항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 37話 キム・ミョンミン - ユ・アインは決して気づかない。

hutari.jpg

、門外不出って四字熟語はここからきてるんですね~(^_-)-☆

そして韓国は旧正月。記事も少ないですが
あらすじもお休み。
たぶん38話と一緒に出るのかな・・・

門外(杜門)不出な高麗忠臣者たちの本拠地に火をつけたユ・アイン。どこに飛ぶかわからない彼の将来は無事だろうか?
それほど望んだ新朝鮮の建国と「門外不出」という言葉でよく知られている歴史の中の儒者らの反発を扱ったSBS「六龍が飛ぶ」37回でバンウォン(ユ・アイン)は、偉大な儒者鄭夢周(キム・ウィソン)を撃殺した責任を問い、すべての大義から除外され、鄭道伝(キム・ミョンミン)は、派閥と財政はもちろん、人事権まで掌握して自分の地位を広げていった。

すべてが鄭道伝の計画通り順調に流れて行く中、予期せぬところで問題が発生した。一大之制の中核であり、朝鮮を導いていく人材を選ぶ科挙の試験が初めて行わた日、一人の儒生もその場にいなかったのだ。多くの儒生は杜門洞に集まって掛冠し(職を辞すること)朝廷と王朝を認めないというデモを繰り広げ、事実を知った鄭道伝は危機を直感した。

どんな罪も問うことができないため儒生たちの集団デモを見守るしかない鄭道伝。重大な時期に脅威になる儒生たちの反乱に深い憂いに陥った鄭道伝の苦悩は、37回の瞬間最高視聴率である15.6%(首都圏基準)を記録した。一歩一歩容易ではない道を歩いている鄭道伝の悩みに答えを与えたのが間違いなく、バンウォンだった。

バンウォンは鄭道伝を訪ね杜門の儒生たちを説得してみると申し出た、説得される者は説得するが、説得されない者も、少なくともそこに留まらないようにしたいと豪語した。すぐに杜門に向ったバンウォンは、自分のやり方で勢力を作ると固く決意、儒生の住まいに火をつけろと命じる姿で反転のエンディングを飾った。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。