항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <46話あらすじ・レビュー>

46六龍

史がネタバレであっても...視聴者を思うがままに

5行要約
チョ・ヨンギュ(ミン・ソンウク)の死で世子と鄭道伝(キム・ミョンミン)を殺す決心をしたイ・バンウォン(ユ・アイン)は、ヨンギュの葬儀で人々を集め、自分の計画を言う。李成桂(チョン・ホジン)は、朱元璋が死んだという知らせに大軍と共に遼東へ出兵すると宣言する。バンウォンはムヒュル(ユン・ギュンサン)にパン村の武器をこっそり運び出させるなど準備を開始し、遼東出兵前日イ・スクボン(チャ・ヨンハク)が、兵と共に都城に入ってくる順番となりバンウォンらは武装して鄭道伝に向かう。

レビュ
今すぐにでも鄭道伝の所に行くだけのようだった予告編は、大きな期待を持たせた。しかし、そのシーンが今回の最後の場面になるという不安と予測も一緒にあった。懸念は現実に。王子の乱という重大事件を簡単に見せる「六龍が飛ぶ」ではなかった。王子の乱を準備する過程、遼東出兵日変更で可能になった計画、その過程での策略と心理で1回を満たし、期待どおりの本格的な王子の乱は、一週間待ってこそ見ることができようだ。

期待していた王子の乱が展開されていないのでバンウォンの決定から計画、実行までのプロセスは、興味が小さかったかもしれない。ややもすると退屈に感じたかも。しかし、台風の目の中がより静かであるということか。大事を控えた今回は、すぐに臨む渦を目前にしたようにハラハラし、本格的な準備の中心にあったので、それだけでも十分に緊張感を造成した。歴史の中で、また、以前のドラマ「根の深い木」を見た場合、おおよそ予測することができる結末、その知っている結末が近づいて来るのを待つことがいかに緊張させるかを「六龍が飛ぶ」は如実に示している。むしろシーンの一つ一つをより注目するようにさせ、時にはよりかわいそうな登場人物たちを眺めるようにした。さらに鄭道伝、チョン・ドグァン、チョン・ギジュンにつながる密本 本院を集めたシーンは、「根の深い木」を見た視聴者であれば、注目しないはずがない。

もちろん、ムヒュルがパン村で武器を運び出す過程で祖母の登場、ムヒュルの説得、外でパン村の人々と面して疑いを受けて注目されたシーンでは、息苦しさを感じることもある。しかし、これはそれほどその過程に集中し、緊張していることの反証ではないか。それはまた重要な展開のひとつの役割を占めているのは明らかである。歴史を知っているのに、見ている間終始計画がずれるのかイライラし、プロセスに集中するようにするのがこのドラマの力であることをもう一度証明している。 「くたびれたな、バンウォナ」の一言だけで状況、感情のすべてを表現した予告編はまたどうだろうか。相対する二人、鄭道伝の表情と短い一言は長い余韻を残している。

おしゃべりポイント
-スタイルにこだわる毛皮愛好家バンガン(カン・シンヒョ)兄さん
- イ・バンジ(ビョン・ヨハン)とヨニ(チョン・ユミ)、バンウォンとミン・ダギョン(コン・スンヨン)同じ抱擁でも違う感じ
- イ・バンジ、久しぶりに笑ったのに!心が痛むことでは右に出るものがいない、切ないバンジ ヒョン
- チョク・サグァン(ハン・イェリ)はまだ死んでないしょう?




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。