항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? 悲しみの中 #六龍が飛ぶ <47話あらすじ・レビュー>

47六龍

す返すも・・・・最期のミョンドジョンの表情は穏やかで
自分の人生はもちろん、若いバンウォンの血気、
兵が取り囲んだ成均館一体を包み込むような
大きなオーラを感じました。

명도정님..
그동안 감사했습니다.
진심으로 수고 많이 하셨습니다...ㅠㅠㅠㅠ...
47회 마지막 장면 마지막 대사는 결코 잊치 않겠습니다.
저도..“따를 수 있어 영광이었습니다”

그리고 오라방~
꼭 다음 작품으로 뵙고 싶습니다...
"대배우"는 빼고..ㅋㅋ..

ミョンドジョン様
長い間ありがとうございました。
心からお疲れ様でした。
47話最後のシーン、最後のセリフは決して忘れません。
私も「お供できて光栄でした」

そしてオラバン~♡
次の作品でぜひお目にかかりたいです。

「大俳優」は除いて・・(笑)



ッバイ キム・ミョンミン...残酷でジーンとした1時間

5行の概要
チョンニョン和尚(ハン・サンジン)は、ヨニ(チョン・ユミ)を利用て、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)を誘引し、その間イ・バンウォン(ユ・アイン)の一群は、鄭道伝(キム・ミョンミン)一派を襲撃、三軍部までしっかり押さえる。鄭道伝とナム・ウン(ジン・ソンギュ)は、成均館に逃げこみ、人質になったヨニは自分の首を自分で切ってバンジ鄭道伝に送る。鄭道伝の位場所を聞いたバンウォンも成均館に向かい、鄭道伝はバンウォンの剣に淡々と死を迎える。

レビュー
鄭道伝が死を迎えた。鄭道伝の最後の過程は残酷で悲しく、空しかった。すべての流れがバンウォンの意のままに流れていくので、何か起こるたびに結果は予想しやすかった。そのため、そのプロセスはより残念なだけだった。

ヨニとバンジの幸せな約束もほんの束の間、バンジを足止めして置くためヨニの首の前にあった刀はすぐに切迫したヨニの自決を予想するしかなかったので悲しかったし、また会おうという言葉は、守れないということ分かっているので、ナム・ウンと鄭道伝、この二人が交わした対話は、よりほろ苦かった。

夢の主人になりたかったバンウォン、しかしバンウォンを知って防ぐしかなかった鄭道伝は、過酷に生きる者と過酷に死ぬ者としてついに向き合う。殺気のこもった目、狂気を含んだ表情で言わなくても、欲望、感情をあるがままに感じるようにしたバンウォンは、最終的に自分の前に姿を現した鄭道伝の前ではむしろ落ち着いて見えた。鄭道伝もそうだった。すべてのものを下した最後の一歩、バンウォンに向けた笑顔、そして「くたびれたな、バンウォナ」という最後の言葉まで。朝鮮建国はもちろん、このドラマを導いてきた鄭道伝の最後を見届ける悲しみを皆に抱かせるのに十分だった。

1回から47回までのドラマの一つの軸を担当していた鄭道伝だが、イ・バンウォンを十分に理解するようにしたストーリーとバンウォンを演じるユ・アインのためにイ・バンウォンの側になって鄭道伝を眺める視線が支配的だった。しかし、完全に鄭道伝の最後に集中した今回は、久しぶりに鄭道伝の立場から、鄭道伝の感情で眺めるように導いた。死の前に淡々とした鄭道伝、迷わず鄭道伝を刺したバンウォン、焼けてしまった鄭道伝の名前が書かれた紙、そしてBGM「ムイイヤ」は、悲しい感情をより高めた。

私たちは、もう一人の主人公をこの血の嵐の中失った。 「お供することができて光栄でした」というナム・ウンの最後の挨拶は、鄭道伝を切ったバンウォンもしたかったようだ。また、最後の瞬間まで隙のない演技で感動を与えた「ミョンミン本座」キム・ミョンミン印鄭道伝に視聴者が伝えたかった挨拶かも知れない。

おしゃべりポイント
- 李成桂(チョン・ホジン)は乱れた髪で深刻な状況なのに、思わず笑いが。
- 鄭道伝の手紙を受け取ったバンウォンが爆笑に鳥肌
- 来週最後という思いに鄭道伝の死ほど悲しみが押し寄せます


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。