항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <28話あらすじ・レビュー>

28.jpg

ョン・ヨハン - シン・セギョン、兄妹はいつ笑うことができますか?

5行要約
イ・バンジ(ビョン・ヨハン)と鄭道伝(キム・ミョンミン)はヨンヒャン(チョン・ミソン)を発見し、すぐに追うが見つけることができない。母が生きていると言うイ・バンジにブニ(シン・セギョン)は、母親が拉致されたのではないと言い、過去を回想して苦しむ。一方、土地改革が危機にぶつかり、沈黙していた鄭夢周(キム・ウィソン)は改革のた鄭道伝の志に力を与えてワンヨ(後の恭譲王)を訪ねるが婉曲に断られる。(脱獄した)無名の組織員はチョッカ(パク・フン)に攻撃され、遭遇したブニに疑問の言葉を残すが、すぐチョッカに発見される。ブニは母が言っていた暗号を言って危機から抜け出す。

レビュー
母を見つけたのに笑えないのか!あれだけ探していた母、生死すら知ることができなかった母が生きていること、無名を追えば会うことができると知ったのにバンジ、ブニ兄妹はむしろ力に付すように見えた。鄭道伝の改革を妨害する無名が母を連れて行った組織だったことを知るようになった時も、兄イ・バンジは直接母を見たと言う時もブニは喜ぶことができない。母に会えるということの希望を感じず、むしろ怖いと言うだけ。直接出ていく作戦でも奥に引っ込んでいるブニは、今まで見せてくれた力強いブニ隊長ではなかった。イ・バンジは目の前から姿を消してしまった母を探してみようと努めるが、その痕跡を見つけることができなかった。ブニに母を必ず見つけだすと言うが、母が拉致されたものではなく、自ら去ったのだったという言葉だけ聞く。とめどなく流れるブニの涙、ブニの言葉に力を失い、揺れるバンジの目つきは一緒にいるだけで切なくて不憫だった兄妹をさらに哀れにした。

作戦に直接出ず、力なくていたブニがどこかに向かう。そして、誰もが見逃してしまった無名の組織員と出くわし、彼が残した言葉を聞かされ、すぐに表われたチョッカがブニを殺そうとする。すでに何度も首に刀がつきつけられたからか、あるいは希望という言葉で再び力強い分隊長に戻ってくる力を得るようになったのか、ブニが力を失わない。刀の前にも堂々としたブニの目つきは今は当たり前に感じられるほど。今度は誰が走って来て、ブニを救ってくれるのか待っていた期待をあざ笑うかのようにブニは、自ら危機から抜け出す。母が言っていた無名の暗号を言った。今かなりの武士の剣にも恐れていないブニが、誰も疑うことができないほど堂々とチョッカを相手にするブニの姿はカリスマにあふれた。 「なぜ希望を恐れているのか」という撫恤(ユン・ギュンサン)の言葉に何を考えていたのだろうか。再び戻ってきたブニの大将の目つきがうれしい。意図せず、無名の正体に近づくようになったブニの活躍が楽しみだ。

おしゃべりポイント
- 「人はずっと生まれてきますから。」三十分ぶりに表れた、本人の思想を確実に刻印させたバンウォン(ユ・アイン)がますます怖いね。
- 鄭道伝、鄭夢周の会話は行けば行くほど、あまりにも切なくて。
- ホン・デホン ただそんな白菜マンとして残るということか!


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。