを介してバンウォンはブニがいるムハン島に行くが、ブニは遠くから眺め、イドと挨拶を交わす。歳月が過ぎて年老いたブニは、ハングルの存在を知り、鄭道伝の墓で息を引き取り、昔ムヘン島でバンウォンとブニが会ったことを見せてくれる。

レビュー
50回の長い道のりが終わった。長い呼吸の間の緊張感、楽しみ、素晴らしい演技と演出すべてがこれ以上いうことのない「六龍が飛ぶ」は最終回も例外ではなかった。派手な武術シーンは目を離すことができない開始を導く。誰かを守るためのムヒュルとキル・ソンミの戦い、誰かを守れなかったイ・バンジとチョク・サグァンの戦いは、そのどの剣術シーンよりも華やかで凄絶た。

「六龍が飛ぶ」は、歴史に想像を加えたし、それぞれの位置で六龍が夢見る新しい世界、特に人間イ・バンウォンに集中することで歴史を完全に順番に表すことを止めようとはしなかった。そのため、第2次王子の乱や、バンウォンが王になって外戚であるミン一家を除去した過程などは、結果だけでいうと簡単に説明するだけだった。

その2年という歳月をはるかに過ぎ展開は歴史の過程よりも太宗イ・バンウォンと息子イドとの対話に集中することにより、国を立てる前に、共に持っていた六龍の心を想起させる。そのような点で幼いバンウォンを演じたナム・ダルムの登場は非常に興味深かった。自分と似ていないが、実は最も似ているイドはバンウォンの自画像であり、懐かしい師匠鄭道伝の残像であり、忘れられない情人ブニの姿まで込めて作る。

血の歴史の中でバンウォンが掴んだ基礎の中で、彼の息子イドつまり、後の世宗を通して実現される初めての夢は、歳月が過ぎ年老いた方(ユン・ユソン)が「バンウォンと息子が何かやり遂げたようだ」と言ったように、「六が飛ぶ」を越えて「根の深い木」に至るまでの世界観の完成形人物 世宗の存在を通して洗わず。陸に上がったブニが、前に表われる「根の深い木」の人物を通して明らかになったハングル創製は、「根の深い木」のプリクォルで始まり、そこで終わる最も「六龍が飛ぶ」らしい結末に向かっていた。

鄭道伝の墓の前でハングルに感嘆しながら息を引き取ったブニを見せて初めて、結局ブニとバンウォンが会ったことを表す。すでにブニの死が明らかになった後だったのでバンウォンとブニの最後の出会いは、よりもどかしいだけだった。 「一日一日ときめき、一日一日が恐ろしく、一日一日が寂しい」「一日一日忙しく、一日一日が孤独でした」共にできない二人はずっと寂しかったが、生きているので、それぞれの場所で何かをしいつも心はお互いを懐かしく思っていることを、またこれからもそうであることがわかった。

新しい国の完成、最終的には、王の座に上がったイ・バンウォンの物語の大きな割合を占めていたバンウォンとブニのロマンスは、風がそうだったように民がそうであるように捕まえることができないブニを、ある時代の痕跡と思いながら送ることで終わりになった。 「会いたかった。ブニ大将」と呼ばれるバンウォンの最後の告白と共に。たとえ「私にそんなロマンが残っていると思うか」とバンウォンは言うが理由はどうであれブニがいる島を侵略する倭寇たちの本拠地対馬を火の海にしてしまえというイ・バンウォン式の言葉は、子供の頃に火をつけたブニを見てロマンチックだと言って惚れてしまったバンウォンを連想させる。まだロマンチックで、まだ火のような太宗イ・バンウォン。最も彼らしい最後だった。

おしゃべりポイント
- 「どうか私を生かしてくれ!」ハムジュ男バンガン兄さん覇気を見て!
- なぜか「根の深い木」が続きそうな感じな感じ
- 作家様!世祖時代を描いた次のドラマ待ってます!これで、朝鮮初期の連結完了
- まだもどかしい、見送る心、6ヶ月の間幸せでした!ありがとうございました「六龍が飛ぶ」!



楽しかったです!
スタッフ、監督、俳優のみなさん
お疲れ様でした。

昨夜は打ち上げでにぎやかだったようですね。
皆さん、やりきった感じでいい表情でした。

ウリミョンドジョンの姿がなかったのがさびしかったですが・・・・(^_^;)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。