항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 47話 鄭道伝vsイ・バンウォン最期のセリフ(泣)

201603142212771026_56e6c39094773.jpg


ョンミン オラバン・・・・スゴハショッソヨ~
お疲れ様でした・・・
ついにこの瞬間が来てしまった・・・

珠玉の名場面でした。
見ながら訳しながら、なぜか体の震えが止まらなかった・・・

セリフが載った記事があったのでまずは訳してみました・・・


14日放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」47話でユ・アインは成均館を訪ね
キム・ミョンミンに「出てこい」と叫んだ。
これにキム・ミョンミンは書簡を送り「静かにしろ。すぐに出て行く」と伝えた。
ユ・アインは「皆の者、静かしろ。師匠が時間が必要だとおっしゃっている」と叫んだ。

同じ時刻キム・ミョンミンは弟の道光に手紙を書いた後、
儒生たちに「明日の朝、多くのことが変わったとしても、(あなたたちは)変わらないように願う」と言いユ・アインに向かった。
ユ・アインは姿を現したキム・ミョンミンを見て、「逃げなかったのか」と独り言を言った。

キム・ミョンミンは「ちょっと歩くか」と提案しユ・アインは「はい、ススニム」と答え、二人は道を歩きだす。
キム・ミョンミンは「どうして逃げなかったのですか。そう叫んだのに」という質問に
「その必要が特にないからな。お前と私が作ろうとする国は実際同じようなものだ。
私がしてもお前がしても関係ない。ただし、今は私の道がずれてしまったので退くだけだ。
おまえは私の思想と構想を最も知っているから上手くやれるだろう」と答えた。

続いて「遼東征伐はしません」というユ・アインの言葉にキム・ミョンミンは
「それもまた生き残る者が決めることだ。生者が悩んで考えて時代をリードしていくものだ。
亡者が時代を引っ張っていけるものか。
くたびれたな・・バンウォナ~」と目を閉じた。

これにユ・アインは刀を抜き、
キム・ミョンミンは「過酷に生きたり、過酷に死んだり、また私もそのようになった。ポウン」
という独り言を言い、ユ・アインの剣に命を落とした。



2 Comments

このみ says...""
今、最終話を見たあとなので、この一連の写真を見ると、本当に目がうるうると・・・・
名場面でしたね~~~
ミョンミンさんの最後を覚悟した演技、アイン君のそれでもしなければならない決意の演技、
お二人共最高でした。



2016.04.13 17:42 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
このみさん

お返事がすっかり遅くなってしまいました・・・

今振り返ってみても、
荘厳で重厚な名場面でしたね。
ミョンドジョンの抑えた表情がまた酢玉でした(T_T)
2016.04.19 23:12 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。