항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 37話 朝鮮がいよいよ建国!

2016020811125558633_1.jpg


ドラマ「六龍が飛ぶ」で朝鮮がいよいよ建国される。
8日放送されるSBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」では、李成桂(チョン・ホジン)が朝鮮を建国し即位式を受ける姿が公開される。
公開された写真の中の李成桂とカン氏夫人(キム・ヒジョン)は、王家の官服を着たまま堂々とした歩みで宮に向かって歩いている。李成桂とカン氏夫人のそばには、今まで六龍と共に走ってきた功臣たちが席を守っている。鄭夢周(キム・ウイソン)を撃殺したイ・バンウォン(ユ・アイン)はもちろん、李成桂に易姓革命の意志を植え大業の心を抱くようにした朝鮮の設計者鄭道伝(キム・ミョンミン)も立っている。
何よりも目を引くのは、イ・バンウォンと鄭道伝の全く違った表情である。二人は誰よりも朝鮮建国を望んでいた人物である。しかし、鄭夢周撃殺を置いてイ・バンウォンと鄭道伝の志にひびが入り「六龍が飛ぶ」の劇的緊張感を引き上げた。李成桂の即位式の後、六龍の関係の変化がどのように行われるのか成り行きが注目される。
他にも李成桂の息子であるイ・バンガ(ソ・ドンウォン)とイ・バンガン(カン・シンヒョ)、李成桂の姻戚である閔齊(チョ・ヨンジン)、ナム・ウン(チン・ソンギュ)、チョ・ジュン(イ・ミョンヘン)などの姿も見られている。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。