항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
韓国語

お知らせ☆ ひろば横浜で 書道2:「龍飛御天歌」!



清書 左は見本です^^;;;字のバランスが難しい・・
練習
BANSHO.jpg

日初めてハングルの書道を体験しましたが
漢字の書道と筆の使い方がまったく違うのでめんくらいました・・・

線は同じ太さになるように、ゆ~っくり筆を動かすんですね。。。。

でもでも、とっても楽しかったです。

筆はいちいち墨をすらなくても、今は優秀な筆ペンがあるんですねえ。
くれ竹の美文字 完美王 毛筆中字 500円!
これさえあれば、美しいハングルが書ける・・・・はずです・・・いつの日か・・・(笑)

ひろば横浜の書道教室は、毎月最後の土曜日夕方5時から6時半

第2回のテーマは「根の深い木」「六龍が飛ぶ」の題名の元になった
「龍飛御天歌」だそうです~!
私が六龍をアピールしすぎたからか・・・(笑)

■서예 書道

【日時】 2月27日(土) 17時~18時30分
体験作品 : ハングルの旅 その2  板本体

参加費: 3,200円(講習費・材料代込み・当日お支払い)
持ち物: 筆ペン(くれ竹の中字など)  下敷き・文鎮(貸出あり)
今回は、数種の半紙(筆ペンで滲まない清書用紙)を使用します。

<龍飛御天歌>の版本体を取り上げます。1447年に創られた
建国叙事詩125章の中の第2章(ハングルのみで記述された有名な箇所)を書きます。
この作品は、韓国で大人気のドラマ육룡이 나르샤(六龍が飛ぶ)でも
使われてます。

根の深い木


講師:ハングル書芸講師 李裕泉さん
【お申込み・お問合せ】 korean-culture@hirobayokohama.com まで。

ひろば横浜hpはこちから

ころで、ハングルの成立のルーツは長く判然としなかったそうですが
1940年、慶尚北道安東の旧家から木版刷66ページの「訓民正音」が発見されたことにより
その明確な全容が明らかになったそうです。

ええ~?1940年ですか・・
近代になってからわかったんですね・・・
それまではどこかの両班が寝転がって作ったとか
いろいろな説があったそうですが。

いやいや面白い。


☆おまけ☆
2月24日にはポジャギ
3月12日には韓紙工芸
があります~☆
HANJI.jpg
韓紙工芸:今度はこれを作るんだそうです(^_-)-☆

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。