항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ ユ・アイン、華やかな帰還..今、密本 キム・ミョンミン掴む

みるぼん
密本ミルボン 一代イルデ 本院ボノォン 鄭道伝

201602232241778930_56cc676598340.jpg


「六龍が飛ぶ」ユ・アインがすべての危機を克服し、生きて帰ってきた。ユン・ギュンサンは武士として成長し、キム・ミョンミンは士大夫たちと民を根源とし勢力をさらに育てた。

23日午後放送されたSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」42回でイ・バンウォン(ユ・アイン)は、後に明の第3代皇帝永楽帝ジュチェ(ムン・ジョンウォン)と対立した。

ムヒュル(ユン・ギュンサン)は、イ・バンウォンを守るためにジュチェの首に刀を向け、最終的に死ぬ危機に瀕している。これにイ・バンウォンはムヒュルが戦って死ぬことができるような機会を作りムヒュルに「お前が生きてこそ私も生きる」と必ず生きろと言った。

結局、ムヒュルは信じられないほどの怪力で相手を制圧して勝利した。ジュチェは、願いを話すように言いムヒュルは「私が行なったことのために王様の護衛武士を死刑にすることもできると聞いた。彼らの命を助けてくれ」といい「何かを守る人々はお互いに通じるものがある。もう一度守りたいと思う。もっとうまく守れるだろう」と言った。

これにジュチェは護衛武士たちに生かしてやれと命じた。イ・バンウォンはチュジェに遼東を通過させてほしいと重ねて要求した。それと共に彼はジュチェの心理を完全に打ち抜いた。彼が王子の座を奪われた後、南京での遠大な希望を抱いていると気付く。

結局、ジュチェは無名(チョン・ミソン)の意志を受け入れイ・バンウォンの手を握った。ジュチェは「活路を君で作ってみたい」と「陛下に上げる書簡を書いてやろう」と言った。それとともにムヒュルを要求した。ムヒュルはイ・バンウォンに「ここの武士を皆噛ん食べてやる」と念を押した。

時が流れゴンヤン王(イ・ドヨプ)は寂しく死を迎え、ブニ(シン・セギョン)は、パン村の行首になった。また鄭道伝(キム・ミョンミン)は、自分の志を広げるために慎重に動いた。無名はパン村にスパイを隠しておいたが、イ・バンジ(ビョン・ヨハン)は、彼が三峰に関連する書簡を盗んで出るのを見て後を追った。

ブニは、イ・バンジの言葉に基づいて、彼は無名と関連があることを感じ取り、その時キル・ソンミ(パク・ヒョクォン)が表われ、彼を殺した。イ・バンジとキル・ソンミは再び対立した。キル・ソンミは肉片をブニに投げて逃げ、パン村に隠れて住んでいたチョク・サグァン(ハン・イェリ)は、隠された書簡を発見しブニに渡した。鄭道伝は、士大夫たちを集めて、「朝鮮という国の根は弱い。士大夫がこの国の健康な根にならなければならない。しっかりと隠された根になければならない。私たちは、この地のミルボン密本である」と述べた。そして、民が根本であることを主張した。
そして、その時どんな知らせも聞けなかったイ・バンウォンは再び明に姿を現した。ムヒュルはイ・バンウォンに会い、そのように2次の戦争が始まる兆しを見せた。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。