항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 42話 復習♪ 「以大事小者,樂天者也」

2016022322435545306_1.jpg


「根の深い木」を見ている方はここで大拍手だったでしょう~(^_-)-☆

ミルボン!(密本)さんぼんの秘密結社が誕生した記念すべき回です☆


グラディエーター ムヒュルもよかった~!
またひとつ名場面誕生しましたね(^_-)-☆


ということで今夜は気分よく♪

リンクは下に

ところで劇中バンウォンのセリフにあった孟子の言葉ですが・・・

齊の宣王の質問「鄰國と交わるに「道」(よい方法・哲学)があるか?」

孟子對えて「有り。仁者なら大国であっても小国を侮らず大事に応じる。
殷の湯王が葛に事え,周の文王は昆夷に事えたのはこの理由です。
智者なら小国でも大国に慎重に対応し(やがて立場を逆転させることもでき)ます。
文王の祖父王は北狄の獯鬻に事え、句踐は(臥薪嘗胆して)吳に事えたのはこの理由です。

大をもって小に事えるものは天を楽しむもの;小をもって大に事うる者は天を畏れる者といえます。
天を楽しむものは天下を保ち,天を畏れるものはその國を保つ。
《詩》に云う:『天の威を畏れ,于時(ここに)これを保つ。』と。」

王曰く:「大いなるかな言や!」


意味:隣国との友好のためには「以大事小者,樂天者也」
仁ある大国側が小国に礼をつくせ、それこそ繁栄を享楽する道、ということだろう



うわ~もうこれってまさに今、この瞬間、どこかの大国^^;;;に投げたい言葉じゃないですか!


4 Comments

このみ says...""
「蜜本」が誕生しましたね♪♪

ブニの成均館の下の村の話が出てきたときは、おぉー!なんてうまく「根の深い木」と繋げることか!とそれこそ拍手で思ったのですが……
私はここで、ゴールの決まっている道へつなげなければならない不自由さをちょっと感じました。
この時期の鄭道伝は、六龍でもかかれているように遷都と制度改革に一心不乱、脇目もふらず邁進しているのに蜜本まで?! おまけに無名の組織を解明してつぶさなければならないのに・・・
成均館の儒生の教育は一番大事と思いますが、「根の深い木」でも蜜本員は、儒生の中のひとにぎりの秘密組織だったし・・・・
まぁドラマなので仕方ないですけど・・・・(笑)

バンウォンと永楽帝は、ここで絆ができるのですね・・・
イ・ソンゲもずっと明から冊封されなかったけど、バンウォンは永楽帝との繋がりで李氏朝鮮で初めて冊封された王になれましたものね~
この42話が良かったので、その後一気に47話まで視聴しました。
そして脱力して、いま少し休んでいるところです。

ムヒョルが変わってきましたね~
2016.04.08 15:46 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
このみさん

なるほど~確かに密本なんて作ってるヒマはなかったはず(笑)
さすがですね。
でもここはミョンドジョンの数少ない見せ場でした^^;;;

ところで47話まで一気に視聴されたんですね。
ふふふ
脱力しますよね。47話。

ムヒュルは笑わなくなりましたね・・(;_:)


2016.04.09 23:12 | URL | #fyi.zixU [edit]
このみ says...""
数少ない・・・・・それが問題じゃぁーーー (▼▼#)
2016.04.10 11:06 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
まったくでごじゃるよ・・・・トホホ
2016.04.10 11:10 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。