항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
六龍が飛ぶ あらすじ

昨日何見た? #六龍が飛ぶ <25話あらすじ・レビュー>

25.jpg

ン・ギュンサンが率いてビョン・ヨハンが仕上げた

5行要約
テ・グン(ホ・ジュンソク)を発見したイ・バンジ(ビョン・ヨハン)は衝撃を受けるが騒ぎを起こしてはならないというナム・ウンの言葉を思い出し苦しんで、異常を感じたムヒュル(ユン・ギュンサン)チョ・ヨンギュ(ミン・ソンウク)にバンジと先に戻ることを頼む。一方、ハ・リュン(チョ・ヒボン)と会って会話を交わした鄭道伝(キム・ミョンミン)はチョ・ミンス(チェ・ジョンファン)のたくらみを知ることになる。テ・グンの話を聞いていたムヒュルが先に攻撃するようになり、これによりチョ・ミンスの攻撃計画も実行される。数に押され、武器もない状況で終了し李成桂(チョン・ホジン)一味は勝利し、逃げたテ・グンはヨニ(チョン・ユミ)とバンジの手で死ぬことになる。

レビュー
先週、予告編に登場した血に染まった李之蘭(パク・ヘス)の顔だけで今回の放送で深刻な戦闘が繰り広げられることが予想された。ずっと顔色を窺っていたチョ・ミンスの姿と彼が仕組んだ陰謀、テ・グンの存在を確認したバンジまで。いつ戦いが始まってもおかしくない一触即発の状況だったが、思ったよりその待ち時間は長かった。宴会でやりとりする社交辞令に緊張を壊そうとする努力が見えるようにしたが、すでに固まってしまったバンジの顔はむしろ緊張感を高めていた。始まる気配がないように見えた戦いはハ・リュンと鄭道伝が交わした会話しを通して、最終的に時がきたこと知らせ、ムヒュルによりその開始をもたらす。

イ・バンジの心に気づいて、また彼を守りたかったムヒュルの心は、いざ席を蹴ってしまいたかったバンジよりも先に席を覆しテ・グンを叩きつける。バンジを止めようと始めた攻撃は、不本意にもチョ・ミンスの陰謀がわかるようになり、戦闘につながる。いよいよ繰り広げられるバンジ、ムヒュルそしてヨンギュのアクションは、静的に流れてきた今回の前半を完全に覆した。武器なしで始めた戦いは不安だったが、たちまち手に剣を握っていた。 「イ・バンジが剣を握った!」という恐怖に襲われた言葉は続いて開かれるより派手なアクションのための説明だった。バンジに剣をもらいつながるムヒュルの戦い、守勢に追い込まれたヨンギュのためのムヒュルとバンジの存在。 「生きて出よう」はヨンギュとバンジの言葉と血で染まった顔から吹き出す殺気のこもった笑顔は鳥肌がたつほど素晴らしかった。

敵がそれほど気を使う必要がないと思っていたムヒュルは図体だけ大きい家別抄の兵士のひとりではないことを大きな彼だけのアクションでしっかり見せてくれた。これは、六番目の龍ムヒュルの登場がいよいよ続くかと期待させた。まだムヒュルのその時は来なかったようだ。しかし、両手に刀を握って李成桂がいる桃花殿の中へ突撃するムヒュルの姿は朝鮮第一の剣であり、バンウォンの本当の護衛武士としての誕生の序幕を知らせていた。

適切なタイミングで現れたバンウォンと兵士たちのために桃花殿の血であふれた戦いは終わった。しかし、また、生き残ったテ・グンをバンジが追いかけ、結局テ・グンはヨニの手で死ぬことになる。ボロボロになった体でテ・グンを追っていたバンジの心、子供の頃の辛い過去を最終的に抉り取ったヨニとバンジの涙はあまりにも痛かった。今回の中心の話である桃花殿の戦いは三韓第一剣イ・バンジと、後の朝鮮第一剣ムヒュルが広げた目を離すことができないコンビプレーにヨニとバンジの話までしっかり混ぜ合わせて長い余韻を残す。まるで桃花殿に1時間共にとどまっていた感じである。一つ一つ言及しても惜しくない素晴らしいシーンに感動まで。もう一つの歴代級戦闘シーンの誕生だった言っても過言ではないようだ。

おしゃべりポイント
- 年末特選アクション映画一本見た気分です
- 剣だけやりとりしただけなのにこんなにも感動的だなんて!
- 血まみれになってもバンジ、ヨニの美貌は輝くよね。
- ムヒュルが東方双龍24の術を完成しきったようです。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。