항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <35話あらすじ・レビュー>

35.jpg

いに善竹橋の血の雨が降る

5行概要
イ・バンウォン(ユ・アイン)は、山の中で発見した民家に入って身を隠し、チョ・マルセン(チェ・デフン)の助けを借りて李成桂(チョン・ホジン)を開京に無事連れて来る。鄭夢周(キム・ウィソン)は流刑に送った鄭道伝(キム・ミョンミン)一派を処刑するために開京に連れもどすが、李成桂の容態を把握することができないため処刑を容易に決定することができない。ムヒュル(ユン・ギュンサン)はチョク・サグァン(ハン・イェリ)の正体を知リ、バンウォンは、最終的に鄭夢周を殺す決意を固める。

レビュー
李成桂の状態を知ることができない不安でコンヤン王(イ・ドヨプ)と鄭夢周は鄭道伝を処刑するという決定を容易に行うことができなかった、鄭夢周に向けた極度の怒りに彼を殺すことが正しいと判断はしたが、不十分な名分と最後の決心がつかないバンウォンは簡単に行動することができなかった。ゴンヤン王と鄭夢周は李成桂と鄭道伝を処刑する状況が必要だったし、バンウォンは鄭夢周を殺す心の力が必要だったもの。そのため、鄭夢周とイ・バンウォンの恐怖と怒り、お互いを把握するために繰り広げた、抑えた動きなどでほとんどの時間を費やした。特にバンウォンが解決するために、自らの名分を備えるため持った一時間ほどの展開はやや退屈したりもした。しかし、この過程が「撃殺」という言葉で予告された鄭夢周の死に向かっていることを知るにバンウォンの悩みは見る者も共に悩むようにし、苛立たせ、悲しい事件が起きることを待たせたりもした。その過程は、まるで視聴者の理解というもう一つの名分をバンウォンが積んでいるかのように見せたりした。

バンウォンの心の中でホン人衆(チョン・ノミン)が現れ語る。鄭夢周の終焉は高麗の終わりであり、朝鮮の始まりだから、自らの手でそれを達成することができてときめのか、または、肩身が狭くなるか、子孫の継承に支障が起きたらどうしようか、世間に背を向けられて寂しくなるだろうか、恐れて躊躇するのかと。いつもバンウォンの心を読んできたホン・インバンは、今回もポイントになるバンウォンのすさまじい絶叫をもたらす。しかし、否定したいがこれも事実。本当に辛いことなのか、苦しいふりをしなければならないことなのか、知ることもできないバンウォンの心であるが、鄭夢周に向けた鄭道伝と李成桂の心も知るにバンウォンは迷うしかなかった。しかし、バンウォンの味方だというブニ(シン・セギョン)、切迫した鄭道伝の処刑はバンウォンの決意を行動につなげる。

バンウォンと鄭夢周の動きは、この瞬間のためにすべてのエネルギーを集めていたのではないかと思うほど、最後になってから抑えておいた力が爆発するように感じられる。BGM、スローな画面で見せてくれたバンウォンと鄭夢周らの歩み、その夜を過ごしている他の人物の姿はヨンヒャン(チョン・ミソン)の独白ときちんと調和し緊張感を提供する。 「今夜、高麗の歴史で最も長い夜になるでしょう」というヨンヒャンの言葉のように長い夜であり、最も有名な夜のいずれかになる善竹橋の夜にイ・バンウォンと鄭夢周が向かう。予想が可能な展開であった。しかし、事前を知っていると、予測が可能であると言って、その感動が落ちることはないこと「六龍が飛ぶ」はまた一度証明している。イ・バンウォンと鄭夢周の「何如歌」と「丹心歌」をセリフに解いたことを予告編で惜しみなく見せてくれたことに不意打ちをくらったすっきりした気持ちを抱かせてくれた。俳優の声だけで感じられる彼らの爽快な演技は目の前まで迫った鄭夢周の死を悲しいが大きな期待を抱いて待つしかない。

おしゃべりポイント
- 「ついていくよ」このようにちょっととぼけたチョ・マルセン!
- いよいよムヒュルが名前を知っている人と戦って勝とうとするようです。
- ときめく身長の差!ムヒュルとチョク・サグァン
- 虫を吐き出せと、ブニがいうべきだったのではないでしょうか?


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。