FC2ブログ

항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
파괴사破壊された男

18じゃなくて19❤禁^^;

19禁

うですか。
昨年のこの時期、青少年観覧不可映画で100万人を超えたのが「こうもり」(日本題名:乾き)と
「マザー」(日本題名:母なる証明)だけだったんですね。

それが、今年は青少年観覧不可にもかかわらず動員数100万人を超えた映画が
「許しはしない」「下女」「房子伝」 「破壊された男」^^ 「苔」5作も!
しかも100万人を超えた映画は11編だそうですから
約半数ですね☆

こうして見ると100万人を超えるっていうのは立派な興行成績と自慢していいのね☆と
あらためて認識しました。
「房子伝」はソウルから帰国する金浦空港で最後に見た映画ですが(8回目の映画でさすがに
ぼ=っとして見ていたので、内容がよくわかりませんでした^^;)
艶ぽい場面が多く(ペ・ヨンジュン主演のスキャンダルのキム・テウ監督作)ちゃんとセリフが理解できれば
面白い映画なのではないかな?と思いました


ところで、先日のカフェ10周年のファンミの動画がアップされまして
見ようとしているんですが、アクセス多くてなかなか開きません。
全部で10分ものが10個もあります(^○^)
質問コーナーを2個だけ見れたんですが
次回作についてミョンたんがお話しているところがありました。

ミョンたん「今度の映画は青少年の方々も楽しんで見ていただける映画です!」
ファンたち「わ~!!!よかった!嬉しい~!!」
ミョンたん「特別な場面とか、残酷な場面はないと思いますし・・・
      撮影は8月の中旬か月末からで、公開は来年の旧正月です。^^
      とにかく楽しい映画になると思います。」
      「皆さん、もうご存じでしょう?チョン・ヤギョン・・・・(省略)」

ミョンたん「似合わないと思われる方もいらっしゃると思うのですが・・・

      よく似合います^^ 」(爆笑)


だそうです

次回作は家族で楽しめる大型娯楽映画ですね。
聞くところによるとCGなども使うのだとか・・・まあ最近の映画は普通にCG使いますしね。
フュージョン史劇って感じかな?

楽しみ~

あ、そうそう、今回のファンミのミョンたん、すご~く楽しそうでハツラツとしています。
できるだけたくさんのファンの質問に答えようとしているのかな?
なんだかね。ものすごくせっかちに見えるんですよ^^;
ただ見てるだけでもなんだか楽しくなります^^

そして昨年の「ネサギョ」のときとは印象が少し違うなあという感じです。
あのときは肉体も精神的にも回復していなくて、そういう状況で
がんばってファンの前に出てきてくれたんですね・・・・




今年の韓国映画、興行作半分が“19禁”青少年観覧不可 大勢
[ニュースエン ホン・ジョンウォン記者]     元記事はこちら




今年韓国映画市場はひときわ、青少年観覧不可映画の活躍が目立つ。
<下女> <房子伝><苔>そして、少し前に100万人を突破した<破壊された男>をはじめとする19禁
映画がひきつづき良い興行成績を出して目を引く。

これは2010年韓国映画界の新しい風だ。 青少年観覧不可等級の映画は映画を観覧する観客層に限界が
あって、簡単に大ヒットしにくいということが一般的な俗説だが、今年は例外だ。 上半期公開した
イム・サンス監督<下女>が220万人を集客したのに続き<房子伝>が現在まで300万人余りを記録して
ロングラン中だ。

また、先週末200万人を越えたカン・ウソク監督<苔>と、100万人を動員したキム・ミョンミン主演
<破壊された男>が下半期興行映画の隊列に合流し、19禁映画の底力を見せている。

特に今は10代の観客が劇場を訪れる夏休みシーズンであるのにも関わらず、青少年観覧不可映画の興行
の勢いは冷めることを知らずにずっと続いている。

去る1月公開した<容赦はしない>を含めば今年公開した映画中100万人以上の成績を出した11編中5編が
青少年観覧不可等級だ。 昨年この時期まで100万人以上興行した青少年観覧不可等級の映画が<コウモリ
(乾き)> <マザー>ただ二編だったことと比較してみると、今年は19禁映画の劇場街占有率が爆発的
に増加したと見られる。

このように青少年観覧不可等級の映画が浮上した理由は映画界に2年前から吹いているスリラー熱風が
大きい影響を及ぼしたと分析される。 スリラーの主な素材の犯罪、殺人、誘拐など多少刺激的な素材の
映画がたくさん作られながら自然に劇場街に青少年観覧不可映画が多くなった。


6 Comments

SOON says...""
そうなんですね。禁の人達がいっぱい…
でも マザーもそうだったんだ。日本で公開されましたよね。じゃあ ”破壊された男”も大丈夫ですね。
ミョンたん 楽しそうなんですか?よかったです~
事務所運営とか 俳優業以外にも大変なのかなーといらん心配をしてたんで 余計なお世話様ですが…
チョン・ヤギョン それは似合うでしょう。なんたってミョンたんですもんね!
これからも 妙な事に巻き込まれず 突っ走っていただきたいものです。ファイティーンv-363
2010.07.27 23:51 | URL | #JalddpaA [edit]
みょんじゃ says..."韓国語ジャーナル"
SAMTAさんも、このブログ常連の皆様も、とっくにごぞんじかもしれませんが、(すこし古い話ですが)「韓国語ジャーナル23号(2008年冬号)」の冒頭インタビューと表紙がミョンミンさんです。付録のCDに短いですがインタビューも収録されています。編集後記を見ていたら、こうありました。「日本の印象を聞かれた韓国の芸能人が、よく語るけど紙面には反映されないコメントに『駅の立ち食いソバ屋のうどんがウマイ!』というのがある(笑)。なんと、表紙のミョンミンさんもゲキシブなお声でそうおっしゃっていました萠え」どこかの駅で、立ち食いうどんを召し上がっているミョンミンさんの姿を想像してみてください!それはそうと、いつ来日していたんでしょうね? このインタビューは、日本で録ったのではないようです。
2010.07.28 21:03 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
SOONさん あんみょ~ん♪

韓国のスリラー系は日本でも男性客にウケるので
結構日本で公開されているのではないでしょうか。
そういった意味で「破壊された男」は日本で公開される可能性高いと思うのですが^^
ていうか、ぜったい来てね~☆ですよね。
口コミ活動しなきゃ!です。


ファンミの中で、芸能人になってどうか?という質問があり、
「得るものがあれば失うものがある、と言うが、
私生活で不便に感じることがある。
最近はツイッターなんてものまであるし(;一_一)

時々コンピューターを無くしたくなることがある^^;」
って笑いながらおっしゃてましたね。

でも基本的には幸せだっておっしゃってましたよv-345

なんの障害もなく、自由に好きな演技をず~っと続けられたら、
彼はもちろん、私たちも幸せですね☆




2010.07.28 21:13 | URL | #fyi.zixU [edit]
SAMTA says...""
みょんじゃさん あんみょん♪


そうそう、韓国ジャーナルは私も持ってました(*^^)v
あれ?
なぜ過去形かと申しますと(^^ゞ
当時ミョンたんファンではなくてただ韓国語の学習のために
定期購読していたんですが、ある時、雑誌がかなりたまってしまい、
全部処分してしまったんですよね(^^ゞ
なんということ!
ですので、インタビューは聞いていると思うんですが
覚えていないんです。ハハ^^;

また買えばいいんですけど。
なんか、そのままになってます。v-16


「駅の立ち食いそばのうどんがおいしい」のお話は聞いたことがあります。v-218
ミョンミンさん、奥様が日本で留学されていましたし
旅行で何回かいらっしゃってる見たいですね☆

でも本当にどこの駅の立ち食いソバ屋なんでしょうか?

私的には名古屋駅の新幹線のホームにある
きしめん(?)がすご~く美味しくて感動した思い出があります。
2010.07.28 21:22 | URL | #fyi.zixU [edit]
みょんじゃ says...""
捨てちゃったんですか?もったいないことを!
たった二年半前の雑誌なのに、その後の活躍があまりにもめざましいためか、十年ぐらい経ったみたいです。SAMTAさんも、ご自分がファンでなかったことがあったなんて、信じられないのではないでしょうか?

韓国の人は,日本のソバやうどんが好きな人が多いのでしょうか。昨日、箱根の大湧谷に行ったのですが、ロープウェーの駅の食堂のサンプルの前で、韓国の女の子達が「ソバ、イッソ!」と叫んでいました。
2010.07.28 23:32 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
みょんじゃさん あんみょんです。

本当にたった2年程度なのに10年ぐらい過ぎたような感覚ですね。
私も今の自分が信じられないです。まったく!
⇒ブログをやっていること!
⇒キム・ミョンミンという韓国俳優にはまっていること!

オーソレミ~オv-278


韓国人、そば好きなんですかね?
「ソバ イッソ!」カワイイですね。
関東はうどんよりおそばでしょう?
どこにでもあると思うんですけど^^;
2010.07.31 00:05 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。