항아리 hangari はんあり

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
육룡이 나르샤 ;六龍が飛び立つ

#六龍が飛ぶ 人物の退場を惜しむ暇なし、相次ぐ名優ラインナップ

140013_151055_2216.jpg

の方々、本当に名優ですね。
もちろんウリペウ含めですけど・・・^^;;
前にも書きましたがアジョシの俳優さんたち
うますぎます!
とくにチェ・ヨン将軍を演じられたチョン・グックァンさん。
チェ・ヨン将軍は実在の人物として登場されましたが他のドラマでも同じ時代であれば
必ず登場されるので、そういう点で差別化するのが大変だったのではと思います。
それにしてもあまりの迫力に口あけて見とれてました(笑)

あなたたちのことはいつまでも忘れません・・・・(泣)

「六龍が飛ぶ」名優ラインナップは終わりがない。

SBS「六龍が飛ぶ」が月火ドラマ1位独走中だ。特にドラマを導いていく六龍はもちろん、分量にかかわらず、自分の役割の200%以上をこなす名優たちの名演技は「六龍が飛ぶ」の最大の見どころに挙げられている。ここで退場した人物をもう一度振り返り、新たに登場する人物もちょっとのぞいみよう。

高麗権力を握って揺るがし民を迫害した都堂3人組イ・インギョム(チェ・ジョンウォン)、ホン・インバン(チョン・ノミン)、キル・テミ(パク・ヒョックォン)が死んだ。しかし、最後までしっかりと光輝いたチェ・ジョンウォン、チョン・ノミン、パク・ヒョックォン三人の俳優の熱演は、視聴者の脳裏に深く刻印された。

イ・インギョム役のチェ・ジョンウォンは「六龍が飛ぶ」初回からドラマに緊張感を吹き込んだ。老練ながら悪辣な政治屋イ・インギョムキャラクターを完璧に生かしたもの。チョン・ノミンの活躍も感嘆させた。裏切り者ホン・インバンを演じてイメージ変身に成功した。特にNG一度もなく撮影した彼の独白は、お茶の間を興奮のるつぼに陥れた。

パク・ヒョックォンは「化粧する武士」のキル・テミを介してシンドロームまで巻き起こした。装飾することを好むが、優れた武芸の実力を持つ武士キル・テミ。空前絶後なキャラクターキル・テミを俳優パク・ヒョックォンは目尻を長く引いたメイクアップ、カラフルな装飾、軽率な行動と愛嬌あふれる話し方などで完成させた。死を迎える直前の血を流して叫んだセリフはずっしりとお茶の間を強打した。

李成桂(チョン・ホジン)の威化島回軍が成功した。結局、最後の決戦で李成桂が勝利を収め、チェ・ヨン(チョン・グックァン)は失脚した。また、キル・テミは死んだがキル・テミの双子のキル・ソンミ(パク・ヒョックォン)の行方もはっきりしない状況である。

俳優チョン・グックァンは嵐のような演技力で視聴者の没入度を高めた。政治屋、強靭な武士、まっすぐな臣下まで。チェ・ヨンすべての面貌を完全に演じきったチョン・グックァンの名演が「六龍が飛ぶ」の威化島回軍の緊張感を倍加させた。そういえばキル・テミは死んだが、キル・ソンミとして再び登場することを予告した俳優パク・ヒョックォンの再活躍もいつになるか注目される。

ハ・リュン(チョ・ヒボン)の登場は、爽快な不意打ちであった。ハ・リュン役を引き受けた俳優チョ・ヒボンの活躍はそれよりもっと大きな反転だった。チョ・ヒボンは特有のとぼけた演技で行商人の姿を表現した。屋根の上で逃げる姿、弱点を掴まれた後、見逃してと哀願する姿が笑いをかもし出した。しかし、「六龍が飛ぶ」22回のエンディングで光らせる目つきで知略家の姿まで見せてくれ、視聴者の期待感を持ち上げた。

他にもイ・セク(キム・ジョンス)、チョ・ジュン(イ・ミョンヘン)、イ・スッポン(チャ・ヨンハク)なども今後の展開「六龍が飛ぶ」で注目しなければならない人物、俳優として挙げられる。


キル・ソンミは24話でしっかり登場しましたね☆



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。