항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ ビョン・ヨハン - チョン・ミソン、ついに会った...悲しい母子再会

RE39353793_ori.jpg



六龍が飛ぶ 母子 ビョン・ヨハンとチョン・ミソンが再会する。

22日SBS創社25周年特別企画「六龍が飛ぶ」製作陣は41回放送を控えてヨンヒャン(チョン・ミソン) - イ・バンジ(ビョン・ヨハン)母子の出会いが込められた場面を公開した。

公開された写真の中、暗い夜、向き合って立つヨンヒャンとイ・バンジの姿が収められている。イ・バンジは突然の母ヨンヒャンの登場に驚いたように魂が抜けたような表情を浮かべている。一方、母であるヨンヒャンは断固として鋭い目つきで息子を見つめている。別の写真では、息子とすれ違うヨンヒャンと、あえて目を閉じたイ・バンジの姿も確認することができる。

二人の間には、刀が落ちている。暗闇の中二人の母子の再会が限りなく感動させる雰囲気をかもし出す。

昔、田舎の村婦だったヨンヒャンはイ・バンジ - ブニ(シン・セギョン)兄妹を育てて生きていた。しかし、何らかの理由で突然消え、イ・バンジ - ブニ兄妹は、母親を探すために多くの時間をさまよった。この過程で、純粋だった少年イ・バンジは刀を握り、三韓​​第一剣となった。数えきれないほど剣を競い傷を負った孤独な武士に成長した。

決して短くない時間の間会えなかったヨンヒャンとイ・バンジ母子。この時間は、二人の位置も引き離した。ヨンヒャンは無名という組織の長となり、イ・バンジは鄭道伝(キム・ミョンミン)の護衛武士として無名を掃討するために動いている。母子が互いに正反対に立つものである。

以前ヨンヒャンはイ・バンジの妹のブニと一度会った。その時ヨンヒャンはブニに「私はあなたたちを捨てた」とつれなく背を向けた。母ヨンヒャンの言葉は、ブニとイ・バンジにそのまま傷として残っている状況。このような中、ヨンヒャン - イ・バンジ母子はどのように再会したか注目される。

ヨンヒャンとイ・バンジ、悲しい母子の再会は、22日午後10時放送される「六龍が飛ぶ」41回で公開される。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。