항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 33話 「東方雙龍」師範ホン・デホンはいったい何者?

20160125074454_805097_600_1199.jpg


ム・・・また新たな秘密が・・・

ホン・デホン、おまえもか・・・・・

月火ドラマ「六龍が飛ぶ」謎の師弟関係、イ・ジュニョクとパク・ヒョックォンが出会う。
SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」は、腐った高麗を覆し、新しい国朝鮮を建国するために身を起こした六人物の物を描いたファクション史劇である。 「六龍が飛ぶ」には特別な武士たちが多数登場する。現、三韓第一剣のイ・バンジ(ビョン・ヨハン)をはじめとし、後日朝鮮第一剣となるムヒュル(ユン・ギュサン)、イ・バンジとの決闘を介して最後を迎えた前、三韓第一剣キル・テミ(パク・ヒョックォン)、谷山剣法の後継者チョク・サガン(ユンラン/ハン・イェリ)などがその例である。これらの武士が繰り広げる派手なアクションとエキサイティングな話は緊張感を倍加させる。

「六龍が飛ぶ」の中武士たちの話の中心にいる人物はホン・デホン(イ・ジュニョク)である。ホン・デホンは過去、キル・テミ – キル・ソンミ兄弟、ホン・リュン(チョン・ドゥホン)の師匠であった。そして現在ムヒュルの師匠でもある。本人は武術に長けていなく、みすぼらしく見えるホン・デホンだがチョク・サガンの正体が女性であることを知っているなど、とんでもない秘密を解いて熱い視聴者の関心を集めている。

このような中、25日の「六龍が飛ぶ」の制作陣は劇中師匠と弟子の間のホン・デホンとキル・ソンミの意味深長な姿を公開し注目を集めた。

写真の中のホン・デホンとキル・ソンミは暗い夜、居酒屋に向かい合って会話を交わしている。キル・ソンミは重要な話をするように、何かを問い詰めるように鋭い目つきでホン・デホンをみつめている。普段みすぼらしいが、天然さを失わなかったホン・デホン、かなり真剣な表情で、弟子のキル・ソンミの視線を避けている。

無名の一員として、過去イ・バンジ、ブニ(シン・セギョン)兄妹を生かしてくれて兄妹の母親であるヨンヒャン(チョン・ミソン)のそばを守ってきたキル・ソンミ。彼が久しぶりに会った師匠ホン・デホンと交わした話は何だろうか。この会話を通してチョク・サガンの正体のように、隠されていた別の秘密が明らかにされるか成り行きが注目される。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。