항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <48話あらすじ・レビュー>

48六龍

も涙もないユ・アインである
5行概要
戦っているイ・バンジ(ビョン・ヨハン)とムヒュル(ユン・ギュンサン)を発見したブニ(シン・セギョン)はバンジを止め鄭道伝(キム・ミョンミン)の死を知らせ、バンウォンは世子バンソク(ジョン・ユンソク)まで殺す。チョ・ジュン(イ・ミョンヘン)はハ・リュン(チョ・ヒボン)から受け教旨を李成桂(チョン・ホジン)に上げ、バンウォンはイ・ジラン(バク・ヘス)を訪ねて李成桂を説得してほしいと言う。結局、李成桂は、バンガ(ソ・ドンウォン)に王位を譲ることにする。バンウォンは無名を打つことを、バンジはバンウォンに復讐することを約束する。

レビュー
一夜ですべての状況が変わった。誰も安全を平安を保証することができない状態。誰かは、罪もなく死んで、誰かは死んでやっとその理由が作られた。最高権力者の遺体は誰も収拾することができなくなった、あるいはただ使いを頼まれたパルボンアジョシさえも、最終的バンジを守って死を迎えることになる。鄭道伝にした最後の挨拶は、最終的に自分の最後のためのものだった。

誰も一寸先を知ることができない緊迫した状況をすべての登場人物が気を尖らせて、すべてのエネルギーを発揮した。どのキャラクターひとつも遅れをとらず、それぞれの位置で生きて動いた回だったと言っても過言ではない。すぐそばで、まるで今この席で起こっているかのような錯覚を起こすほど素晴らしい演技、人物間のエネルギーは、視聴者をその現場にテレポートする。特に父の剣を受け入れようとしたバンウォン、バンウォンに怒り、刀を差し出したがイ・ジランの懇願で背を向け魂が抜けた笑いを見せる李成桂は、全身的で恐怖を、怒りを噴出しているように見えた。
王子の乱を導いたバンウォン、彼を演じたユ・アインは瞬間の怒り、弟を殺したときの無慈悲さ、無名の種を枯らしてしまおうという殺気で鳥肌が立つほどの怖さを表現した。真の残酷な時間を導いた彼だったが、一方では心を辛くさせのもバンウォンだった。想像の中ヨウギュ(ミン・ソンウク)との出会いがそうだった。ポウン(鄭夢周)を殺し震えヨンギュの手をバンウォンが包んでくれたかのように、今度はヨンギュがバンウォンの手を握ってくれたシーンと「兄さんがいないかったじゃないか。ムヒュルにせたらあいつは私から去ってしまうと思って」というバンウォンの言葉は残酷だったバンウォンをひたすら憎むことができないようにした。むしろ死を受け入れると言って大胆なように父の剣の前に立ったが、ぎくっと驚いた微細な震え、師匠と弟を殺し一人で感じて飲み込まなければならなかった恐怖まで完全に一緒に感じるようにした彼なので。残酷な行為とそれとは逆に流れる切ない感情は、視聴者たちを感情のジェットコースターに乗るようにし「六龍が飛ぶ」だけのイ・バンウォン、ユ・アインの力を如実に表している。

おしゃべりポイント
- 世界で一番かわいそうな人、イ・バンジ
- 「私の首を持って掛け」嗚咽を呼ぶナム・ウンの最後の言葉
- バンウォンを知らないにもほどがあるユクサン先生(アン・ソックァン)


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。