항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <30話あらすじ・レビュー>

30.jpg

が付けば視聴率も15.8% 後半に向けていよいよ走り出したかな(^_-)-☆


いよいよもたげるユ・アインの本性...Killバンウォンが近づいてくる

5行要約
チョンチャン君(イ・ドヨプ)に自分がチョク・サガンであることを明らかにしたユンラン(ハン・イェリ)は、自分が守ると言って、チョンチャン君は解毒剤を飲む。李成桂(チョン・ホジン)と鄭道伝(キム・ミョンミン)、鄭夢周(キム・ウィソン)はチョンチャン君を擁立する意向を固め、イ・バンウォン(ユ・アイン)はハ・リュン(チョ・ヒボン)を訪ね無名について知っていることを共有しましょうと提案する。バンウォンの意のままに無名が動き、チョ・ヨン(ユン・ソナ)が無名であることを知ることになる。バンウォンはチョ・ヨンを捕えたところで鄭道伝と鄭夢周の会話を盗み聞くことになる。

レビュー
無名に接近するバンウォンの活躍が目立った。バンウォンが無名を刺激して組織員であるユクサン(アン・ソックァン)と初めて直接向き合うことになった。これは組織の中に疑いを植えつける策略で、最終的に花事団首長であるチョ・ヨンが無名の一員であることを明らかにする。しかし、これは最終的にバンウォンを刺激させる結果を生む。チョ・ヨンを捕えたその場で鄭夢周と鄭道伝の会話を聞いたこと。鄭夢周を絶えず疑ったバンウォンの視線を無名に向けさせたが、バンウォンの最大の関心事は鄭夢周だった。そして師匠鄭道伝に彼をどのように説得するかも何よりも気になったもの。さらに、自分が共に作って行っているこの新しい国の話だったから。しかし、その新しい国で王の存在は、花に過ぎないことを、また、王族になって何もできなくなる自分を知ったバンウォンは絶望する。政治をするという夢を絶対に実現できない世界だということを知ったのだ。

不義を我慢できないという自分の言葉に、ハ・リュンが言った言葉を思い出す。 「何もできない無力感を絶対我慢できない。」ハ・リュンのその言葉は、過去自分があれほど否定していたホン・インバン(チョン・ノミン)の言葉ともつながっている。 「弱くなった自分自身を長く耐えられないであろう。」

爆豆、心の中の虫と、鄭道伝に畳みかけられても、新しい世の中を最も近くで見たかったバンウォンは不義をこらえられない正義の人として過ごした。いや、そうしてこそだった。バンウォンに力は正義を行うためのもので、不義をやっつけるためのものであった。新しい世の中が訪れても、太平の世ではないことを誰よりもよく知っているため、すべての夢を守ってくれる方法で、どのような世の中にも必ず必要な「政治」をしたいと望んだ。しかし、鄭道伝の計画通りなら、力があっても、新しい国を作っても、自分の夢が水の泡になってしまうということを知ったバンウォンは、最終的にホン・インバンの言葉を、ハ・リュンの言葉を認めるようになるのだろうか。正義らしくあろう、鄭道伝の志に従おうと努力していたバンウォンがあるがままの自分の姿を受け入れられるだろうか。予告編で見せてくれたバンウォンの目つきはいよいよ「killバンウォン」の素顔をさらすものと見られる。

鄭夢周をめぐる鄭道伝とバンウォンの対立角が頻繁に現れた。絶えず疑うバンウォンと固くポウンを信じる鄭道伝の話で鄭夢周が最終的に死ぬしかなかった理由を解いていく過程を見せてくれたなら、今回は後日完全対立することになるバンウォンと鄭道伝の開始点と言える。王が変わるとしても、世界は簡単に変わらない。乱世つまり、眩暈がするような世界は続いている。その中で経験する危機は、自分が最終的にどのような人なのか、何に向いているかの試験につながる。ついにバンウォンは選択をしたようだ。

おしゃべりポイント
- 歴史に名を残したいチョ・ヨンギュ(ミン・ソンウク)は歴史だけでなく、リアルタイム検索語に上がります。
- 浸る詩を書くことを夢見る李之蘭(パク・ヘス)!ロマンチックですね。魅力爆発。
- イ・バンジ(ビョン・ヨハン)が妹の夢をかなえてあげるという言葉がなぜこんなにワクワクする!
- チョ・ヨンとチョンニョン和尚(ハン・サンジン)言い争うのは、しばしば会いたいのはそれだけでしょうか?






2 Comments

このみ says...""
このふすまの間から鄭道伝と鄭夢周の会話を盗み聴きした時のバンウォンの衝撃ーーー
本当にブニやムヒョルや民が笑顔で暮らせる政治をしようと思っていたのに、心から慕っている師匠との気持ちのズレーーー
見ていてもショックな気持ちと同化しました。

ここからアイン君がちょっと怖い顔になっていくのですね~
辛いわ・・・
2016.02.10 16:19 | URL | #- [edit]
SAMTA says...""
そうなんですよ~このみさん・・
子供の頃からその片鱗はありましたが・・・
ついにベールを剥ぎ取り!
ぎゃ~!


お楽しみに・・・(笑)
2016.02.12 20:42 | URL | #fyi.zixU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。