항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <27話あらすじ・レビュー>

27.jpg

ム・ミョンミンには痛い指、ユ・アインには目障りなキム・ウィソン

5行要約
鄭道伝(キム・ミョンミン)は鄭夢周(キム・ウイソン)に今まで計画したすべてのことを話す。鄭夢周は鄭道伝の改革案に感激するが、高麗の枠の中での進行を望みつつ李成桂(チョン・ホジン)を訪ね反逆者にならないでくれと言う。一方、土地改革のための量田に行こうとした官吏が殺害される。無名が殺害したことを確信した鄭道伝は偽情報で罠をしかけ、キル・ソンミ(パク・ヒョックォン)を追って行ったところでイ・バンジ(ビョン・ヨハン)の失踪した母ヨンヒャン(チョン・ミソン)を発見する。

レビュー
無名の書簡を受け鄭道伝の洞窟に来た鄭夢周に鄭道伝は、自分が研究し計画したものをすべて分かち合う。努力して精進して、自ら世の中を完成させなければならないという儒学の教えに従おうという鄭夢周の言葉通りに努力したという言葉と共に。自分が研究したものを得意げに話す鄭道伝、鄭道伝の改革案にときめく心を隠すことができなかった鄭夢周。夜を明かすことも気づかず分かちあった二人の会話は、新しい世界に向かって希望に満ちて見え、鄭夢周は鄭道伝に感激しものすごいことをやりきったと言う。鄭道伝はおそらくその瞬間希望を見たのである。鄭夢周が志を共にすることを期待した。しかし、鄭夢周の一言に挫折する。 「高麗の枠組みの中でせよ。」
夢見る世界は、理想は共に分けることができたが、それを行う枠組みは異なる二人。しかし、鄭道伝は、死ぬまで鄭夢周を説得するつもりである。死ぬまでという、その言葉がなぜかこんなにも悲しく聞こえるのか。

師匠鄭道伝がどのような気持ちだったのか、鄭夢周が彼にどれだけ大きな存在なのかイ・バンウォン(ユ・アイン)には重要ではないようだ。ただ自分たちの秘密を知った鄭夢周が不安で疑わしいだけ。そして量田(田畑を測定する)を行おうとした彼らの殺人事件が起きると、みんな無名の正体を探ろうと移動してもバンウォンは鄭夢周に向けた関心を消さない。

多くの血を流して、王の席に座ったイ・バンウォンであることを歴史の中で、また多くのドラマを介して知っている。しまいには、「killバンウォン」という言葉まで生まれたか。今まで少しずつ見えた目つきはKillバンウォンの姿をほんの少し示してくれたが、ちゃんとした姿を現わしてはいなかった。しかし、今回のポウン(鄭夢周)とバンウォンの単独面談で感じられる緊張感、そして変わったバンウォンの目つきと微細な表情の変化は、鋭すぎてひやりするぐらいKILLバンウォンの姿だった。 「この国、どのくらい持ちますか?」という言葉と共に見せてくれたハ・リュン(チョ・ヒボン)に向けた目つきはかなり成長しているバンウォンの燃える欲望のようでもある。

近づくようだが、そのままである無名という組織の存在、そこで発見したイ・バンジ、ブニ(シン・セギョン)兄妹の母親ヨンヒャンの正体よりも、歴史のまま、予想通り表すイ・バンウォンの動きがより緊張感を吹き込んでいるのは事実である。鋭く対立していたポウンとバンウォンの会話はまもなく描かれる「何如歌」と「丹心歌」をより期待させる。いよいよ現れる本物の爆豆KILLバンウォンの本性が、それによって変わることになるバンウォンと鄭道伝の関係まで。

おしゃべりポイント
- ホン師範様、どこに消えました?ミステリー、ともかく..
- 夫を探すより難しい無名の首長捜索
- 鄭道伝、イ・バンジが一目でわかったヨンヒャンは、なぜ彼らを見て気づかないのですか?
- ユルラン(ハン・イェリ)の強烈な初登場!さっさと退場するまで視線を奪う




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。