항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ キム・ウィソン、キム・ミョンミン朝鮮建国に参加 「一つ約束してくれ」

201601060006871110_1.jpg

のシーンはぐっときましたね。
歴史の事実がわかっているだけに切なくなります。
鄭夢周が洞窟から出て桃花殿で改革を進めるべきだと言った本当の理由は
あの洞窟の壁に貼られた「新朝鮮」の地図を受け入れられないからでしょう。
誰よりも信頼している先輩が自分の考えを理解してくれないことを悲しみ
涙目になるミョン・ドジョン・・・・
泣けます・・・


キム・ウィソンがキム・ミョンミンの手助けを始めた。
5日午後放送されたSBS「六龍が飛ぶ」28回では、鄭道伝(キム・ミョンミン)が鄭夢周(キム・ウィソン)に朝鮮建国を説得する場面が描かれた。
この日鄭道伝は鄭夢周に朝鮮建国に参加することを提案し、鄭夢周は「長年望んだことだ。だが悩む。いくら考えても、これは反逆だ」と述べた。
これに鄭道伝は「でも、なぜ人々に一言も話しないのか」と言い、鄭夢周は 「私が話せば、この国は更生の機会を逃し、私が大事に思う人々が地獄に陥るのだ」と言い「なぜあえて私と一緒にしようと言うのか。私が(建国)を知っていて同調していないのが心配なのか」と言った。
すると鄭道伝は「私はどのようなことがあっても、師兄を説得する。多くの時間がかかって師兄と論議するべきだ」「だが、今は時間がない。数百年かかるかもしれない」と彼を説得し、これに鄭夢周は 「一つだけ約束してくれ。私が、もし自分の心を決して変えなければ朝廷を変えないと約束してくれ」と言った。
続いて鄭夢周は李成桂(チョン・ホジン)を訪ねてきて「三峰を信じていただけだ。改革は、暗闇の中ではなく、光明の中で堂々と行わねばならない。洞窟から出て桃花殿に移せ」と言って朝鮮建国に力を加えた。



☆おまけ☆
今日新聞記事を読んでいたら韓国の元政治家にチョン・モンジュンという方がいて
漢字も「鄭夢準」で、もしかして子孫の方では?とドキっとしました^^;;
この記事に関係ないけど・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。