항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 「キム・ミョンミンとキム・ウイソンが息詰まる演技熱を披露する。

20160103115748136nchs.jpg

龍「キム・ミョンミン、キム・ウイソン、鄭道伝vs鄭夢周、息をのむ演技熱..期待↑


SBS「六龍が飛ぶ」は、50部作という長い呼吸にもかかわらず、様々な見どころに月火ドラマ1位を疾走している。ここには、名優たちが披露している没入度の高い演技熱も一役買っている。

「六龍が飛ぶ」で俳優たちの演技熱戦を特に際立たせているのはまさに単独面談(1対1)のシーンにある。すでに退場したホン・インバン(チョン・ノミン)とイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)をはじめ、様々な人物が六雄と単独面談して視聴者の手に汗を握らせた。また、NG一度もなく台本21ページ分量を消化したキム・ミョンミン(鄭道伝)とユ・アイン(イ・バンウォン)の単独面談場面も視聴者に深い印象を残した。

緊張感あふれる単独面談場面は今後も続く。今回の主人公は、まさに鄭道伝のキム・ミョンミンと鄭夢周役のキム・ウイソンである。特に過去26回のエンディングで無名の組織が李成桂(チョン・ホジン)の革命派が集まっている新朝鮮の部屋に鄭夢周を送りこむことが明らかになり、さらに気がかりなことを加えている。
「六龍が飛ぶ」の制作陣は来る4日放送される27回を一日控えた3日、劇中鄭道伝と鄭夢周が意味深長な姿で向かい合っている撮影スチールカットを公開して期待感を一層高めた。

写真の中の鄭道伝と鄭夢周は李成桂派が準備する革命のアジト新朝鮮部屋に一緒にいる。暗い洞窟の中に光が細く入って来ている中で、徐々に明らかになった二人の人物の表情には、当惑と重々しさがいっぱい込められている。鄭夢周は信じ難しい表情で鄭道伝を見て、鄭道伝は驚いたような目つきで鄭夢周を見つめている。これを高麗の命運を置いて二人が交わした会話は、果たして何だろうかと注目が集まっている。

二人の会話の内容と同じくらい気がかりなことを刺激することは、まさに二人の俳優の演技熱である。写真だけでも二人の俳優の演技力が光を放っているからだ。

「六龍が飛ぶ」関係者は、「名優たちの演技がしっかり光った」とし「中盤に入った「六龍が飛ぶ」における鄭道伝と鄭夢周の関係は非常に重要である」と明らかにした。この関係者は、「二人の俳優の熱演のおかげで効果的に表現することができた」と伝えた。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。